広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 20歳のハローワーク

20歳のハローワーク 

「政治家になりたいのです」と
ある面接で青年が志を語りました。
それを聞いた政治家は、高校時代の漢文の先生の言葉を引用して次のように諭しました。

「男子たるもの、何になるかではなく何を為すかだ
何々になりたいというのはそれ自体が目的となってしまっている。
職業というのは目的ではなく、あくまで手段。
たとえば、人を救いたいという目的の手段として医者があるのであり、
良い社会を実現したいという目的のために政治家という手段があるのである。
さらに、何々になりたいというのは既存の社会の枠組の中で、決められた職業に
就きたいということであり、男ならそんな小さいことを言うべきではない。
男たるもの何を為すかであり、何になるかでは決してない」
 と。

大分の学生たちで、郷土・大分をもっとよい町にしていこうと、地域医療や地域活性化、政治など様々な分野に関心を持って活動しているサークル「BTG」の代表・大分大医学部の中西理さんが、同大の経済学部4年生やAPUの学生仲間を集め、「人生を熱く語ろう会」PART2に招待してくれました。

今夜の”お家ごはん”は、豚と重ね煮の春巻き、緒方ゴボウのきんぴら、ガーリックトースト、米なすとハーブのグリル焼き、アンチョビときのことピーマンの炒め物、緑ちゃんのおむすびなど。
BTG料理中

写真△(左から)熱心に洗い物してくれた大江くん、パスタが得意で意欲旺盛な永田くん、さわやかバンドマン岩本侑くん、メーカーへの就職が決まった嘉村緑さん、・・・らとお料理タイム♪

社会人として、これから就職する4年生を対象に進路指導となるような体験を聞かせて欲しい、というリクエスト。私は「食歴は職歴」をテーマに、元ニューヨークタイムスの記者で食育ジャーナリストの砂田登志子さんとの出会いや、アメリカ放浪の旅、食を伝えてくれた祖母や母のことなど、この10年間の出会いや気付きを振り返りました。
自分が何に向いていて、何をしたいのか。適職を求めて自分探しの旅をしてきた私には、冒頭の言葉も印象的です。東大大学院を経て医大に再入学した中西さんの話もあり、「誰にも役割がある」そして「職業にとらわれない自由が一番」、職業訓練の有り難さも・・・と色んな意見や議論が飛び交いました。朝刊の配達が来てもなお、熱弁は続きます。

△書棚に並ぶ懐かしい本たち

それにしても。
学生たちは本当に可愛いのです。
「何かすることありますか?台所がいっぱいなら風呂掃除でも」
「この本面白いんですか?じゃ読んでみよ」 (メモする)
「ねーねー、この本いいらしいよ」 (すでに仲間に伝えている)
「何かすることありませんか?なければパーティー用の輪っかを作ります」 (新聞広告で作っていた)

コメント

とても良く分かる言葉ですね。
頭でっかちの自分の中では、この問題(ethical issueと捉えます)はhyper capitalism がもたらすdivision of laborとeconomic reductionismが落としたnegative influenceと考えています。
economismと言うのは、職業に対する意識でもわかる様に、自分達が思っている以上に自分等の日頃の生活やdecision making に深く関わっていて、余りにも当たり前だと捉えすぎているんですよね。Wall Street だけがeconomismにがんじがらめになっている訳ではないんです。自分等も共犯なんだよね~。
そういうsocietyに今自分達はいるんですいね。この苦境を有り難いと思える強さが欲しいです(笑)

酪農もそうですね!

うちの牧場に今年も大学生が実習に来ました。牧場を作りたい=新規就農を目指す人がいたり学校の先生を目指す人がいたりしますが・・・確かにそのものが目標になるだけでは寂しいですね!
牛を飼ったあと何をするか!
何のために牛を飼うのか!

自分もあるとき模索の中、牛の向うに輝く黄金郷がほんのり見えました!

人類を幸せにする仕事=酪農との出会いです!

楽しそうですね。
その話についていけることもすごい若いです。いい人たちだ!

幸せなオトナ

** 八王子の酪農家cowboymasaさん **
何になって、どうしたいか。ミーハーなので航空会社を受験していた当時は、世界を飛びたい、それ以上のことは考えていなかったと思います。

私はプロフェッショナルの仕事は、次世代の子供や学生たちの夢を育てていくことだと思います。
>牛の向うに輝く黄金郷。人類を幸せ
>にする仕事=酪農との出会いです!
masaさんの桃源郷、こんなお話をまたお聞きしたいです。楽しいオトナが増えれば、世の中もっと楽しくなる。何かを成す前に、とりあえず「すごい人たちに会いたい、会ってやろうー」と意気込んでいる学生たち。熱い思いが伝わってきました。

** tanosuke様 **
実はS邸。お化けはでなかったよ~♪多分このエネルギーに圧倒されちゃったと思います♪それにしてもいい仲間たちです。

職業観を形成するもの

** LeTakさん **
なるほど~。私たちの倫理観は、知らず知らずのうちに資本主義に支配され、形成されてきたものに過ぎないのですね。こんな本質までは討論も及びませんでした。仕組まれた中で、何を職業選択の自由とするのか、自由とは何なのか、私も考えてきたわけだ。
 世界にはもっと色んな職業があって、とりわけ何を主にしているわけでもない、暮らしのために働く、という方法もある。何になるか、なりたいか、なんて大学受験で決めるのは難しいこと。色んな価値観や人生観に触れて、”自分にあったもの””自分の役割”に出会えたら、は幸せですね。
Takさん、次回ハローワークの講師に決まり~♪

仕事早いっすね

ちょっと写真の選別(チラシ新調)のために久しぶりに読み返してみたら、侑くんのYouTubeといい僕のブログといい過去の記事も更新するってすごいっす!!

あっ、チラシが新調(自分の地域活性化や大学生のげんきについての考え方を追加)されたのでまた今度渡します。

中秋の名月、ブログの役割

** おさむっち **
今日は竹田市出身の米国在住女性からコンタクトあり、とても嬉しかったです。ブログを書く意味は、自分以外の誰かの時間と働きにより、思いがけない”つながり”が出てくる可能性だと実感しています。

実際、私もここ(web版 地球と遊ぼうハイジの丘協会)を通して、西海岸と竹田を往来する親友に巡り会えたり、Native Americanのキャンプに参加したり、スローフードの活動仲間が全国に増え、今の仕事に至ったり…と色々です。

BTGとも、お互いにいい刺激と影響を受け合いたいものね^^今夜は、食育ネットのメンバーと模擬店の具材について話したよ♪またご報告します。それにしてもいい月です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/448-1280ac07