広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 ありがとう、おかげさま。誕生日。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう、おかげさま。誕生日。 

 お日様、土さん、風さん、水さん、
 山さん、空さん、海さん、地球さん
 おいしい時間をありがとう。
 今日も元気に遊んでいます。
 いっただきまーす!

食べるものは、口に入るものだけとは限らない。
目に写るもの、耳に入るもの、香るもの、慈しむもの、触れるもの、
6感を刺激する、ありとあらゆる出会いのこと。

出会ってくれて、ありがとう。
つながってくれて、ありがとう。
心に残る笑顔を、ありがとう。

9月5日、
私の命の芽が出た瞬間から、
オギャーと生まれる瞬間まで、
大きな宇宙で抱えてくれたお母さんに
感謝する日。

ソプラノの美声を響かせて
幸せな十月十日を送ってくれたんだね、ありがとう。

「もう少しボリューム上げようか?」
赤ちゃんにも聞こえるようにと、
きっとお父さんは、いい音楽もたくさん聴かせてくれたよね。

初孫だった私を、たくさんの祝福の笑顔でこの世に迎えてくれた
おじいちゃん、おばあちゃん。
私に出会えるまで、皆がどんなに楽しみに待ってくれたのかと思うと、それだけでも泣けてくる。



お手紙や、電話やメールの向こうから、
たくさんの祝福の言葉を送って下さった大好きなみなさん。
私が嬉しいとき、迷ったとき、困ったときに、力になってくれて、ありがとう。

「千の恵みに彩られた千歳の谷から
心いっぱーーーーーーーい  お誕生日おめでとう
すがすがしい朝露の一滴にさえ 千の恵みの彩り
まもなく千の恵みに満ち満ちて
ハイジ色にすっぽり染まる 千歳の谷」


「楽しいこと すし詰め の味わい深い一年になりますように。しょうゆことで、今年もよろしく」
(お寿司と醤油を添えて!)

「うれしい、ありがとう、愛してる。
たくさんの感謝の気持ちをありがとう」
(私も愛しているよ!)

「君が生まれた時、いっぱいいっぱい笑顔が増えたんだ。
 生まれてくれてありがとう」

「お腹いっぱい祝福します!出会えてよかった!ありがとう」
(いえいえ、こちらこそ)

「成長したあなたを、いつも誇りに思っています」
(見守ってくれてありがとう)

「千の恵みを抱いて生まれてきたハイジちゃん。
 ますます恵みを輝かせてね」

「台風で、りんごが落ちちゃうよ~。でもおめでとう」
(青森からでした)

「暑かったこの夏もいそがしく楽しんだことでしょう。
 真の幸せは見つかりましたか。稲刈りの準備ができてるよ」

「僕の本届いたかなぁ?
 竹田で僕たちがやった活動を本にまとめました。
 『創造的な食育ワークショップ』、送りましたよ」
(出版おめでとう!)





そんなわけで、今日は誕生日の森に行って、
小鳥たちの祝福を受けてきました。
「チュンチュン、ピーピーピョコピョコ……」(黒岳の小鳥さん)
「ホーケケケ ピやらら。クルゥゥゥ ピーピヨピヨピヨ」(ハイジ)

…ポ、ポ、ポ ポツポツポツ
  (小雨か?がクレッシェンドして大雨に)
 
ザーザーザーザー
  (登山道が川になる音)

バシャバシャバシャ
  (ずぶ濡れのまま、男池(オイケ)で腰まで浸かり、登山靴を洗う音)

山香のカテリーナの森で手作りした「竹笛」を鳴らしたら、 色んな小鳥がどんどん集まってきて、大歓迎してくれました。

2006年の誕生日、今の会社から内定がありました。
修行の身でありながらも、毎日新しい学びと出会いにあふれた1年でした。

「人間、楽しいことばかりじゃない。
 辛いことも、苦しいことも全部ひっくりめて人間社会や。
 世の中の裏も表も、全部見てやっと一人前なんや」
人間の渋みや切なさに、動かされることもありました。
一見華やかに見えても、裏ではいっぱい汗を流してることを知りました。

季節を重ねるごとに、体験としてしみこんでくる「旬」。
私よりも少し人生経験の豊かな人たちに教わる「季語」が、
ちょっとずつ自分の生活の中に、咲いていく、この感じ。
梅干しや、みそを仕込むのと同じように、
旬に追われる私の手仕事で、ぬか漬けくさくなっていく、この感じ。



また一年、いのちを吹き込まれた野山のように、
色んな風を送り出したいと思います。
どうぞ、よろしくお付き合い下さい。




夜勤明け、きっと目をこすりながら詩を届けてくれた、あなた。
久住山のふもとから、栗のケーキや花束たちと、
朝一番におめでとうを言いにきてくれたあなた。
“遅くなったけど…”と夜中にメールをあなた。
世界各国から、色んな時間でメッセージをくれたあなた。

あなたには、どんな贈り物を想っても 足りません。
だから、私は与えられた時間を 全部包む事にするよ。

あなたがこの世に生まれてくれて、ありがとう
あなたがこの世に存在してくれたおかげで
どれほど幸せを感じ、楽しく嬉しい時間が過ごせたか、わからない
同じ時代、近いところにあなたが生まれてくれて、いてくれて、
ありがとう。

たった一度しかない今日が、
あなたにとっても よい日でありますように。

コメント

2度目のおめでと~
今、ブログに気づいた。

ピーーシャラ、ほーほけきょきょっ?

小さな小鳥笛はじぶこんにプレゼントしました。

また、日本の彼方此方でもっと上手に
鳴らしてくれると思うよ。

  • [2007/09/13 00:23]
  • URL |
  • ごめ(heidiの弟)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

おめでとう。

いつも・いちゅも!!

ありがとう!!
沢山のありがとうをありがとう・・・

これからもよろしく・・・

千の恵みを与えられたあなた、私にもたくさんの恵みを与えてくださってありがとう。

I love you~ :)

Happy Happy Birthday!

神様からの伝言

** ごめちゃん
** Pieer
** ayumixちゃん

ありがとう、ありがとう、ありがとう!
田んぼのあぜ道にはもう、赤い彼岸花が咲き始めました。栗拾いに夢中になったり、自転車で風をきったり、スパイスの香りをかいだり、一瞬の景色を、臭いや風や音や手触りと共に"官能体験"していく この感じ。
ここにごめちゃんや、pieerやayumixちゃんがいることに感謝します。

実はこの1週間、失敗続きのハイジですが、
生きてるだけでまるもうけ
こんな言葉で軽くなってます。

ayumixちゃんから受け取ったこの言葉。
“生まれる前にきいた神様の伝言を思い出そう”
生まれたときのメッセージカード、
思い出してみようと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/271-7f162cec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。