広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 お弁当箱

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お弁当箱 

秋に注文したお弁当箱が届きました。
紫キャベツと弁当箱

以前使っていた髷わっぱの弁当箱は、
毎日洗うのに耐えられなくなり、修理不能に。
湯布院の飲食店のランチで使われていたものを探し、作って頂いた。

お弁当を作る日本人が増えたら、
この国はもっと豊かになる気がするなぁ。
手料理の温かさや愛情や手間を詰めて、
お弁当箱ってそのまま蓋をして持っていけるから。
食べてくれる人の顔が目に浮かぶよね。

シャリシャリと音がするコンビニのビニール袋ではなくて、
さらりと布に包まれたお箸や弁当を開けるとき、
作ってくれた人の顔が目に浮かぶよね。

年月を経て、手に馴染んでくるのがたのしみ。
何を詰めようかしら

■関連サイト:ひろがれ弁当の日・公式サイト(児童が自分でつくる「弁当の日」提唱者・竹下和男さん・香川県高松市)

コメント

ひゃ~綺麗!!
写真のセンスさすが!
このお弁当箱は木?
いい木を使ってるんだろうな~
私もお弁当作りがんばろ~っと!
富士登山、金額もよろしいですか?(^^:)
高山病が怖いな~
でもプロはそこも分かってくれてるしね~
安心です♪
あのお方は凄い!!

素敵なお弁当箱ですね。
使い込むと更に良い風合いがでてきて
樹脂製の製品では真似できない自分だけの
お弁当箱になりそうです。

以前に東急のフリーペーパーで見掛けた
竹製の重箱型お弁当箱・・・限定品だったけど
欲しかったなぁ~と思いだしつつも
木の方がお手入れが簡単かな?
買ってしまおうか?と考えてしまう自分が(笑)
お弁当を作って持って行く事が出来ないから
必要無い事は判っているのにね^^;

開ける楽しみ

** りえ様 **
艶やかな布との相性が素敵でした。手に馴染んでいく木工品、作り手の思いが伝わってくるようです。

高山病は未経験。まささんには、私から問い合わせを。


** Pirosi様 **
今日はこの弁当箱に豊後牛と牛蒡の親子丼を入れて楽しみました。開ける楽しみがあり、ご飯1合をペロッと平らげました。樹脂製品ではなかなか出せない”風合い”。使い込んで愛着ある弁当箱に育てたいな。
pirosiさんの職場ランチは食堂、出前ですか?

私はユーザーに収めた製品のメンテナンスを行う仕事なので
出前は基本的に無く、ユーザーの食堂(学食含む)やコンビニが
多いですね~。
都心部では駐車場を用意している飲食店が少なく有ったとしても
直ぐに埋まるので、基本的にはユーザーに一番近い徒歩で行ける
場所を選択しています。
時々は食事時間を動かして気になっているラーメン屋さん
等に行ったりもしますがね(笑)

今日のランチは志保屋の麺でちゃんぽん

** Pirosi様 **
ユーザーさんと”同じ釜の飯”仲間になれる、ということですね。
コンビニ弁当は、これだけの需要がありながら、もう少し安心して食べられる中身にして欲しい、と思うのは私だけかなぁ。。。
ブログに美味しそうな酒瓶がありましたが…(笑)お酒はお強いので?

今日のランチは産業技術研究所

コンビニ等の弁当や総菜はリスクを承知で食べるしか無いのが現状です。
少しでも時間が惜しい場合はカロリーメイト等の携帯食になるのですが
時間が無いけどお腹が空き過ぎている場合は御飯が食べたくなるので
どうしてもコンビニを選択するしか無い状態ですね。
安心して食べられる中身を作る事は可能なのでしょうが
コスト面で他社と競争するにはリスクが大きいのではないでしょうか?
中国産の食品が騒がれた時期に業界全体が変るのかな?と思い
見ていましたが余り変わらなかったように思います。
現在の収入減少している家庭が多い中で何処まで食の安全に
お金を出す事が出来るかですよね・・・
と、あまり暗い話をしてても~
ブログに出している酒瓶は、ほぼ会社の先輩の同級生が経営している
酒屋さんから購入しています。
行く度に色々と勧めて貰えるのでお財布の紐が緩みっぱなしで
困っています(笑)
普通の酒屋さんとは違いメジャーな商品は置いて無い事が多いですが・・・
お酒は以前より弱くなり人並みより少し弱いかな?
ただ、美味しい物を食べるとお酒が欲しくなるので
通っている鰻屋さんには時々ですが持込みで飲んでいたりします。
・・・と色々と書きましたがコメント欄で会話してても良いのかしら?

鰻とお酒

** Pirosi様 **
経済至上主義から、持続可能な循環型社会への転換期。果たして私たちが生きている間に、そうしたコミュニティーは実現するのかなぁ、と危機感すら覚えます。そういう点では、先日訪れたドイツがよい手本でした。外食で健康的な食材やランチ、朝食が買える、という点で。
食への関心が、完全に二極化されつつありますが、お金を出さねば安全なものが手に入らない。こういうのもおかしい。

行きつけの酒屋さんがあるのですね。
鰻屋さんに持ち込みできるとは、またいい飲み方ですね。鰻には何があうのでしょう?

鰻には何があうのでしょう?とは また難しい問題ですね。
酒屋さんに勧められるがまま飲んでいる状態なので
幅広くは知らない状況なのです(笑)
飲んだ中で鰻の味を邪魔しない好みの味と言う事であれば
日本酒では「牧之」焼酎だと「魔王」かな・・・
私が苦手な匂いやクセが無いのでドンドン飲めるので
非常に危険だったりもしますが。

マリアージュ

** Pirosi様 **
大将が言うのですから、相性もよいのでしょうね。ちょっぴり良いお酒があると、味覚も引き立ちますね。気になる鰻屋。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/954-f49b4d7a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。