広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 雨の城下町と、坂の上の雲

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨の城下町と、坂の上の雲 

玄関の周りに落ち葉が散って、今年初めてセーターを着た。
台風は去ったが、素敵なリズムがあると雨の日の運転も楽しい。

パソコン機器の補修や、レンタルなどの会社を運営している「オルフェ ウェブデザイン&テクニカルサポート」の二宮隆憲さん作・ごちゃまぜベストCD

ボサノバからポップまで二宮氏の音楽のセンスは抜群!
南米のはつらつとした太陽のリズムも、憂いも郷愁も、この夏の思いは、このアルバムが奏でてくれた。

 Tive Razao Seu Jorge
 Con Los Años Que Me Quedan Gloria Estefan
 Nação João Bosco
 How Beautiful 土岐麻子
 O Homem Falou Maria Rita
 Waters of March (Feat. Ledisi) Sergio Mendes
 La Barca Luis Miguel
 Rock That Body Black Eyed Peas
 千のナイフ 坂本龍一
 Eu Sou Favela Seu Jorge
 Buscando Guayaba Ruben Blades Y Willie Colon
 Beetlebum Blur
 Electric City Black Eyed Peas
 The Wind Knows My Name Fairground Attraction
 東風 坂本龍一
 Heaven Help Lenny Kravitz
 ロマンチック 土岐麻子


二宮氏は、大の幕末ファン。
今更ながら、今日やっと図書館で第1巻を借りた「坂の上の雲」。


竹田市出身の軍神・広瀬武夫(1868~1904年)が登場するNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」(原作・司馬遼太郎)が11月から始まる。日露戦争で部下を救うために戦死したとされる格好いい海軍中佐。竹田市でも、故・広瀬正熙さん(よっちゃん)や、元消防署長の白石さん、竹田研究所長の河野通友さんらが中心となり、「広瀬武夫顕彰会」(首藤勝次会長)を発足。武夫の人間力を学び、地域学に生かそうと、武夫の本を出版された櫻田啓さんの講演会を開くなど、活動を展開中。
■顕彰会の活動は→竹田市議会議員 井ひであきの市政レポート直行便ブログ版 へ
最近、竹林を伐採し、きれいになった広瀬中佐の墓参りにも行ってみたい。

大分出張から城下町に戻り、いつの間にか走行距離が1万㌔を超えた。

コメント

そうそう

もう涼しくなったので、音楽とか、本とか楽しむ時間ができましたね。

秋いろいろ

** tanosukeさん **
ねーねー。
最近おもしろかった本は何ですか?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/469-505ecc44

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。