広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 20歳のときに知っておきたかったこと

20歳のときに知っておきたかったこと  

深夜3時半まで、18歳から28歳の大学生と地域づくり討論。
101017BTG合宿・秋元祥治さんの言葉
△ちゃぶ台の上のiPodがお役立ち。東京と、庄内町の山奥からお互いの議論をUSTREAMで実況中継する計画も。

呼びかけ人の大分医大・中西理さんが11日間の東京自主研修に行ってきた。その報告を兼ね、由布市庄内町の山間部にある邸宅に、地域作り学生団体BTGに所属する大分大学の1年生とAPUアジア太平洋立命館大学3年生の計6人が集まった。
101017BTG合宿・東京報告@中西邸
今夜のメニューは、庄内平野でとれた新米とマイタケの炊き込みご飯。
熱い鴨鍋といっしょにもてなしてくれた。
1年前に出会った時よりも、格段に料理の腕をあげた学生たち(ヨシヨシ)
イッキ呑みはしていません(R20)が、学生気分が味わえて雑魚寝も新鮮(笑)

高校を卒業すると同時に、偏差値の高い若者は大都市に流出し、
雇用の面からその多くは地方に帰ってこない、という現状。
(写真1枚目は、地方で学生のインターン制度を創始した秋元祥治さんの講演より一コマ)

中西さん自身は、東京大学の院生時代から積極的に学生運動に参加。
地域医療を志して、地方の医学部に編入した。
故郷に戻り、東京と地方の格差、役割について疑問を感じた彼を中心にしたメンバーが、
地域づくりと人材育成をテーマに、考え、活動を展開している。
これまでに、参院選での若者の投票率向上に関する呼びかけや、
地産地消をテーマにした屋台での売上資金を元手に
東京で出会った仲間を講師に招いて講演・座談会を開いたり、
地域医療を志す仲間と首長・公立病院長との対談・研修を行ったりと
学生ならではの視点で活動を展開している。

20歳の時に、私もこんな仲間が欲しかった。
志の高い学生たちと考える場は、社会人の私にとっても貴重な機会です。
気付きとかけ算の世界へ。

△今、読み進めている2冊。彼らの取り組みは「20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義」(ティナ・シーリグ)の実践版かな。ハーバード白熱教室で話題になった「これから正義の話をしよう」(マイケル・サンデル著)。脳がビリビリと刺激されます。

コメント

>APUアジア太平洋立命館大学

って大分の学校よね?
今立命のrecruitの仕事してる友達が来年の1月から異動するはず~!
内側の教育もBusinessに蝕まれてる話を色々聞くよ~(笑)APUはまだマシかも~って言ってたけど。

格差、果たして東京に追いつく事が格差を克服する事なのか、っていうのも興味深いよね。
大学が「ビジネス」として展開してる今、
学歴格差とdomestic Center-periphey relationはsocio-economic divisionにdirectly に関係してる深刻な問題かもねぇ、ほんと。
(ま、まず一番てっとり早いのはDevolution= Federalismにpolityを変える事だろうけどw)

若者が担って行って欲しいよ(って言う程老け込んでもないけど笑)。
日本もまだまだ捨てたもんじゃないと言う事を証明して欲しい。
こんなアホな事をいうジジイ達に日本の手綱を持たせときたくないよ↓
http://www.japanprobe.com/2010/10/17/dpj-politician-raise-mens-salaries-keep-women-at-home/
日本の恥。なんでこんなジジイが幅を利かせて日本の代表として世界に恥をさらしてるのか??
若者への期待度も余計上がるっちゅう話!

ちなみに中西理さんって浴衣姿で一度大分でお会いした方?だよね??
今度じっくりお話を伺ってみたいものです♪
Social movements initiated by student...
勉強になります。

タイトルに惹かれてやって来ました!

え?この話したっけ?といった感じで。

東京旅行恒例、東大駒場キャンパス生協書籍部で買った本はまさにその2冊でした(厳密には他にも本は買ったけど)

正義の~は東大での講演があったようでキャンパスに立て看が目立っていました。国立大学に立看文化、学生の活気が垣間見えます。


次回こそはUST中継成功させます!今度この夏に出会った土井直樹くん(土井ちゃん)とか自腹切ってでも大分に呼ぶのでつながってくださいませ☆←一回来たんだけど(汗)もったいない
http://osamuact.blog62.fc2.com/blog-category-4.html


学生運動も、佐和子氏の世代から数年たち、第二世代にうつってきたなと勝手に思っております。

>LeTak さん

もしかしてivoteのときにお会いした方ですか?


横レスですが、僕の考えヲバ

>格差、果たして東京に追いつく事が格差を克服する事なのか

この問いに関して僕は否です(意外でしょうか?)
その土地その土地に果たすべき役割があると思っているので。もちろん、そうでなくて東京に追いつくことが格差の是正だという考えの方もいることも承知しております。


ただ、もし東京(一見、誰の目から見てもキラキラしていて、そのキラキラが求めてもいないのに地方にまでもが情報として流れ、あこがれを抱きやすくなっている場所)と地方の間で若者たちの将来への希望や自信、さらに言うと成長のチャンスなどに格差が生じているとしたらそれは無くすべきで、東京に追いつけもしくは追い越せといった活動は重要であると考えます。


一度お会いしたいですね。むしろ僕の方から行こうかな??(笑)

たけちゃん×おさむっち

** LeTakさん、おさむっち **
甚平姿のおさむっち。そうです、だから君たち二人は夏に紹介したのです。今度の対談はたけちゃんが帰国する12中旬以降だね。
たけちゃんはThanksgivingも休み返上で、宿題がんばって(笑)七面鳥をオーダーしなくっちゃ♪

APUは立命館の分校で湯の町・別府市にあります。お陰で大分県の人口に対する外国人の割合は日本一に。
(コメント、つづく)

>おさむさん

あぁ、やっぱり(笑)あの甚平の!
その節はばたばたしてて、ゆっくりお話も出来ませんで、失礼しました~。

>この問いに関して僕は否です(意外でしょうか?)
>その土地その土地に果たすべき役割がある

いいえ~、頼もしいです!
全くその通りだと思う♪
東京をCriteriaにしているRelativismに問題があると自分も思います。
人は簡単にRelativismに陥りがち。
それがMaterialistic circumstanceになると
Physical recognitionが手伝って「憧れ」へと変化してしまうのでしょう。

>地方の間で若者たちの将来への希望や自信、さらに言うと成長のチャンスなどに格差が生じているとしたらそれは無くすべき

そうですね。希望や自信、うん。
問題は materialistic circumstance vs spiritual circumstance の剥離なのかもしれません。
若者のConsciousness が、ね。

ここで展開したらキリがないのでやめておきますが、
ルー大柴なみの英語まじりでほんと申し訳ない(爆)
最近真剣に日本語の勉強をしなければと深く反省している今日この頃なので、ご勘弁を(笑)
また機会があればお会いしましょう!

>APUは立命館の分校で湯の町・別府市

別府なんやね!
そうそう~。国際学校って聞いてるよ~。
東南アジアとかからも留学が多いって。
友達が異動になったらちょっともぐりで様子を見させてもらおうかなぁと企み中w

>たけちゃんはThanksgivingも休み返上で、宿題がんばって(笑)

ほんと地獄とはまさにこの事ですばい(泣)
「宿題」というと聞こえがいいよね、ほんと(苦)
簡単そうに聞こえるもん(笑)
せめて「宿題」と呼んで気を紛らわそう(笑)

ほんと七面鳥どころじゃありませんぜぃ。
ま、元々自分はAnti-Thanksgiving 派ですから(笑)いや、別にAnti-ではないけど(笑)
感謝をする為に食べきれない大量の食料を用意するなんて、
「もったいない」「少量こそ美徳」とEmbraceしてきた日本人のMaterialismの価値観に反してますからね(笑)
こういう精神の違いからアメリカはhyper-consumerismへと走って今とんでもない事になってる訳だからね。
結構自分って日本人だよね~(笑)
ま、それでもお呼ばれされればのこのこ行くんだけどね(爆)

ルー大柴語訳

** 読者の皆さんのためにルー大柴語を訳しました **

ルーたけし>★大学がビジネス展開しており、学歴格差と、国家の中心・地方との関係は、社会経済に直接的に影響して深刻な問題になっている。手っ取り早くするには政治形態を、地方分権から連邦主義に変えればいい。
学生主導の社会運動だね。

おさむ>若者たちの将来への希望や自信、さらに言うと成長のチャンスなどに格差が生じているとしたらそれは無くすべきで、東京に追いつけもしくは追い越せといった活動は重要である。その土地その土地に果たすべき役割がある

ルーたけし>★東京を基準にしている相対主義に問題があると思います。人は簡単に相対主義に陥りがち。(←同感)。それが物質主義の状況を作り出している。物質主義になると、身体認識が手伝って、「憧れ」へと変化してしまう。

おさむ>地方の間で若者たちの将来への希望や自信、さらに言うと成長のチャンスなどに格差が生じているとしたらそれは無くすべき 。

ルーたけし>★問題は、若者の意識が、物質主義と 精神世界の剥離にあるのかもしれません。


サンクスギビングの話題で。
ルーたけし>★感謝をする為に食べきれない大量の食料を用意するなんて、 「もったいない」「少量こそ美徳」と捉えてきた日本人の唯物主義の価値観に反しています。こういう精神の違いからアメリカは大量消費主義へと走って今とんでもない事になってる訳だからね。


** たけちゃん **
そういえば、サンクスギビングもクリスマスも、日本の正月みたいに、食べきれない量を料理するね。個人的には余り物のターキーでサンドイッチするのが好きだけど。

それにしても岐阜県の中山知事の発言は・・・ムム。この経済の不安定なご時世に、夫の収入が多い少ないは別にしても、働く女性の自立支援は必要かと。子供を持つ以上は、母親として、夫に、家庭に万が一のことがあった場合は育児をしながら働ける環境が整わないと、出生率は上がらないと思います。これは個人的意見ですが。

APUは、多国籍料理が食べれる学食がお薦め。APUに寄った後は、必ず別府・鉄輪の地獄蒸し料理を味わうべし。


** おさむっち **
早大の土井直樹さん、また紹介してくださいね。

訳をありがとう(笑)ウケる~(笑)
ちょっと補足させて下せぃ。

>地方分権から連邦主義に変えればいい

今日本は言わずと知れたフランスに引けを取らない程の中央集権ですので、地方分権ではない、と言う意味で、
地方分権の為にはFederalismが一番Pragmaticであると言う事です。
イギリスの様なCentrifugalなDevolutionもオプションとしてはありかもしれませんが、
おさむさんが言っている様に個人レベルでのindependencyというものはFederalismの方が擁護しやすいのではと思う。
(結局ルーに戻ってる爆)

あとCenter-peripheryというのは、訳してもらってありがたいんだけど、やっぱり「国家中心・地方の関係」という単純な意味ではない(泣)
う~ん。日本語で説明出来ん自分がもどかしい(爆)
Neo-Marxist の言葉なんだけどねぇ...
あ!分かった!
追従関係??
う~ん。いや、やっぱちょっと違う。
...追ってはないからなぁ。
中心が周りを従わせて周りの利益を搾取する、
っていう関係の事を言うんだけど、
一言でなんて言う?(笑)
ま、植民主義と似てるって事よ(笑)
あくまでもPeriphery は「unilateralな影響範囲」という意味。
これは主題の核心に関わる事なので、補足させてもらいました♪

日本語って政治になるとほんと不便(笑)
直訳出来ない物がたくさんありすぎて。
自分が知らんだけという噂もあるけど(爆)
でも例えばIdeologyも日本ではイデオロギーって言われてるんやろ?(他人事~笑)
ま、日本語はその分、季節の情景を事細かに描写する事に長けてるもんね~♪
雨の音とか(しとしと、さめざめ、轟々、さらさら etc..)英語にはまず訳せないからね。
そういう時は「英語って不便~」って思うけどさ。
この繊細な違いが表現出来るのは日本語だけ。
一長一短ですな♪

お、日本の擁護をもう一つ!
>サンクスギビングもクリスマスも日本の正月みたいに、食べきれない量を料理するね

これは違うと思う。
根本の思想から違うと言う事を言いたいんだよねぇ...
日本の正月料理は
「正月は主婦(夫)が料理をしなくて良い様に長持ちする食べ物を保存食として作る」というのがそもそもの発想で、
アメリカのただ単に
「神様に飽食を感謝する為に食べ物をテーブルいっぱいに並べる」と言う発想とは雲泥の差だと思います(笑)
現時点で日本のおせちが「西洋化」していることも否めないけど、
問題点はそこではなく、
「元来の発想の出発点」だと思う。
その出発点が違うから、消費主義が横行している、と言う事です♪

>それにしても岐阜県の中山知事の発言は

出生率の話は横に置いといて(すっごく長くなります笑)

Facebookの方でも日本通のアメリカ人がこれを引き合いに出して「ドンびき」してます(笑)
これが世界に発信されてるって恥ずかしい...
「バカ」というのはこの人の為にあったんだ(笑)って思った。
5,000,000歩譲っても、300人の「女性」の前で話すって、あり得ん場違いさやない?(笑)

こういうバカがおるけん、日本のイメージがけがされるとって!
コイツはいいよ、日本に住んでるんやもん。
でもこっちは外やっちゅうねん!
直接被害を被るのは自分たち(怒)
あ~、だんだん腹が立って来た!(笑)
だいたいこんな事を「文化」とか言うけん、
本当に守らんといかん文化までいっしょくたにされて、ないがしろにされるとって!
高校から勉強し直して欲しい(怒)
女性じゃなくても抗議したくなるよ、これは!

今度はAPUツアーって事で♪(笑)冬も食いまくろう~♪

もう~、やっぱり長くなった(笑)長々とすんません(泣)
やけん、コメは控えようと思ってたのに(笑)
professional Studentですので、スイッチが入るとどうにもこうにも(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/836-94ff0e0a