広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 オトコをトリコにするメロメロレシピ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトコをトリコにするメロメロレシピ 

先週末は、「稲葉ダム・絶景みそ造り大会」で、久々に新婚の友人夫妻に会い、熱々ぶりにうきうき。
その翌日は「重ね煮」の料理講習会でルンルン。重ね煮は、目からウロコの調理法。これさえ知っていれば、我が家に赤ちゃんが来ても離乳食だって作れちゃいます。半日で、すっかり料理が上手になった気分に。早速、習った通りに、こんにゃくやニンジン、椎茸などの重ね煮を作り、お客様に昼食を出したら、とても喜んで下さいました。今日は何を重ねようか、毎日の料理が待ち遠しい1週間です(ってまだ終わってない!)ルンルン。

そして次週は、オトコをトリコにするメロメロレシピで有名な宮城なみさん(福岡市)が竹田にやってきます!その名も”メロメロ料理研究家”。う~ん、メロメロにしたいのか、されたいのか。多分両方(笑)
楽しみな講演会&実演講習会です。主催は、いつも抜群の料理研究家を招いてくれる、を務める堀田貴子さん(竹田研究所の食部会研究員)です。

2007年度 竹田研究所 食育講演会
テーマ:「食育ってなんだろう?ごはんで作る愛がある」
     ~母がくれた宝物「できないことをめそめそ悲しむより できることを楽しみなさい」~
日 時:2008年3月24日(月) 午後7時~9時
場 所:竹田市社会福祉センター いきいき交流センター
講 師:メロメロキッチン代表 宮城なみ 先生
料 金:無料
内 容:講演会「家庭に必要な愛情とは何か?」
     実演会「オトコをトリコにするメロメロレシピ」
問い合わせ:竹田研究所=0974-63-0585

宮成さんは、西日本新聞の「食卓の向こう側」シリーズで、発掘された人財。健康を失うとは?食育とは?闘病生活、実体験から得た体験談を話す講演会が好評。カラダに優しいごはんにむづかしいことはいらない。できることからはじめようとその日からできるカンタン料理法やコツを紹介します。

■料理研究家・宮成なみさん プロフィール
実践食育研究家・メロメロ料理研究家、メロメロ・キッチン代表 1976年11月3日生れ。
 福岡県田川市生まれ。現代の医学では直すことのできない難病 結節性動脈周囲炎を持って生まれる。16歳で発病し腎不全に。医師より社会復帰、結婚、出産は無理と告げられる。闘病生活の末、医師の「唯一進行を遅らせる方法が食事療法」という言葉で食に関心を持ち、母親とともに7年半の食事療法を実施し社会復帰を果たす。
 数年のOL生活をしていたが夢である料理研究家の道を目指す。現在、西日本文化サークルにて料理教室講師。『オトコをとりこにするメロメロレシピ!』出版。
現在、RKB毎日放送 今日テレビ 日曜版 おやつの時間 月1回レギュラー、西日本文化サークル 料理教室講師などを務める。

■公式ホームページ:料理研究家・エッセイスト宮成なみ公式サイト 食育・料理・レシピなど
 http://www.miyanarinami.com/

コメント

行きたいなぁ…

先日は大変お世話になりました♪
今度のオトコをトリコにするメロメロレシピの講演会行きたぁーーーーーーーーい!
けど時間が…。
遅くなっちゃうね(;_;)

いやぁ既にメロメロ

既にメロメロじゃ~ん(笑)
先日は、はるばる竹田まで来てくれて本当にありがとう♡お二人の熱々ぶりが、とーっても嬉しかったです。なんて美味しい味噌ができることか。こんな愛のエッセンスが一番だね!
青い空のお土産、ありがとう。写真も見ていて気持ちよかったよ。
講演会は、足と気力が向いたら是非どうぞ。翌日は、確か昼間じゃなかったかなぁ…。聞いてみるね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/314-3eee05ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。