広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 LeTakさんが語る。政権交代で日本は変わるか?

LeTakさんが語る。政権交代で日本は変わるか? 

自民衰退は、信任ではなく仮免許。
政権交代から一夜明け、色んな見出しで各社が書いていますが、
この夏、カリフォルニアから帰省したMジュニア・Le Takさんのご意見を紹介。

LeTakさんは在米9年目。サンフランシスコ郊外の大学で、Political ScienceとInternational Relationsを専攻。Comperative PoliticsとPolitical Theoryいう、Internal factorsを研究中。 ちなみに9・11同日、飛行機に乗り合わせて人生が変わった、という体験談は聞き応えたっぷり。ピアノと歌が上手。将来、日本の大学でPolitical Scienceを教える予定です。

==「LeTakさんのミニ講座」以下、転載=========================
ニュースを見ました!とうとう交代らしいね~。
って事で、「政治」そのものの勉強をしている人間としては語らなければならないでしょう(笑)
ちょっとだけね!

まず、今回でみんな日本が変わるとは思ってないでしょう。
変わらないと思います。
Obamaっちと一緒です。
何故か。

根本が変わってないから。
hypercapitalismという大根底の経済システムがある限り、大企業をのさばらせてる限り、自分らがNikeやGapやStarbucksを愛用してる限り、政権が交代しても、社会は変わりません。

でも、じゃあ、政権交代は無意味なの??
無意味ではありません。
再びObamaっちと一緒です。
大にしろ小にしろ変化というものはprogressには必要不可欠。

今回の民主党の勝利には、学術的に2つ重要な変化が生まれる(はず)です。
1つは、Electoralism(選挙至上主義)の終焉
日本は民主主義国と思われがちですが、違います(ま、この世で完璧な民主主義は未だ存在してないんだけどね。Communismもね。)。
Electoralism(選挙至上主義)と言って、独裁ではないけれども、1党が力を持って国を牛耳るとこを言います。メキシコの政治がよく例に挙げられますが、日本とメキシコは実は政治形態がそっくりなのです。(ちなみに中国は1党独裁です。他党が存在しないから)
独裁制と民主制の間にあるのが、日本の政治であります。
これが、今回の民主党の権力獲得により、「民主主義国」として生まれ変わった事になります。
これは、大きな進歩だと言えるでしょう。
これによって、政治は大きく不安定になり国民が政治にもっと感心を寄せなければいけなくなるのです。 例えばFrance。数年前、国民の関心の低下の為に、危うくネオナチの党が与党になりかけるという事件が起こりました。
国民と政治が一歩近づく為にはこの「不安定」である事が重要で、
今回の日本政治の「民主化」はその第一歩であると思われます。

2つめは、Clientelismの変化
これもメキシコで顕著な政治形態で、自民党もこのClientelismの代表例。
簡単に言うとClientelismとは、政党と自治体やコミュニティ、様々な小さなグループが連携している政治形態の事(USの政治ではよくPork Barrelと呼ばれるメカニズム)。
政党が、そのグループに優位になるように資金を援助する代わりにグループはその党に投票する、持ちつ持たれつの状態で1党が力を持つというのがClientalismのメカニズムで、Electoralismとも深い関係がある。
メキシコでは、政治を知らない、興味ない有権者が投票権を「売る」ようになっていて、2000年の政権交代までは根強いclientelismのお陰で独裁主義が繁栄を極めた。
自民党にも顕著だったこのclientelism(官僚、地方自治体、その他の小さなコミュニティとの癒着)が、この政権交代でぐらつく事になる。
clientelismが消滅するのかどうかはかなり疑問だけれど(民主党が新しいClientelismを確立する可能性大)、今までの肥大化して手がつけられないメカニズムにダメージを与える事は、新しい政治形態への第一歩と考えられる。

重ねて言うけど、自分は自民党がいい、民主党がいい、という概念はありません。
ただ、自民党のElectoralismをぶち壊す必要がある今の日本で、民主党が勝ったという事は希望が持てる事です。 政治ごっこから、大人の政治に生まれ変われるかどうか。
やっと他の先進国に追いつきつつある感じ。

さてさて、おっちゃんはアフリカの国が安定しない理由と、旧ソ連諸国の不安定の比較研究に戻ります。
日本がんばれ~♪

===========================================抜粋おわり==

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/434-461f0747