広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 3/22モンテヴェルディ「聖母マリアの祈り」日田公演

3/22モンテヴェルディ「聖母マリアの祈り」日田公演 

3連休も明日が最終。NHKラジオ「あさのバロック」のアナウンサーで知られる日野直子さん=NPO法人豊後ルネサンス代表=が主催するコンサート、「聖母マリアの夕べの祈り VESPRO」がいよいよ3月22日(月・祝日)午後2時から、大分県日田市の日田パトリアで開かれます。全席指定4000円。

西洋音楽発祥の地、大分の人たちに、キリシタン大名大友宗麟が聴いた中世ルネサンス時代の音楽を聴いて欲しいと、東京からUターンし、数々の音楽祭を手がけてきた日野さん。東京でこの演奏会を聴いたとき、「感動は聖歌なのに、パワフルでダイナミックな合唱に圧倒された感激が忘れられず、大分公演を是非実現しようと、迷うことなく決めた」と話しています。おおいた豊後ルネサンス・日野直子理事長@OABニュース100322

私もこれまでの音楽祭を通し、古楽だけでなく、日野さんのファンになった一人です。

今年2010年は、この楽曲が発表されて丁度400年目の節目に。しかも天正の少年使節の一人、伊東マンショらは、モンテヴェルディの故郷クレモナを訪ねたこともあるのだとか。
明日は、東京などから楽団、合唱を招き、総勢70人が中世の舞台を再現します。
半年前から、毎日のようにCDを聴きこんでいますが、いらっしゃる価値アリ!
是非とも会場でお目にかかりましょう。


何故、「聖母マリアの夕べの祈り」なのか?(豊後ルネサンスブログより)

■演奏曲目
クラウディオ・モンテヴェルディ  Claudio Monteverdi (1567–1643)
聖母マリアの夕べの祈り(1610年版) Vespro della Beata Vergine (1610)

■出演者
花井尚美、弥勒忠史(ソプラノ)
七条信明、青地英幸、川島尚幸(テノール)
小笠原美敬、小田川哲也(バス)

■音楽監督・指揮:濱田芳通 HAMADA Yoshimichi
プロフィール:桐朋学園大学古楽器科卒業後、スイス政府給費留学生としてバーゼル・スコラ・カントールムに留学。リコーダーを花岡和生、コルネットをブルース・ディッキー、中世音楽理論及びアンサンブルをクロフォード・ヤング、ドミニク・ヴェラールの各氏に師事。コンチェルト・パラティーノ、アンサンブル《ラ・フェニーチェ》、ルネ・ヤーコプス、エンリコ・ガッティ等と共演。また、アニメ「耳をすませば」の音楽、大河ドラマ「信長」「秀吉」への出演など知られざるバロック以前の音楽や楽器を広めるべく幅広く活動を行なっている。合唱団《ラ・ヴォーチェ・オルフィカ》指揮者。古楽アンサンブル「アントネッロ」主宰。

■器楽奏者:アントネッロ
 合唱:ラ・ボーチェ・オルフィカ、クラウディオ・モンテヴェルディ、大分県立日田高等学校合唱部

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/611-eaa299dc