広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 「山男、森ガール」 県体・山岳競技の醍醐味

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「山男、森ガール」 県体・山岳競技の醍醐味 

第63回大分県民体育大会山岳競技に出場した(つづき)
もう一つの醍醐味が、夜のデラックスキャンプ。
市役所のサポート隊メンバーが、テントやキッチンの設営、BBQなどの準備をして下さるために、2時間もかけてこの中津市山国町まで来て下さるのだ。夜のBBQだけでなく、豆腐入りの具だくさんみそ汁、野菜サラダ、肉じゃが、雑炊、フルーツと、通常のキャンプではありえないような元気もりもりメニューで朝を迎えた。

今年は、更に頼もしいメンバーを山岳部に迎えた。
選手1年生の森田稔さんと、森ガールの中島亜紀子さんだ。
森田さんは、チャキチャキの博多っ子で昨年まで元プロボクサーとしてリングの上で闘っていたアスリート。佐川急便で、実に楽しそうに城下町一帯を巡っている。竹田への転勤を機に、「ボクシングの次は山岳人生だ!」、と山岳部の世話人を訪ねて出場を申し出てくれたモチベーション高き九州男児。初登山はこの秋ですね。
20100911山岳競技縦走種目・竹田男子
△11日午後、縦走種目のスタート地点に着く竹田市男子@中津市山国町の釣鐘山

一方、市役所勤務の中島さんは佐賀県出身。このくじゅう連山や祖母・傾山に魅せられて、月1回のペースで登山に通っていたそうだ。こんなに通うなら住んじゃえば?と、山好きの両親とともに竹田市内に家を買って移り住んだ、実力系森ガール。パンも焼くし、観光旅行のガイドも経験していたという、面白い経歴の持ち主。

お二人には「こんな山が素敵な所にきたら、登らないと損でしょ~!!!」と九州アルプスと称するくじゅう連山を大絶賛していただいた。地元にいると”当たり前”になってしまう感覚を呼び戻してくれる。

あぁ、紅葉登山が待ち遠しくてなりません。

ススキの穂が開き始めた久住高原@久住ワイナリーより
△初秋の久住高原。ススキの穂も開き始めました。


大会でお世話になったすべての皆様。
2度も出走チャンスを与えて頂き、本当にありがとうございました。
来年9月。もしも竹田にいることがあれば、優勝旗返還を狙って走りましょうとも!
やる気と体力だけは常備しておきます。
(後編おわり)

コメント

惜しかったですね

ご無沙汰しております。剣道の選手を検索していたらハイジさんが山岳の選手であることに気づきました。昨年は優勝だったのに今年は次点・・・本当に惜しかったですね。こういう試合や競技は「日頃の自分の修練の成果を見ていただく」と私は思っています。勝ち負けよりも参加することに意義ありです。リベンジ頑張ってください。

にんにん。

**武者行列の忍者様**
にんにん。ご無沙汰しております。去年はどんな競技かも分からず、先輩について走るだけでしたが、今年は、覚悟して練習し、自信を持って本番に臨むことができました。毎回一人が新人、といったメンバーなので、どのチームも最終尾選手との力量差が課題のようです。昨年はそれが私、でした。

>こういう試合や競技は「日頃の自分の修練の成果を見ていただく」と私は思っています。勝ち負けよりも参加することに意義ありです。リベンジ頑張ってください。

ありがとうございます。成果というほどの走りができたか、もう一度問うと、限界にまでは追い込んでいなかったかも。来年は別府市での開催です。出場できるならば、日頃のチーム練習もやりたいですね。忍者さんは剣道選手でいらっしゃるの?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/779-be45c247

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。