広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 白い恋人 ホワイトデーの創作ケーキ

白い恋人 ホワイトデーの創作ケーキ 

料理研究家の堀田貴子さんが、ホワイトデーの創作ケーキをプレゼントしてくれました。
ラジオ番組で紹介した、甘酒を砂糖代わりに使ったマクロビスイーツです。
甘酒を使ったホワイトデーのケーキ3品.jpg

△ホワイトチョコとクコの実がハートに見える?(左下)…牛乳で煮た里芋をペースト状にし、
 甘酒、粉寒天、卵白、おから、米粉を混ぜて焼いたもの
ホワイトチョコのブラウニー(左上)…小麦粉、卵白、おから、クランベリー
キンカンのクリームチーズケーキ(右)


糀屋本店のこうじを使い、まずは”甘酒”の素を作ります。甘酒の素は、ジャムとしても使え、冷凍できるので便利。
砂糖を使わない甘味は、優しい母の味。白くやわらかなチーズケーキにのっかったキンカンは、たかちゃんのほっぺたみたいでVERY可愛い~ 里芋のしっとりとしたケーキが新食感でした。

コメント

こうした手作りのものっていいですね。

売ってるやつは商売人にだまされすぎだ。

手作りの時間

** tanosuke様 **
食に限らず、家具の修繕や、木工、裁縫、身の回りの色んな物に共通すると思います。ほんの一つ手を加えるだけで、使い続け、より手に、心に馴染むものになっていきますよね。暮らしを豊かにする、手作りの時間、っていいものです。と同時に、最低限の加工技術も身に付けたいもの。

売っているものもピンきりで。先月私はチョコレート菓子を作りましたが、やっぱり一流のパテシエが作ったチョコには技術的に適いません。しかし食材の背景や作り手の思いを理解できたとき、上手に”心”を添えて贈ることができるんじゃないかな、と思っています。tanosukeさんはどんな贈り物をしたのかしら。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/606-a6ff7bee