広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 下関、歴史散策と「日和庵」の創作料理

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下関、歴史散策と「日和庵」の創作料理 

関門海峡を越え、山口県下関市を訪ねました。
赤間神宮に伝わる「耳なし芳一」、壇ノ浦の戦いや、宮本武蔵と小次郎が戦った巌流島、長州藩を攘夷から討幕へと向かわせた「下関戦争」の舞台となった関門海峡、幕末の動乱を駆け抜けた志士、高杉晋作、坂本龍馬とお龍が暮らした町。古くから歴史の舞台となった地域です。

唐戸市場のにぎわいを楽しみながら、にぎり鮨とフク汁(ふぐのことを地元ではフクと呼ぶ)を食し、連絡船で門司港に渡ってレトロ建築を見学。城下町・長府では毛利元就に追われた大内義長が自刃したり(大内家滅亡)、高杉晋作が倒幕運動のきっかけとなる旗揚げをした(回天義挙)国宝・功山寺へ。

鎌倉時代に建てられた日本最古の禅寺様式で、左右バランスのとれた唐様建築が美しい。坂本龍馬の盟友、三吉慎蔵のお墓もあり、NHKドラマの放送にあわせたのか8月には碑も建てられていました。境内には心地よい大木があり、秋には紅葉も奇麗とか。この地域が持つ”歴史”の潜在力を、じっくりと感じいることができました。
国宝・功山寺

楽しみにしていたのが、日和山の中腹にある夜景の奇麗な創作フレンチレストラン&バー日和庵(ひよりあん)。料理研究家・堀田貴子さんお薦めの店。スカイバー、貴賓室、パーティーダイニングなど、夜景を見下ろす部屋からなる落ち着いたしつらえ。シェフ自慢の旬の魚や野菜を使った全8品のフルコース(5250円)と、重めの白ワインを注文。前菜は、地元でとれたフグを”ミルフィーユ”仕立て。
夜景もお料理もサービスも、大満足の下関でした。

■和欧風創作料理「日和庵」
住所:〒750-0019山口県下関市丸山町5丁目3-19
電話:083-229-3388
営業:11:30〜14:30 17:30〜22:00、水曜定休
WEB:http://www.hiyorian.com/top.html

コメント

お~!!
ふく食べたい~!!
冬に福岡に帰るのは大半の理由が「ふくを喰らう為」やけん~(笑)
唐戸市場楽しいよね~♪
昔家族で「サクラ」になる代わりにおっちゃんにいっぱいサービスしてもらった思い出がある(笑)

いいなぁ~。あぁぁ...よだれが...

下関のフク

** LeTakさん **
そんなフク好きだったんですか。山暮らしのハイジには、海から揚げたての市場の活気、見るだけで楽しくって。

たかちゃんが教えてくれた日和庵もお薦めで、今度はランチに行きたいなぁ、と。サンフランシスコのジェイミーオリバー的たけちゃんの舌をもうならせるかも?!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/796-a899925d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。