広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 あなたの結婚式をプロデュース! 里山で40年前の婚礼儀式再現

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの結婚式をプロデュース! 里山で40年前の婚礼儀式再現 

田んぼを歩く盛夏の花嫁行列。

7月26日、大安。
日本百名山の一つにも数えられる祖母山麓の里山で、おじいちゃん、おばあちゃんたちが嫁いできた頃の結婚式を再現する「神原よいやな祝言」(しゅうげん=結婚式)が行われました。3年前、金丸弘美さんと初めて神原を取材で訪れた時から、ずっとやってみたかった儀式。
「今継承しなければ、もう消えてしまうかも。80代のおばあちゃんたちに習えるうちに形に残しておきたい」という、地元のご婦人方の協力を得て、食育ネット代表の本山秀樹隊長が音頭をとってくれました。ヨミガエル蔵に眠った漆の器、活キ活キ・地域のおばちゃまたちの郷土料理、ワクワク皆の知恵の大集合。

 昔の婚礼風景を再現した「神原よいやな祝言」


大きな画像でご覧になりたい方は、 http://peevee.tv/v?437mf9へ。(制作編集:食育ネット 原千砂子さん)

 日時:2008年7月26日午前10時半から午後3時すぎ(日程詳細
 場所:竹田市神原の里山づくりの拠点施設「神の里交流センター緒環(おだまき)」周辺
 主催:緒環運営委員会
 企画:食育ネット
 
式を挙げたのは、食育ネットの美男美女・大分市在住の黒木夫妻。合気柔術を教える博文さんと、NPOアートスタジアムの通称・あかりんごちゃんが68年前、実際にこの村の高齢者が婚礼で使った衣装をお借りしました。
穴森神社に参拝した黒木夫妻と食育ネットのメンバー

親族約40人のほか、花嫁行列を一目見ようと、アマチュアカメラマンや見学者ら約100人が見守る中、花嫁が緒環から新郎の待つ民宿まで歩き、縁杯などの婚礼儀式を行いました。穴森神社で子宝祈願に参拝し、ほころんだりんごちゃんの笑顔=写真=。健男霜凝日子神社では、ご神木・樹齢約500年の夫婦トチノキの下で永久の愛を誓い、記念植樹。披露宴では、おばあちゃんたちが二十歳の頃父親に習ったという祝唄「神原よいやな」や神原神楽を披露。トチノキや風たちと共に、二人の門出を祝いました。着物姿のたかちゃんは、竹田産サフランを使ったパエリアも振る舞ってくれました。

大自然の大きな営みの中の、小さな私たち。
おじいちゃん、おばあちゃんたちが、その昔、そのまたおばあちゃんに習った祝歌ヨイヤナの歌詞には、自然への感謝や敬意、新郎新婦を結んだ赤い糸のことがしっかり歌われていました。


永遠の愛を誓いたくなった貴方、

Call me 090-117-117(イイナ・イイナ) じゃなくて(笑)

ご婚礼のご相談、お問い合わせは(緒環0974・67・2288)まで。

■関連記事
花嫁行列や祝い膳など、竹田で40年前の風習再現(08年7月28日付、読売新聞) ★写真つき
「神原よいやな祝言」復活 (08年7月27日付、毎日新聞)
復活 伝統の祝言 花嫁行列や祝い唄も (7月28日 大分合同新聞) ★画像つき

仲間のブログ
竹田市神原ヨイヤナ結婚式 (森づくり・心つくり in 大分)

コメント

いいですね~

うわー素敵です!
花嫁さんの着物姿、まるで日本昔物語のよう。あのすばらしいとちの木下での祝言、みてみたかったな。そしておばあちゃんたちのヤイヨナの歌声、聴いてみたかった。でも手にとって聞こえてきそうです。でも実はたかちゃんの着物姿とパエリアもなかなかすてがたい。うーん残念でした。又機会があれば着物姿のたかちゃんと、ハイジさんの着物姿、も拝見したいものです。素敵な元気の出るイベント、又やってくれましたね。おめでとう!

ありがとう、トチノキ

** よりさん **
コメントありがとう!全部、トチノキが見ていてくれたよ。一緒に緒環を訪れたあの夏の日の思い出が蘇ってきます。

80代のおじいちゃん、おばあちゃんたちが大活躍。その晴れ舞台を見ようと、たくさんのカメラマンが来てくれました。
たくさんの長老たちに囲まれ、祝われた美男美女カップル黒ちゃんたちも本当に幸せ、私たちもこんな素敵なお祝いができてすごく幸せです。


>実はたかちゃんの着物姿とパエリア
>もなかなかすてがたい。
彼女の着物姿も、絵になりますよ。う~ん、次は誰の番?!

>素敵な元気の出るイベント、又やってくれましたね。おめでとう!

本当に、ありがとう。
トチノキさん、ありがとう。
We miss you!

門出の祝いの再現で地域の記憶がよみがえる

9月発売の食育活動No15(農文協発行)に祝言のことが掲載されました。「実践から学ぶここが決め手!食育最前線の取組みから」という、前号から始まった連載に

「門出の祝いの再現で地域の記憶がよみがえる-「神原ヨイヤナ祝言」復活の取組みー」

ということで8ページにわたって掲載されています。食育ネットの本山秀樹隊長の執筆です。よろしくご案内下さい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/336-6446bc84

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。