広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 サラリーマン川柳

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラリーマン川柳 

「仕分け人 妻に比べりゃ まだ甘い」(北の揺人)

行政刷新会議が行っている社団法人や財団法人を対象にした事業仕分け第二弾が行われていますね。第一生命保険が20日に発表した『第23回サラリーマン川柳コンクール』で3191票を獲得した大賞作品は、“事業仕分け”をテーマに、サラリーマンならではの家庭での悲哀をユーモアたっぷりに綴った作品でした。会社や家族でサラリーマンが感じる“とほほ”とパンチの効いた作品に、今年も笑わせて頂きました。

(以下mixiニュースより)
今年は、応募総数2万9215句の中から、見事1位に選ばれた。2月に同社公式サイトで入選作100句が公表され、その後、一般投票を開催。大賞作品の他にも、昨今の不況の煽りを反映した「「先を読め!」言った先輩 リストラに」(山悦)など、今回のベスト10も秀作が出揃う結果となった。

第23回 サラリーマン川柳
大賞作品を筆頭に、大半を占める題材はやはり家族にあり。
3位「ただいまは 犬に言うなよ オレに言え」 (さらば地球)
4位「「離さない!」10年経つと 話さない」(倦怠夫婦)
5位「すぐ家出 諭吉はわが家の 問題児」(甘下り)
妻や家計に対してここぞとばかりに“反撃”を試みるサラリーマンが多数。一家の大黒柱としての威厳はさておき、夫としてまたは父としての哀愁漂う姿が垣間見えた。

================================
先日、会社関係の方々と行ったカラオケで、日本語がとっても綺麗な昭和初期の懐メロに、グッときてしまいました。幼き頃見たNHK「紅白歌合戦」では、吉幾三の良さは、分からんかった。映画「男はつらいよ」の寅さんがもつ哀愁や悲哀や大人の渋味たるものが、なんとなぁ・・・く感じられるようになったこの頃です(笑)


■参考リンク
歴代1位作品

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/658-b8d16863

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。