広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 インディアンがお寺にやってくるin東京 (案内)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インディアンがお寺にやってくるin東京 (案内) 

昭和20年の終戦当時、大分市の防空壕で一人世を去った少女「ムッちゃん」がいる。小学生のころ、毎年行われていた平和授業で、彼女の平和記念弁論大会に参加したことがある。今でも祖母に会うときには、戦争のことを尋ねてみたりはする。
それでも遠かった。戦争を知らない私にとっても、遠いものになっていた。

あるジャーナリストは、涙を流しながら訴えた。

「(他紙に)抜いた、抜かれたではなくて、私たちには被爆者の憎しみや哀しみを伝える義務があるんだ」と。

今年5月、米国の友人達が、はるばる原爆ドームを見にやってきた。
大阪から九州に遊びにきた友人が、8月9日には行けないからと、はるばる長崎にお参りに行った。

こんな平和への思いを共にする仲間の一人、山ちゃんが、
伝説のアメリカンインディアンとの交流イベント 「インディアンがお寺にやってくる」を開きます。
戦争と平和について、共に、考え、語りましょう。

日時:2007年8月8日(水) 
場所:東京都江戸川区平井の最勝寺 
内容:
第1部 こどもの部 午後1時開場、1:30~3:00 参加無料(要予約、定員子供30名、保護者同伴可)
第2部 一般の部 午後6時開場、6:30~8:00  参加無料(要予約、定員200名)
予約はメールにてお伺いします。saisyoji@wg7.so-net.ne.jp
WEB:http://www.geocities.jp/manominsingers/070808.html

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/267-c4812c8c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。