広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 鶴の恩返し

鶴の恩返し 

「未来は決まっていない。
 未来は自分で作るもの。それが人生!」

100821はいじ結婚式
盟友はいじの結婚式で、祝福のブーケを受け取った。
メッセージカードには、こんな言葉が記してあった。

10年ぶりに再会した花嫁姿のはいじ。
学生時代からの夢をかなえ、たくさんの教え子に囲まれた二人の結婚式。
「二人がご縁を頂いたこと。
 これまでお世話になったすべての人に感謝を伝えたい」。
そんな二人の披露宴のテーマは「鶴の恩返し」だった。

ライスシャワーは、薔薇の花びらではなく折り鶴。
二人で焼いたシュー生地にサラダを盛った前菜。
テーブルのフラワーアレンジメントも鶴。
キャンドルサービスは、好きな色の折り鶴を一人ずつにプレゼントして
地酒の抽選も。
会場のスタッフやプランナー、二人を仲介してくれた友人へ、
そして両親への似顔絵入りの感謝状。
手縫いの”鶴”のかぶり物の衣装を着て登場するかとドギマギさせるVTR予告まで。
まったく・・・(笑)

幸多かりし人は、人に施し、
与えることができるからこそ、
笑いや喜びに溢れた人生を送っている。

人を楽しませたい、という気持ちの旺盛な彼女。
私たちへの熱~い思いがこもっていて、正直、しびれた。
さすがは、ハイジの大先輩の”はいじ”ちゃん。

桜島の火山灰も濃厚だったけれど、
この晩、はいじがプレゼントしてくれた仲間との二次会や花火大会も濃密だった。
20100821鹿児島港サマーナイト花火
たくさんの愛と幸せをありがとう、はいじ

コメント

すばらしい結婚式

本当に素敵な結婚式ですね。
いい結婚式は素敵なカップルだから感銘するんですよね。きっとすばらしいカップルなんですね。

結婚式ネタあれこれ

** 頼子様 **
魅力的な彼女。生き生きした仲間に囲まれた二人の、ファンになってしまいました。
結婚式は誰もが初めての事なので、プランナーの世話・指示通りで終わることが多いですが。彼女のように、会場に”逆提案”できる発想やネタを持っているって、さすが。面白かったです。
料理や配膳スタッフのことを考えると、やはりプロの式場の世話になるのが楽ですが、2年前の神原・よいやな祝言@健男霜凝日子神社も忘れられぬ結婚式の一つ。
来年は、ニック&マリちゃんの結婚式に、アラスカ州ホーマーに久々に帰る予定です。

頼子さんはどんな結婚式を挙げられたの?今度写真を見せて下さい!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/744-3b0eeb4a