広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 自分磨き

自分磨き 

「知を磨き、体を養い、
     自分を磨く人に乱世なし」

 知 (本から学ぶ)
 体 (学んだことを実際に行動して体で覚える)
人は必ず学ぶことで、道を知ることができる、という意味。

いつも健康ではつらつとしていられるように
「体」は、文武両道の身体的能力を養う、とも私は個人的に解釈しています。
矢印がすくっと天に伸びた、さわやかな男女に会うと、
とってもワクワクするよね。
若いって、こういうことだなぁ、と思う。


気分を憂鬱にさせる事があり、本を読んで、
その要因を客観的に分析してみた。
不安というマイナス要素からは、今生一切の輝きは生まれない。
論語を読んでいたら、先達の教えにはよきことが色々と書いてありました。
この世で唯一変えられるのは、自分。

コメント

「知を磨き、体を養い、
     自分を磨く人に乱世なし」

やっぱり
いつの時代も王道は変わらないよね

修業、遊業

** 武道家ウルフ様 **
この言葉。志し高く鍛錬に励まれている黒ちゃんや、東京にいる熱き仲間を思い出しました。黒ちゃん夫婦が”ソウルメイト”であれるのは、黒ちゃんが向上心を忘れずに道を求める姿に対し、あかりちゃんが敬う、尊敬できる、というポイントが大きいと思います。男女が役割を認め合った上で、敬い合える家庭、社会が基本となれば、世の中もっとしっくりいくような気がします。

また一緒に体を動かしたいですね!祖母山にご修業にいらっしゃる時はご一報を。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/870-7b93b481