広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 朝のお詣り

朝のお詣り 

白鷺、秋桜、雲一つない青空。
軽くジョグしてヨガして神社に詣って、二拝二拍手一拝。
甲斐国の男児に、「九州人は拍手が短かっ」と注意を受けたので、
岡藩の朝の空気をぜ~んぶ吸い込んで、ゆーっくり息を吐いて。
丁重に手を叩いてみた。

 神様いつもありがとう 健康で豊かで、ハイジは幸せいっぱいっ
                         (チュンチュン←小鳥のさえずり♪)

長月の情景たっぷり、竹田の散歩道。
古寺と神社がたくさんあり、神様の前を通らずして自宅にたどり着けない。


連休初日とあって、彼岸花の名所は県外ナンバーの車がずらり。
彼岸花 赤と黒
レンズを覗き、赤い絨毯の中にじーっとたたずむこと2時間半。

写真家を目指す青年が個展をPRにきたり、北九州から訪れた中年のグループと(な・ぜ・か)腕を組んでワイワイ記念写真に収まったり、前の会社時代から可愛がって下さるS部長夫妻と偶然お会いしたり。なんだか自然と人の輪ができて面白かった。

納車から4か月半、朱色の相棒の走行距離が今日、末広がりの「8888」kmに到達する。
安全運転、おめでとう。これからも野へ山へ海へ、田んぼへ川へ、頼むぞよ。



【PS】友人が教えてくれた 神社の詣り方。
1・自分の住所と名前を名乗る    (神さまが何処の誰かわからないから)
2・お願いしたい分野の神さまに行く (神さまにも得意分野があるから)
3・「お願い」に行くのではなく、「感謝」の気持ちを表しに行く。
4・幣立神社側に住む友人は「人のお役に立ちますよう、お使い下さいませ」とだけ。
感謝を表す神様へのごあいさつ。より愛らしい、ベターな方法をご存知の方、教えて下さい♪

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/450-792bc9fa