広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 66日1800kmアラスカ西海岸単独走破、シーカヤッカー堀内信也の旅

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

66日1800kmアラスカ西海岸単独走破、シーカヤッカー堀内信也の旅 

シーカヤッカーで、動く折り紙アーティストの堀内信也さん(大分県日田市在住)さんが、アラスカ西海岸スキャグウェイからカナダまで、1800キロの旅を終え、9月12日、午後5時45分、バンクーバーのグランビルアイランドに無事ゴールした。

バイダルカと呼ばれる、アラスカ原住民が使っていたカヤックを使って。
コースは世界一美しいといわれる海岸といわれる沿岸水路、氷河の侵食で出来たフィヨルド地形で無数の入り江・島によって出来た迷路のような海岸地帯。数メートル向こうでグリズリーベアーや鯨に出会ったり、旅のお供もゴージャスだ。
the view from Tom's cabin in Homer


ゴールした感想を、彼は日記の中で
「66日間1800キロの旅は本当に長かった。
 荒れた海や熊に悩まされた日々ではあったけど、今ではいい思い出」
とコメントしていた。

失明の恐れのある難病を克服して挑戦した2度目の旅。
前回1998年に挑んだ冒険は、外洋に面したカナダ沿岸で嵐にあい、1200キロ地点でリタイア。3メートルもの高波にあい、一週間チャンスを待つも、嵐はいっこうに治まらず、食料と体力は尽きていくばかり。加えてここはベアーカントリー、いつ熊の餌食になるか分からない恐怖に耐えながらの一週間を過ごし、体力、精神力とも尽きリタイアを決断したのだという。

今回の旅は、始まる前からハプニング続きだった。
ジョージ・タイソンと作った自作のバイダルカ(アリューシャン列島のアラスカ先住民アリュートがラッコ、アザラシ、トド、オットセイなどの狩猟に使っていたカヤック)は結局見つからず。
大事なオールはバスの中に置き忘れる。
そんな中、首都ジュノーからスキャグウェイに向かう船で、偶然にも「アラスカの風」自然写真家のふさふさ(大分県玖珠町在住)に出会い、力強い応援をもらった。
冒険家堀内信也(日田市鶴城町のギャラリーわにやで)


一見強そうだけど、優しくて甘えん坊のクマさん。

俗世間と離れた彼の容貌を、人はこんな目で見るカモ。
しかし、実にしっくりくるのだ、アラスカでは(笑)
おいしいカプチーノも、折り紙上手も、ピザ作りも、奥様の真由美さんがつづる絵画の世界も、山奥の古民家も、実に風情があって心地よい。

自分は必ず成功すると確信し、見事勝ち取った夢。
前回失敗した原因を良く考え、方法を改めたこと。
雨や霧の中、途中で投げ出したくなっても辛抱したこと。
成功するまで粘り強く取り組んだこと。
失敗を恐れずに、何度だって挑戦したこと。
いくつもの恐怖や不安を乗り越え、
小さな勇気を、大きく育てあげた彼の偉業。

夢を諦めない勇気を、私たちに見せてくれた信也さん、

おめでとう!
そしてありがとう!

■堀内さんがカナダ・バンクーバーを起点とするネットラジオ「Japan Now」に出演しました。
2007年09月16日の放送録音 「アラスカからカヤックでやって来た人」の内容です。
突然現れた「アラスカからカヤックでバンクーバーにやって来た人!」一人で約1800キロの航海。。。(※7分20秒以降に堀内さんが登場します)



※写真(上)は、2007年8月アラスカ州キナイ半島のホーマー市。トムの小屋から見たグレーシャーベイ(撮影:Tom Reed)
(下)は、2007年2月、堀内信也氏。

コメント

イェーイ!
無事生還、うれしいニュースですね。
帰ってきたら、パーティーだ!
わたしは、同じ海をフェリーや、小型の船で航海していましたが、雨が降ると日本の真冬以上の寒さでした。 カメラを持つ手はかじかんで。
そんな中、あるカヤッーカーが私達の小型の船に乗船を求めてきました。それほど寒く過酷なたびであることを皆さんにお知らせします。

無事生還

** ふさふさ **
イエ~イ!!
本当に嬉しいね★大歓迎して迎えなくては♪
真冬以上の寒さ、しかも海の上。真夏のアラスカでも、こんなに寒かったんだね~。漕ぐことを辞めなかった、かじかんだ手を、きっと彼は誇りに思えるでしょう。
あぁ、生きている!
物語は、自分で作るんだ、こんな人生の一部始終にかかわることができてとても嬉しいです。

うわぁ素敵な笑顔!

おめでとうございます

堀内さん「おめでとうございます!」すごいですね!たくさんのお土産話を待っています。大鶴公民館

信也万歳!

** ayumixちゃん
** 大鶴公民館

コメントありがとうございます!ゴールした時の笑顔は、また格別!また写真、UPしますね♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/273-b971111c

シーカヤッカー 無事生還果たす

6月、大分県日田市在住のシーカヤッカー 堀内氏のアラスカ・カナダ1800キロの旅を支援してきました。 掲載URL http://blogs.yahoo.co.jp/jfugayman2005/5411411.html 支援金はアラスカの風からは皆様のご協力を得て21000円を、無事お渡しすることができました。 そ...

  • [2007/09/15 13:26]
  • URL |
  • アラスカクラブ 「アラスカの風」 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。