広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 ただいま~

ただいま~ 

帰り着きました~。
ほんと、よく走った、東京アスリート生活。

階段は二段とばし(それはいいとして)。
Tちゃんの足の速さには、ハイジでさえ参った(笑)←来年、山岳競技に推薦したし。

午後5時には夜の色になる東京タワーを背に受けて。チケットに印字された行き先が、大分空港(片道2時間)ではなく、阿蘇くまもと空港(片道1時間半)なのを見て、改めて竹田市民なんだなぁ~、と。

最先端のデザインと、社会を動かすヒトに触れ、自分の仕事や将来について考える機会も刺激も、盛りだくさんでした。なかでも、生産者と料理人、アーティストのコラボレーション【09東京柿豚料理会】での優雅なパーティー(初日)や、お手伝いさせて頂いたエプロン時間(2日目)、それにスローフードすぎなみのメンバーさんを訪れたことは、特に印象深い体験となりました。

ひとまず明朝は、6時起床。朝湯に行ってシャキッとして仕事再開。いよいよ竹田の城下町がもっともはなやぐ【竹楽】が、11月20、21、22日に行われます。みんな来てね!

ご報告はまた後日。

コメント

「竹楽」、いつかぜひ観にいきたいですね。今年は残念ながら遠すぎて見送りですけれども...
写真は拝見していて、なんと美しいことよ、と思っておりましたが、これが今年10回目とは初めて知りました。驚きです...
この現代でも、あり得ることなのですね。来年はぜひ...!

竹田ええとこじょ♪

** フナタロ様 **
竹楽、いよいよです。入場料がないので、町の方々が竹炭や竹筒キャンドルを作り、その売上金で祭りが成り立っています。何よりもコンセプトが、竹を使った産業創出にあるところが、ほかの地域とはちょっと違うところ。
豊後南画の世界を、奥行きある城下町の石畳に感じることができるでしょうか。見るたびに奥が深まる竹楽(chikuraku)です。

今日は、ドイツとの交流20周年の記念パーティー。竹田地域で限定販売するドイツワインをお披露目し、地元飲食店や旅館の創意工夫を凝らした自慢の逸品が勢ぞろいします。さて、そろそろ準備に。楽しんできま~す。

竹楽行きたい・・・

お帰りなさいませませ☆

ええとこじょ、、、いいですよね。
残念ながら竹楽と東京遠征の日程がかぶってるという・・・しかもBTG恒例行事にするとなると毎年・・・(泣)


もとい、東京楽しんできます。
なんとSWKやMMK(動画で僕の娘役だった←相変わらず変な女運はある)とアポ取れて会えることになりました!!メンバーには、その魅力を肌で感じていただければと思います。


以上、SWKから『これも見てこれもやればいいのに』とどうみても無謀な案を次々提案され(東京観光なのに2つのビジコンにいまさら応募を勧められた)、てんやわんやです。ほんとに『やればできる』って信じきってるんだもんなぁ~。。。困ります(泣)

東京BTG

** おさむっち **
帰ったよ~ん。なぜか大阪人のせいで、妙な関西弁がうつってしもうたハイジどす。

東京楽しんできーや。おさむっちならどんな所、案内するんでしょ。

女運、ついてるやん。オメデトさん!
こっちもめきめき上昇中や(なんのことか、笑)

>東京観光なのに2つのビジコンに今更>応募を勧められた。
観光はいつでも出来るけど、ビジコンは応募条件と、絶対今しか組めないメンバーがおるからね。

  おさむっちならデキル!!!

と信じておるじょ。帰ってきたら、ぶっ倒れてよろしいじょ(笑


23日昼は柿豚料理会の第三弾が、某建築士のお宅(自由が丘)であってお誘いを受けているのですが、おさむさん予定ぎっしり?

無茶する人がここにもいた(汗)

>H米 S子さん?(笑)

いや、ビジコンは。。。ただ、その日はただの東大見学でなく知り合いの先生(本郷地区の生き字引的大先生)と一緒に見学しようかなと・・・

帰ってきてぶっ倒れたら腎・泌尿器の単位落とします(汗)

ってか23日は大阪で空手の全日本大会(監督)なんですよね。。。22日の夜学生交流会→M本っちと食事した後夜行バスで向かうんですが。。。あ、夜行バスまだ取ってないや。
で、23日は試合終わったあとそのまま新幹線で福岡行って空港でBTG帰宅を待って合流して大分に帰るという。

ってわけでぎっしりです(泣)

無茶なヒト

** ぎっしりおさむっち **
東大楽しそう。私も行ってみたー井。
っていうか。なんだ、この凄まじいスケジュール。君、止まったら死んじゃうよ(笑)大阪にも行くんだね。
色紙完成した?Mっちによろしゅう。

ハイジ、Sです。ジャリンコ児童会長でした。妹弟ゴロゴロおったから、自分にも子分にも、仕方なくSにならざるをえなかった、ということにしておこう(笑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/504-1b722120