広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

あけましておめでとう!
今年もみなさん「お幸せさま!」


私の周りにすっかりなじんだ「お楽しみさまでーす」の合言葉。
今日も一日、疲れてないので「お楽しみさまです」。
新年の鍋会で、本山隊長がまた素敵な言葉をプレゼントしてくれた。

「お幸せさま」

私のこと?

ハイ、そうです。なんていい響きなんだろう。

振りかえる間もなく突き進んできた2006年。
昨日あったことも覚えていないくらい、色んな現場に足を運んだ。
お礼を十分に伝えることもできず、色んな人に出会った。
改めて振り返ってみても

 ひぁ~ >▽<楽しかったぁ!

この一言に尽きる。


 「奥豊後みそまみれ三昧」-1月竹田、緒方、佐伯での味噌造り。

 父の最後のラッパ姿-「県警ふれあいコンサート」で涙、涙、涙。

 「世界平和の巡礼団」-米国のアメリカ先住民のキャンプで知り合った人たちが、
 なんと私の町に歩いてきた!愛のこもったピースフードでのもてなし、心地よい平和の風。

 「妹の電撃結」-昨年12月に出会ったあの方と、この初正月はこたつを囲んで笑い転げた。

 「渡嘉敷島の竜宮城で出会ったウミガメたち!」-自然学校設立を目指す友人夫婦と
 珊瑚礁の宴に酔いしれた9月の沖縄。

 会社の先輩につられ「ワインブーム再到来」-竹田でのワイン教室もスタートしました
 最近お酒に強くなった気がするのは、絶対、気のせい(笑)

 桃色のフリルのドレスに、ピンヒールを履いて旅立った「祖母・渕初恵の初盆」

 一昨年股関節脱臼の手術を受けた母と、生まれて初めて運動が一緒に楽しめる喜び

 豊後大野市にも山のパエリア誕生-「地球芸術文化祭vol.2ブルーノートおがた」では
 皆さんにお世話になりました。私の仲間は、生産者、料理人、そしてあなた。

 「長湯物語」-炭酸泉とドイツとの交流から始まった人口2700人の村のドラマに胸キュン

 「祝・来竹」-私が旅をする代わりに、世界中から素敵な客人が訪れてくれた。
 富山の古民家で今年は赤ちゃんと迎えたあきらさん、まりさん夫妻。
 広島から阿蘇までを歩いた世界のピースウォーカーたち。
 北海道の天塩町出身で、夫婦そろって100歳を超えた祖父母を持つ、佐知子さん。
 新婚旅行で、自転車旅行とか?・・・毎回日本名山百選にも選ばれた祖母山麓の神原地域に案内したドイツ、
 スペイン、オーストラリア、オランダ・・・たくさんの国のサイクリストたち。
 まだ来ていないあなたも大歓迎。豊肥地区のスローフードツアーをコーディネート。


こんな一年を過ごして実家に戻った。父の座椅子に腰を下ろして新聞を読んでいたら、
母が一言

「男っぷりが上がったわねぇ~」

「へぇ??@_@そうですかぁ?」
・・・やむを得ませんよね。以前は、お茶を出されて自分が座っていることなんてなかったのに。おじさまたちの中でもまれた成果は、男っぷり、だった。


雪の日の元日。富山から帰省した弟、両親と国東半島ウオークに出かけた。
真っ白な綿帽子をかぶった両子寺の境内。
5月には見事なシャクナゲに囲まれた あの階段の両脇に、
白い息をフーフーかけながら、うっとりしていたら

 バシっ!

顔面に雪の球が命中。

それから雪合戦になって、寺の境内を弟と走り回った。

豊後高田市の海岸沿いの神社では「波の花」に遭遇。
祖母の昔話に笑い転げるひととき、
墓掃除で体ぽかぽか。
母が健脚になって、五体満足と健康の喜びに、家族皆で感謝をした元旦。
私にとっては心強い兄のような、頼もしい家族もできて喜びはひとしお。

と、こんな正月休みを過ごしました。

今年もよい一年になりそうです。
皆様、どうぞよろしくね!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/289-de5f76d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。