広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 長湯温泉、代替医療の発信基地へ。12/27癒やしフェア開催

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長湯温泉、代替医療の発信基地へ。12/27癒やしフェア開催 

カニサボテンが花をつけました。よく出かけ、よく学び、よく遊んだ、実に濃厚な11月でした。駅前には門松、夜はイルミネーションが点灯。たくさんのお客様が訪ねて下さったので、年末のお掃除大作戦、開始であります。

竹田市飛田川のヒーリングスクール・エンジェルファームの自然療法家・香山佳子さんら長湯温泉組合の方々が、12月27日、第1回長湯温泉“癒しフェア”を開きます。

フェアは、日本一の炭酸温泉、食、自然療法などのワークショップを通して、一年の垢を落としワクワクして新年を迎えてもらおうと、メークやネイル、ピラティス講師ら12人が協力して初めて企画。健康、美容、感動、発見、出会い、交流、そして“食の癒し”をテーマに、終日、キレイになる様々な講座が体験できます。

日時:2009年12月27日午前10時~午後5時
場所:竹田市直入町の長湯温泉 万象の湯 リラクゼーションホール「ルカス」
入場料:前売800円/当日1000円(ご同伴の中学生以下は無料)
※ご入浴優待券付(ラムネ温泉やレゾネイトなど、通常500円の宿の立ち寄り湯が100円にて入浴できてお得)
お問合せ:株式会社エンジェルファーム TEL0974-63-9515
WEB:http://angelfarm.jp/iyasi_fair/home/home.html

スキンケアやカラーセラピ、メイクセラピーなど12講座が各ブースで受講可能。お薦めは、この日限定のランチ。天風庵では、マクロビにも詳しいナカムロシェフが限定30食2000円で、無農薬の野菜をふんだんに使った洋風ランチを開発。名物のエノハの唐揚げが、この日はエノハのソテーに変わります(笑)老舗・丸長旅館もこの日だけの特別メニューを振る舞います。

さて。

エンジェルファームは、この秋、長湯温泉の高級旅館・翡翠之庄内にもヒーリングルームを開設しました。芹川ダムを望む絶景…扉を開けるだけで深呼吸できる素敵な場所にあります。
Angelfarm @ 翡翠之庄
仕事が終わった後、私もヘッドマッサージをして頂きました。施術者は、新潟県出身の元介護福祉士教員・遠間智子さん。セラピストになるためにはるばる竹田にIターンされたお肌のきれいな女性です。

気持ちよくて

 ふ ぇ・・・・(半ば熟睡)

癒やされました。エステで使う素材は、世界中のフレンドファームから取り寄せた自然素材ばかり。体調に合わせて入れて下さる地元の薬草使ったハーブティーも美味しいのです。彼女たちが天然石や自家製のお茶、炭酸泉の泥パックやオイルを扱う様子は、癒やしの調合を考えている森の魔女のようです。素敵 薬のような長湯温泉で湯治した後に、瞑想気分でうっとりセラピー。書くまでもないことですが、これだけ質の高い接客ができるサロンは、(大手と比較して)今のところありません。ちなみに60分7000円、90分10000円から。

癒やしフェアを機に、長湯温泉を代替医療の情報発信基地にしていく構想があります。ドイツの姉妹都市バートクロツィンゲン市では医学レベルで温泉療養の研究が進んでいますが、長湯温泉にも近い将来アンドルーワイル博士が来てくれるかも。そんな期待を込めての第一歩。都会でとれない疲れを、是非癒やしにおいで下さい。大自然と炭酸温泉と可愛い魔女達がお迎え致します。




追記:エンジェルファーム 自然療法家の香山佳子さんより、「WHO の健康の定義」について興味深いメールを頂きましたので抜粋転載させて頂きます。(12月5日)

 満月期もそろそろ終わりに近づき、静寂さに委ね次へと向かう内的準備期間に相応しい時期に入りましたが、いかがお過ごしでしょうか?
少し堅い話になりますがエンジェルファームが、「癒しフェア」を一つの切り口として、統合医療を目指すことに勇気をもたらすWHO 健康の定義の改定の議論があります。WHO(世界保健機関)では、10 年以上前より、「WHO の健康の定義」の改訂について議論されています。現行の定義は、『健康とは、肉体的、精神的、社会的に完全に満足のいく状態のことであり、単に病気や虚弱な状態ではないことを意味するものではない。』

 改定案の定義は、
『健康とは、肉体的、精神的、霊的、社会的に完全に満足にいく活力に満ちた状態のことであり、単に病気や虚弱な状態でないことを意味するものではない。』
つまり、現行の定義では、肉体と精神が健全であることが大切だと述べられているのです。ですが、改定案では、さらに、スピリット(霊性)の健全性の大切さが加えられているのです。

 このことは、人間が肉体と精神だけからなるのではなく、肉体、精神とスピリットから構成されているのだということを示すものだと私は理解しています。物質面での豊かさにしがみつく時代から霊性の成熟が問われる素晴らしい時代にようやく突入したことを私は心よりうれしく思います。

 ただ、スピリットは通常肉眼では見えない世界なので扱うのに危険性を伴うのが現状です。
スピリットに関して勉強不足???いやはっきり言ってしまえば全く無知な人々が、何かが見えるとか、メッセージを受け取っていると断言し人々に勘違いの神秘性?をおおげさにアプローチすることで、自分のエゴを満たしている霊性の低い人がほとんどなのも事実です。これは私の経験と洞察から断言します。。自分の幻想や勘違いで人々を惑わすことを霊罪といいます。法律では裁かれなくても霊的には罪です。

エンジェルファームでは癒しフェアの出展者に、このポイントを見逃さないように注意し出展者、来場者全員が楽しく豊かに学び癒されるスペースづくりに健全に活用して参りたいと願っております。

コメント

妙な縁ですね

Heidiブログでまさかワイル博士の名前が出てくるとは・・・

実はボク、鹿児島の看護師の団体と一緒に統合医療を促進啓蒙していく活動にも参加しています。ボクは主に医学教育に関する提案の担当ですが、命そのもののあり方を考える面でもいくつか提言させていただき、会の陳情書に意見を載せさせてもらっています。

これまで鹿児島に何の縁のゆかりも無かった自分が、春休みの実習以降妙な巡り会わせでどんどん縁が広がっています。矢山クリニックもそうだし。。。


世の中不思議なことも起こるもんですね

自然治癒力を引き出す統合医療。アンドルー・ワイル博士

** おさむっち **
命をテーマに活動している私たちの出会いは必然でしょう。たまたま食の視点から命を捉えているだけのこと。東京のスローフードすぎなみ(佐々木ご夫妻)の活動も、Andrew Weil博士の統合医療の勉強会が発展したものです。
私は19歳の時にワイル博士の本に出会って以来、統合医療については細々と勉強を続けています。願わくば一度博士にお会いしたし!と思っていたら小国町のTAO塾にも博士が訪れたそうです。今度、遊びに行きましょう。堀田さんと私が出会ったパーマカルチャーの素敵な農場があります。

ん?

エノハとはなんぞや??
と、チェックしてみたらヤマメ??

温泉でまったりとして、エステもヘッドマッサージも、、そしてナカムロシェフのおいしいメニューも今の私にはとろけてしまいそうなうらやましいお話。。。

長野の実家のほうにも、医療と温泉がドッキングしている地域があるのですが、そういう専門的な施設がもっと増えて気軽に人々が利用できていくと良いと思うわ!

エノハ、アマゴ、ヤマメちゃん

** 家具職人meena様 **
ヤマメとエノハとアマゴちゃん。宮崎県北部から大分県、熊本県、福岡県の一部では、ヤマメとアマゴを”エノハ”と呼びます。 エノハの養殖場、エノハ料理、エノハの薫製・・・私も竹田に来てから、どうやら呼び名が地域によって違うことを知りました。

meenaさんは、長野のご出身なのですね。長野県は、食、癒やし、環境の面からみても統合医療分野のレベルが高いですね。

さぁ、薪割りの季節。今年は斧を振っていないので、体が鈍りそう。と、薪割り人に言ったら「いつでもあるから朝6時においで~」と言われました。朝の山仕事、清々しい空気を思い出します。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/518-a99d6011

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。