広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 雪国・赤川温泉へ

雪国・赤川温泉へ 

九州の雪国、竹田市久住町の秘湯・赤川温泉へ。
心弾ませ、ざっくざっくと雪をふみしめて、寒波の景色を先撮りに。
この辺りは、氷柱が冬の風物詩になっているんです。

受付の司城さん 「お腹減ったでしょ。焼き芋食べよ」
オーナーの池田さん 「まぁ、ちょっとぬくもっていきよ」ということで・・・。
銀世界の滝を見ながら、白い硫黄泉につかって湯~ったり。
久住・赤川温泉の名湯
ほっとほっと。お肌つるつるでありんす

九州にいながら本格的な雪景色と温泉が満喫できます。
正月気分を先に味わってしまったような、贅沢な時間でした。
温泉は、もちろん源泉掛け流し100%です。

積雪は10センチほど。4駆に乗り換えて初めての雪道走行でした。
昨年はスタッドタイヤ装備でつるんと滑りました(汗)ので、氷柱見学、温泉に行かれる方は、スノータイヤをお忘れなく。


■源泉かけ流しとは?
源泉から自然に湧出、汲み上げた湯が滞ることなく湯船を満たし、あふれた湯が排水口へ流れ出ている風呂。浴槽の湯を循環させないため、塩素臭もありません。温泉を選ぶ時は、要チェック。
参考:正しい温泉は「源泉かけ流し」 (日経、温泉ジャーナリスト野口悦男)

■赤川温泉赤川荘(久住山・赤川登山口にある旅館)
住所:〒878-0201 大分県竹田市久住町久住4008-1
電話:0974-76-0081
FAX: 0974-76-0091
メール:info@akagawaonsen.com
HP:http://www.akagawaonsen.com/
アクセス:ハイジの家から車で25分。
   大分自動車道・日田ICから国道212号線・442号線経由で80分。
食事:自社農園でつくる自然農の野菜や玄米などを体に優しい農産物を使っています。
料金:1泊2食7875円~、日帰り入浴500円。
紹介:約800年前に巻狩り中の兵士が発見したと伝わる温泉で、白濁した硫黄泉が肌に良し。久住山の赤川登山口にあり、阿蘇山など、雄大な山々に囲まれた温泉地。春のミヤマキリシマや紅葉の時期は、多くの観光客で賑わいます。オーナーこだわりの原材料で、自社製の焼酎や温泉の成分を使った石鹸なども商品化しています。

コメント

冬本番

コートのフードにファーをつけ
フリースのソックスを履き
登山靴の紐を結んで
手袋をはめ
準備完了雪遊び。

今夜も家の中、冷えてます。
こんな夜には森の豆スープ。

Gracias Cristy!

お久しぶりです。
先日はいろいろお世話になりました。

クリスティーナ情報です
連絡が遅くなり申し訳ありません。

山口県下関で浜松の男の子達2人と出会い
出雲大社から鳥取砂丘を経てこちらに連れてきてもらったクリスティーナは
先週の金曜夜に大津のSAで石川さんと再会しました。
私達は石川さんから連絡をいただき
石川さんの滋賀県にある別荘でクリスティーナと再会し
土曜日のシシ鍋パーティーに合流
日曜日にはみんなで琵琶湖畔を散策し楽しいひとときを過ごさせてもらいました。
今週はずっと石川邸にお世話になりながら
石川さんとともに久住で知り合った鈴木先生のお宅に出向き大津絵を堪能し三井寺へ行ったり
石川さんのお友達の若者と一緒に草津にショッピングに出かけたり
比叡山や大阪城にも連れて行ったもらったようです。
昨日の夜は大阪の石川邸で、たこ焼きパーティーで盛り上がったあと、
私達がクリスティーナを迎えに行き
本日無事に、関西国際空港から北京を経て香港に旅立ちました。

空港で豊後大分の一宮さんはじめ、あちこちに電話していたクリスティーナ
あちこちに多くのお友達が出来たようで
3ヶ月香港で働いた後、お気に入りの九州に来春再び戻ってくるそうです。

底抜けに明るく屈託のない笑顔でみんなに愛されたクリスティーナ
彼女のお陰で石川さんと出会い、こちらのサイトも知ることが出来ました。
類は友を呼ぶというか、友達の輪の広がりを感じるとともに
貴重な体験をし、日本と日本人の良さをを再発見した2ヶ月でした。
ありがとう、クリスティーナ、元気でね




ほんっとうに素敵なところをふるさとにお持ちですよね。東北、北海道も良いけれど、南にも日本の良さをこうして体感できる場所がたくさんあるのですねぇ。

Heidiさんの日記を読んでると美味しいものや素晴らしい景色、暖かい人々に釣られ、「いつか竹田に行ってみたい!」という夢がどんどん膨らみます。子供達が大きくなったら家族で行けるかな・・・。

七面鳥焼いてまーす

** ヤマグチ様 **
クリスティーナ情報更新、ありがとう(笑)一昨日電話で話し、香港に着いたとメールが届きました。
特にジェラート屋のある緒方町の人たちは、言葉が通じない分、彼女をほおっておけなかったみたいで。仕事を休んで県外まで送迎したりと、至れり尽くせりだったようです。旅人冥利に尽きますね。

** フェアバンクスの親分様 **
そうですね。豊かな心の故郷です。町を歩くと、知や雅や歴史や文化、何か志を高くもちあげてくれるものがあります。心静まる高原や原生林、棚田や古い農村の風景も。特に外国人の方には喜ばれます。
アラスカHomerでバンドをやっていた時、リーダーの提案で歌うことになったのが竹田市ゆかりの作曲家・滝廉太郎の「荒城の月」でした。何か御縁があったんだな、と不思議に思います。
今日は、親分さんのサンクスギビングの七面鳥レシピを参考にしながら、オーブンに入れる準備をしております。wish me luck:D

あ~、あと一週間で九州だ~♪♪
温泉風景を見ると今すぐにでも帰りたくなるよ~。

...ふっと思ったけど、かけ流しじゃない温泉ってやっぱり九州にもあるのかな?(ナイーヴと言わないで笑)
ってか、その旅館屋さん、1泊安くない??(笑)

また来週到着したら連絡しますね~♪♪

源泉掛け流し

** サンフランシスコのLeTakさん **
おうっ!お待ちしておりますよ♪
赤川荘は、登山客も泊まる所なんよ。30分ほど渓谷散策も、すごく綺麗です。クマのプーさんが渡りそうな橋とかあって面白い。

源泉掛け流しじゃないところ、っていっぱいあるよ!スーパー銭湯みたいな塩素臭のある所。うちのパパりんは、サウナ付のあぁいうケミカルなサウナ付のお風呂が好きでありんす(苦笑)

そっかそっか、ナイーヴなんや。いっぱい温泉の素、お土産に。でもバスクリンはあかんで。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/538-4b2f7d7c