広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 Ashes and Snowの深呼吸

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ashes and Snowの深呼吸 

今日は、久々にいいヨガの先生に出会って、とてもいい気持ち。
体も頭もカラ~ッポになって、一つのことに100%集中できたときの快感。
雑念だらけの机の上で、一つのことをしながら、アレもコレもしなければ…と考え、はかどらなかった夏休みの宿題。
スパンッと、潔く集中できた瞬間を、
これからはどんどん味わっていけそうな
そんなレッスンだった。

今夜は、バイオリニストの愛弓さんが贈ってくれた、このアルバムを開きたくなった。


今年春、東京・お台場の大観覧車のそばに、貨物用のコンテナを積み上げて作った不思議な建物ができた。移動式の建物は「ノマディック美術館」。映像アーティスト、グレゴリー・コルベールの作品展Ashes and Snow が開かれた。

http://www.ashesandsnow.org/

深く呼吸をして、まぶたを見つめる。

象に語りかけるようにたたずむ少年

迫力ある象の群れ

クジラと海の記憶に還る彼

ちょろちょろと動き回る朝のトカゲに驚いた私に
「朝のトカゲは幸運の印なんだよ」
と囁いた、三つ編みの人の声がよみがえる。

チーターと瞑想にふける午後

動物と人間が、”自然”という一直線上に

対等に身をおいて、

話をしていたあのころ。

シャッターを切る息づかいの中に、

自然界へのあらゆる畏敬の念が、厳粛に表現されている。

目を閉じて、もう一度深呼吸しよう。

静なる動よ

動なるいのちの輝きよ

自然と共に

Take a deep breath...


フルスクリーンでご覧になりたい方は、
http://www.ashesandsnow.org/ から 「体験する」をクリック。


(注:最初の2分30秒は作者Gregoryさんの英語スピーチです)

コメント

Ashes and Snow

ハイジさん、、お久しぶりなコメントです。

私も「ノマディック美術館」行きました。
今でもその映像は目に焼きついて。。
深い感動と生き物の関わり方や様々な事を思い出します。

個人的に友人との心のすれ違いなど重なってしまった、この展覧会には、
とってもいろいろな意味深い思いがあります。

サウンドトラックは素晴らしい装丁で、、
今も私の宝物。
時々iTunesから流して感動に耽ってますよ!

自然への畏敬の念

** meenaさん **
お久しぶりです!実際に足を運ばれたのですね!羨ましい♪動物寓話が生きていた世界は、早さが物事の価値になる前の社会で、きっと生き続けていると思います。
写真、映像、音楽を使って、このような崇高な世界を再現し、そして浸らせてくれた彼の創造力に深い畏敬の念を覚えました。いえ、彼は気付いた。私たちが蘇らせるべきものは、万物の魂が宿ると言われる自然との対話なのでしょうね。

meenaさんにとって、深い思い出のあるこの展示会。私も巡り合えた一人として、深い感動を覚えました。自分がめくりたいときに、あの本をめくることができる私は幸せです。

いつかmeenaさんの家具に触れることができる日を夢見て。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/264-35f55327

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。