広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 商家の隣人

商家の隣人 

写真家のYご夫妻がとうとう城下町竹田に引っ越してきた。
引っ越しといっても”城下町の商家で間借り”。春までの期限つきではあるが、住み込んで城下町の風景を写真に納めたい、という。まだ訪ねたことのないお二人の部屋からは、数十メートル、しっくい塗りの白壁が続く、最も素敵なストリートが見渡せるのか。風情のある通りだ。

ご夫妻とは昨年3月、山口県のスペイン料理店「ソル・ポニエンテ」での催し「DAUROの会」(スペインのオリーブオイル)でお会いして以来、豊後大野、竹田、両市の食育事業、食育ネット主催の食と音楽とアートのイベントには、毎回北九州市から3時間かけて足を運んでくれた。ご主人は、メーカーを定年退職後、趣味のカメラを持って、門司、黒川、湯布院、小国、山口のソルポニエンテなどを愛車で駆けめぐる日々。

毎回竹田に遊びに来る際には、前回撮影した竹田の趣のある風景を、A4ファイルにギュッと納めて披露してくれるのだ。お気に入りの店や場所には、前回撮った写真をプレゼントし、度々足を運ぶ。なじみの店、とはこのようにして作られるのか、と関心するもなかなか真似できることではない。YASUさんの写真は、とても優しい。私たちの大切な時間も、たくさん残してくれた。

それにしても1年も経たないうちに、こんな展開になるなんて、想像してもみなかった。
ご縁というのは、時間の長さではなく、一緒に過ごした時間の深さなんだぁ、と感じる。
頼もしい仲間が増えてうれしい年の瀬。


■参照リンク
竹田の城下町ってこんな所:『竹田市街なか観光プロジェクト』HPの写真より

アメリカのラジオ局のサイト。
仕事をしながらクリスマスソングをお部屋に。
Christmas Music Channels

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/285-3450d1e3