広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 鳩山首相、退任の日に

鳩山首相、退任の日に 

3000グラムに満たない、姪の麻依を抱き、
小さな、まだほやほやの、命のぬくもりに

愛が満たされました。

私たちの、可愛い子ども達が大人になった日も、
憧れや夢を抱いて生きていけるように。
ちゃんとした日本にして、手渡さないといけないなぁ、と思う。

誇りと情熱を持って仕事をし、人様のお役に立ち、
愛情を持って家族を守り、夫を支え、子どもを育て
生きることの喜びや、この世界の美しさ、愛することの尊さ、
知ること、学び続けることの楽しさを示せるような格好いい大人に、
私自身がなりたいと思う。
いや、そんな、たいそうな人間にはならなくても、
楽しい世の中をつくる、楽しい大人の一人になれたらと願う。

民主党が政権政党となって8か月。
今日、鳩山内閣総理大臣が退任表明をした両院議員総会の会場で
友人Mは、こんなことを感じておりました。
いつだったかある勉強会で
「日本がどんなに混迷を極めようとも、僕は日本から逃げない」と
言い放ったMの言葉を思い出しています。
まだまだですが、私も、成長したい。

コメント

みならわねば

Mさんの言葉、すごいですね。


ものすごくドキッとしました。

日本→大分と読み替えるとまさに自分の状況に当てはまる。



そう思えるように、自分も成長したい

「学問のすすめ」

** おさむっち **
いつも熱いところに響いてくれるおさむっち。毎日がんばっとるね。医師免許の責任、ドットジェイビーでの経験と気付き、ブログを読んで、深く頷けるところ、そして呟き、多々賛同いたしました。

明治時代のベストセラー「学問のすすめ」に、日本が諸外国に侮られないような国となるためには一般市民が賢くなるべきだ、とあります。
「世界の土地は広く人間の交際は繁多にして」「雑沓(ざっとう)混乱の最中に居て、よく東西の事物を比較し、信ずべきを信じ、疑うべきを疑い、取るべきを取り、捨つべきを捨て」と、様々な情報が入り乱れる時代にあって、その中から正しいものを選んで、自分自身の確固たる意見を持つべきだ。学問をすることによって世の中のいい加減な話に惑わされない確かな知識を得て、自己を確立してほしい、と。

おさむっちに、Mに負けないよう、私も自分の道でがんばります。こんな私を刺激してくれる内藤佐和子様との出会い、楽しみにしています!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/666-43f9d431