広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 ありんこの日常

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありんこの日常 

絨毯の気になる黒ずみを鑑賞したり、ソファーの隣で寝転んでみたり、重なってみたり。
20100809副市長室のありんこ

「ちょっとハイジくーん!」
と廊下の向こうから呼ばれて入った副市長室。
かぶと虫君かと思いきや、大粒のありんこが二匹。

 性質:夜行性
 材質:鉄錆に似せたプラスチック製
 エサ:副市長の鼻歌
 製作者:大学生
 兄弟:百匹余り

美術館に納まりきれない「意外性」こそ、日常の現代アート。


午後、とびきりチャーミングな女性と話をした。お二方とも72歳。
祖母と同じ誕生日のY様。お煎茶のお道具を拝見する約束を。
ある貴婦人に届けたスペイン土産が小さかったから、と
清楚な水色のブラウスをプレゼントして下さったN様。
お二人の共通項は、エレガントで、活動的で、好奇心旺盛なところ。

戦後復興から65年。家電製品が家事をこなしてくれる時代になり、
女性が職を求めて働くことが普通になり、
彼女たちが苦労された時代からは大きく異なるけれど。
 お仕事だけでなく、結婚も子育ても、お欲張りなさい。
と妙齢の私にかけて下さるお言葉もまた、ありがたく頂戴いたしたし。
お二人の年齢の半分にも満たない、ありんこのようなハイジ。
雲のような「憧れ」を追いながら、土壌豊かに耕したい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/734-a2a7cc75

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。