広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 ワカサギの天麩羅とドイツの新酒ワイン

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワカサギの天麩羅とドイツの新酒ワイン 

竹田市直入町の芹川ダムでは、11月から2月の水の冷たい時期に「ワカサギ漁」が盛んだ。温泉市場で今夜のおかずに1パック購入。

今年も2月14日に、ドイツの姉妹都市から新酒ワイン6000本が町内の酒屋に到着した。白ワインは1年経つとうっすらと金色がかってくるのだが、到着したばかりの白ワインのみずみずしい透明感は、瓶の外側からでも一目瞭然。これまで甘口タイプが多かったけれど、試験的に塩手酒店が入荷した白の辛口「07バートクロツィンガー シュタイングリューブレ グラウアーブルグンダー」は、魚料理との相性も抜群だ。

今年3月~7月末の毎週末、

長湯温泉では自然美容療法や天然スッポンを食べて美肌になるツアーなど、面白そうなイベントが目白押し。毎年恒例、ヨーロッパに春を告げるホワイトアスパラガスとワインを楽しむ会「シュパーゲルフェスト」は、2009年5月31日に催行決定。アスパラにあう専用の白ワインも出番を待っているのだとか。

朝早くからワカサギ漁にでてくれたおじちゃま。20年来のドイツとの友好により今日、私の元に届いたこのワイン。生産者のグレッカーさん、ドイツ輸入代行のNAKROソプカさん、輸入商ヘレンベルガーホーフの山野専務、酒屋世話人の塩手さん、物語を造り上げてきた地域の皆様・・・に感謝しながら。

 今夜はワカサギの天麩羅と、新酒ワインでカンパーイ♪

ワインに関するお問い合わせは、(九州アルプス商工会=0974・75・2020)へ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/385-a8e32258

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。