広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 闘うあなたに.弁当の日

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘うあなたに.弁当の日 

続・ニッパチ生まれ(昭和28年)の伯父へ。
偶然にも、同じ竹田で赴任することになった2年間。
栄転が決まり、本日、竹田での仕事納めなり。

私が生まれた頃から、たくさんの愛情を注いでくれた感謝を
ちょっとだけ詰めた、弁当の日
弁当の日、お世話になった伯父への栄転弁当
紫黒米に蕗味噌、お煮付け、味噌玉、野菜と豆料理と、
どれも顔の見える農水産物ばかり。
ありがとうと墨字で添えた、栄転弁当の熨斗。
春色の布でさらりと包んで、持っていった。

弁当を届けられる この距離が、
恋しくなり候。


■弁当の日とは
 2001年、香川県の綾川町立滝宮小の校長だった竹下和男さんが提唱。献立、買い出しから子ども自身がやるのが原則。子どもが“本腰”で台所に立つ機会をつくることで、食材や料理の作り手に子どもの思いが至るようになり、家族の会話が増える、「暮らし力」「自立心」が身につく取り組みとして注目を集めている。
西日本新聞の連載などにより、九州で実践校が急増。昨年1月からは、共同通信社とJAグループがつくる「食と農の研究ネット」などが、東京都や札幌市など全国8カ所でシンポジウムを開催。反響は全国規模に。イベント情報などは「弁当の日」ホームページ=http://www.bentounohi.com/

香川県には、ふくおか食育軍団のメンバーらと竹下元校長を視察にも訪れた。以来、竹田市でも、食育ネットの堀田貴子さんや幾つかの小学校などを中心に取り組んでいる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/622-d4395a94

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。