広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 新着ドイツワインのお披露目会(案内)

新着ドイツワインのお披露目会(案内) 

ソムリエ高橋暢子先生が初夏にドイツの蔵元さんを訪ね、
買い付けてきたワインが9月末、門司港に到着しました。
今月末、毎年恒例となりました、新着ワインのお披露目会を北九州市で企画します。
昼下がりの一時、門司港を臨む閑静な住宅地で、
美味しい秋の食材とマリアージュを堪能しましょう。
スペシャルグラスで、ゼクトの泡を愛でる

日時:2010年10月30(土)または31(日)午後12時半~4時頃
   ※どちらか出席可能な方の人数が多い日に催行。
会場:高橋さんのご自宅・教室「ワインフォーラム・ジャパン」
   〒802-0033福岡県北九州市小倉北区富野台10-5、電話093-533-3104
会費:6000円
内容:白、赤、ロゼ、スパークリング、デザートワインなど10種類。
    炊き込みご飯や魚介類のサラダ、肉の煮込み料理など、
    季節の食材を使ったインターナショナルなお料理との
    マリアージュを楽しんで頂きます。
定員:10人
申し込み・問い合わせ:参加ご希望の方は、10月9日(土)正午までに
    30日と31日、どちらかご都合のよい日をハイジまでメールでお知らせ下さい。
    人数の多い日で決定し、追って皆様にご連絡申し上げます。
造り手の見える美味なワイン



ワインフォーラム
ワインのある楽しい空間(フォーラム)を目指しております。ワインに合うお料理を楽しんで頂くスペースを1994年1月に北九州市小倉でスタートしたのが始まりです。1998年に高橋暢子がワインの勉強の為に訪れたドイツ・モーゼル地方に在住のオックス夫妻が主催するワインエージェントの名前をそのまま頂きました。
 日本では、あまり知られていないドイツワインの味わいのバラエティ、奥深さをより多くの方々に体験して頂きたいと「造り手の顔の見える美味しいワイン」をコンセプトに毎年ドイツ各地の蔵元さんを訪ね歩いています。自らテイスティングをし「これは!」というものを買い付けてご紹介し喜んでいただくのが何よりも楽しみです。
フランスやイタリアのわずか10分の1という生産国ドイツですが、その繊細で心地よい味わいは、北の国ドイツならではの美味しさです。なお、1999年4月に有限会社ワイン・フォーラム・ジャパンとして法人化いたしております。

■ソムリエ、高橋暢子氏
 学生時代に訪ねたヨーロッパの生活文化に興味を持ち、卒業後、ドイツの現地法人の貿易会社に勤務し生活するうちに日常生活を豊かに楽しくしてくれるワイン文化に開眼する。 帰国後、東京・銀座のワインレストランにソムリエとして3年勤務の後、ヨーロッパ各地のワイナリーで研修1988~93年メルシャン株式会社にて世界14カ国からの輸入ワインの販売促進、および普及啓蒙関連の業務に従事する。日本橋三越本店、辻クッキングなどでワインセミナーの講師も務める。1994年よりワインの美味しさ、楽しさ、テーブル文化を体験して頂くための「ワイン教室」を自宅の他、朝日カルチャーセンターなど西日本各地でワインとの出会いをコーディネイト。
毎年、ヨーロッパ各地のワイナリーを訪ね、ワインツアーなども企画する。
 1998年ドイツリースリング協会より日本人として初の啓蒙普及賞を受賞。「美味しいワインは、人を幸せにする」がモットー。
ルビー色の赤ワイン
Photo by Yutaka Yasunaga

コメント

満員御礼

お陰様で定員を超える参加者が集まりましたので、締め切らせて頂きました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/818-5048e4b4