広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 里山でもネット駆使。プロデューサー江副さん、英国BBC放送で紹介

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里山でもネット駆使。プロデューサー江副さん、英国BBC放送で紹介 

竹田市が取り組む雇用創出事業「食育ツーリズム」で総合プロデューサーを務める分母庵・江副直樹さん(福岡県東峰村)が、英国BBC放送で紹介された。この1年、竹田の街の表情が、彼のコンセプトワークで、少しずつ変わりつつある。

BBCの放送テーマは”Japan's mega-fast rural broadband”。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/8068916.stm (動画)

田舎で暮らしながらも、時代の最先端を扱う仕事は可能だ、という内容。以前、読売新聞・夕刊で紹介された「ネット駆使、田舎で仕事」が記事が、BBCの目にとまったらしい。

竹田であれこれ文化や歴史的催しを開催しても、なかなかその情報が中央に届いていない。しかし、媒体メディアの守備範囲や対象層を分析し、戦略的に媒体を選択していくことは、結構重要だ。

コメント

情報化社会の今

どこからでも受信・発信できますものね。竹田の魅力にもう少し早く気づいてたら大分いたかな…とか思いますもん。
しかーし!行ったからには特派員として…顔晴ってますv-91v-238

最後のフレーズ、かなり大切な事を
書かれているような気がしますv-267

江副さんの映像とネットワーク。

ようやくみれました、ありがとうございます。
「竹田であれこれ文化や歴史的催しを開催しても、なかなかその情報が中央に届いていない。」のは同感。竹田の中でも、メディアよりも手渡しの方が効果があったりします。

中央でいると周囲の声が多すぎていいものがみえてきません。ですので、ご指摘のように、戦略的に媒体メディアを選ぶと共に、媒体となるキーマンとのつながりをもつことで、横つながりのネットワークを指向することで情報を広げていくことが重要かと。

これからは、Heidiさんとこのネットワークのように普段はどのネットワークも表面的にはみえづらい。しかし活性化事業のように具体化してくるとみえてくるような「ネットワーク」が複数つながっていくと思います。それには、ゆるやかなつながりの場をこしらえるべく具体化へ向けてのビジョンを決め、そこへ到達するようにいくつかのステップを重ねることが大事に思います。

今回、別府のつながりからAAFまでつながり、何人かはたけたの今を観に東京から立ち寄るでしょう。やっと文化事業を展開する器づくりの足がかりまでたどりつきました。
よろしければ、ジャンルを超えて複数の催しを重ねていきたいと思っています。よろしくご加勢ください。

アートと歴史の出会うまち「テラマチ」

** MYU↑ **
メッセージありがとう。東京でのご活躍の様子、恋しく、嬉しく、わくしながら拝見しています。
芸術や事象を創出したり、器や建物に息吹を吹き込むのも、詰まるところ人にしかなせぬ技。社会現象の喜怒哀楽も、人と人の手を介して伝えられます。よき発信者がよき伝え手を選ぶのも、思えば自然の流れでしょうか。人との出会い、御縁ですね。


** お城屋nakanishi様 **
動き出したアートプロジェクト。しかも、こんなに早く。素敵なチラシもできたではありませんか。躍動感あふれる一歩に期待大!!是非お手伝いさせて下さい。私も自分の視点を磨きつつ、一員として加勢させて頂きます♪
http://nakatake05.blogcoara.jp/nakanishiyalab/2009/06/post-5d99.html

ありがとうございます!

よろしくおねがいします。
とりあえず、明日の朝カフェに持っていきます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/401-480c2eba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。