広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 ホタルの光

ホタルの光 

2010蛍@白山川渓谷/大野町
photo by Kenich Ito

豊後大野市の四季の話題を紹介する人気ブログ「ひょうたんくんの豊肥沿線11物語」の”必撮宣隊!カメレンジャー”ことKenさんが、”ホタルの乱舞”を送ってくれた。
写真(上)は、ホタルの名所、豊後大野市三重町の白山川渓谷。見頃は今週末から来週(6月6日撮影)。(下)は、豊後大野市大野町の町中

久しぶりに友人Rちゃんが泊まりに来てくれた。
竹田に赴任した1年目、よくウォーキングに出かけ、ホタルの光を追った仲。
仕事のこと、旅のこと、稽古のこと、恋愛のこと、アウトドアのこと…。
ご飯を作りながら、たっぷり時間をかけて報告し、議論した。

どれも、がんばった分だけ、
絶対に成功させたいし、実らせたい。
という人間らしい執着心が、当然のごとく沸き起こってくるのだけれど
「なるようになれっ!」と放り出すわけでもない。
「自分が全力でやれるだけのことをやって、あとは天命にまかせる
という覚悟でのぞむ。
腹を決めて、没頭すると、心境も事態も刻々と変化していくから面白い。
結構シュールな運命を受け入れつつも、
たんたんと、日々を楽しんで生きている。
そんな成長ぶりが嬉しかった。

ヒマラヤのバスソルトを入れて、ゆっくり入浴する。
目覚めの散歩の後、津高さんが焼いてくれたパンをいただき、送り出した。

コメント

凄い幻想的な光!良いですね~♪
「混種末」(笑)
一瞬ホタルが混種なのかと思ってしまった(笑)

日刊蛍新聞

** LeTakさん **
毎日、イトケンさんから素敵な蛍写真を頂き、暗闇で浮かび上がる灯りに癒やされております。暗闇の撮影は難しいもんね…と怠惰なハイジ(苦笑)今週中に三脚をたてて、挑戦していようかな。
蛍も竹田生活の日常となってしまい、珍しくなくなってしまいました。

さて「川下り」。7月あたまあたりは如何でしょう。サンフランシスコから頼子様も帰国されますし、Wドライブできたら楽しいかな、と考えております。もちろん家族も、LeTak節を楽しみにしております♪また連絡致しますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/675-6a2b0ef4