広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 食からの地域再生、竹田と唐津 =金丸弘美先生、1月の来竹より=

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食からの地域再生、竹田と唐津 =金丸弘美先生、1月の来竹より= 

大分県の食育総合アドバイザー・金丸弘美先生が1月21日から3日間、竹田市を訪問した。今回は、1月22日午後、市の社会福祉センターで「農業の現場から」と題して、生産だけにこだわらない、新しい形の農業や食を切り口とした地域再生について、全国の実践例を紹介しながら話をした。

この3日間、竹田市久住町の給食共同調理センターなどを一緒に取材させて頂き、地元の食材を約70%使った学校給食や、子供たちに手間をかけ農薬や化学肥料を使用しない野菜作りをしている堀シゲ子さんの話を聞く。子供の顔を思ったら、とても農薬なんて使えない、と

小学校に野菜を持っていくことを生き甲斐にしている。一方では、市の財政難で、給食センター合理化での調理員外注化のうわさもあり、地産地消とはかけ離れた方向性にいくのでは、と不安な面もある。
※記事詳細→「ゆらちもうれ・第89回 地域の食材で給食作り 大分・竹田」


竹田市では金丸先生の指導のもと、11月に地元の農家も食べたことのない「サフラン料理のフルコース」のワークショップを行った。サフラン生産組合長の渡部さんも、また来年はもっと地域の人に声かけをしたいとのリクエストが出ている。その唐津版が、いよいよ2月7日から始まる。
食と農を連携させた新しい地域おこしの形。おいしいものが大好きなあなた。食についての理解を深めたい人、行政や農に関わる方、是非ご一緒に。

詳細は以下の通り。


===<以下転用>=============
こんにちは、金丸弘美です。
今日は「竹田と唐津と」について

 大分県の竹田市の長湯で温泉に入っている。市の竹田研究所の
方々と旅館組合の好意で、毎回、宿泊施設の異なるところに泊ま
っている。今回は、前から行ってみたかった「ラムネ温泉館」で
温泉に入った。ここは古くからの温泉で、炭酸ガスを含んでいて
ぷくぷくとアワがあがっている。2005年に藤森照信氏によっ
てあらたに建物が建った。温泉は地元の杉材が使われているのだ
が、それがすべて焼いてある。そして間に漆喰を塗って外壁がで
きている。中は漆喰の壁で囲まれている。温泉の建物の周りには
庭があって、実に落ち着いた雰囲気である。

竹田市には県の食育の事業で毎月来ている。2006年5月から
始まって、もう8ヶ月通っていることになる。おかげで多くの素
敵な人たちに知り合うことができた。「食育」を竹田市で行うに
あたって、3つのことを決めた。一つは、僕が全国を歩いていて
きて、各地の取り組みを毎回紹介するセミナーを行うこと。一つ
は、学校給食を始め地域に根付いた食の取り組みを取材させても
らうこと。一つは、食材を使ったワークショップを行う、という
ことである。

とくに行ってみたかったことが「味覚ワークショップ」である。
それも素材から知っていくというものだ。幸い、この企画に賛同
してくれた多くの仲間ができて、いい形での展開ができた。とく
に豆腐やサフランやカボスのワークショップで、素晴らしいテキ
ストが生まれた。サフランから生まれた農家を貸し切ってのパエ
リアのワークショップは、地域での新たな展開となって広がりつ
つあり、農家でも今後、多くの農家に呼びかけて、新たな体験型
のメニューとして実施したいという、方向に広がりつつある。

僕は、竹田のテキストをベースに、佐賀県に頼んで、今回、2月
から始まる唐津のワークショップにおいても、素材別に10箇所
の独自のテキストを作成してもらうことにしている。この思いが
伝わったのも竹田での実績ができたからだ。なぜこんなことをし
ているかというと、素材をきちんと知って欲しいと思うからだ。
今、国では「食育基本法」を法案化し「食の安心・安全」や「食
の文化」などを広げようとしている。また食の海外輸出もにらん
で、各地でブランド作りがうたわれている。

ところが、現場に行ってみると肝心な素材がきちんと理解されて
いない。というのも僕らが食べているニンジンや大根などは、ほ
とんど海外からの種のかけあわせによる一代雑種と呼ばれるもの
で、地域のものではない。野菜の種は自給率28パーセントであ
る。畜産の餌もほとんどが海外からのもの。ブランドを作るにも、
安心安全を知るにも、素材の背景からきちんと把握しておかない
と理解したとはいえない。そこで、テキスト作りと、味わいを知
るワークショップを始めたのである。

もう一つは、小さくとも地域の明確なブランドを作っていきたい
と思っているからだ。というのも、農業の現場では、小さな農家
を集約させて、土地をまとめて、集落で大型化した農業にするこ
と、しかも米や小麦や大豆などを栽培するような方向になってい
る。また若い後継者のあるところに集約化する方向で政策が進め
られている。自給率をあげて生産性をあげるということになって
いる。しかし、こんな政策では、ほとんどうまくいかないだろう。

まず生産だけに目がいっているが、生産だけでは、これまでの流
れとおなじで、生産の下請けにすぎない。いくら拡大しても、う
りあげはたいしてあがらない。しかも山間地の多い日本では、ま
とめようにもまとまらない。肝心なことは、58パーセントが高
齢者で、その高齢者の切捨てとなり、小さな農業の生きがいを奪
ってしまう。大型化したところで、輸入が60パーセントを超え
ている日本では、価格競争にさらされる。また現在のインフラで
は、ほとんが大型スーパーや食品会社の加工にまわる。そうする
と価格を抑えられる。

地方ではスーパーの競争が起こっているが、その競争のしわ寄せ
は農家や加工業者に行ってしまう。しかも郊外外のスーパーは、
地域商店街から雇用をうばう傾向が強い。そんなことから、小さ
くても明確な素材、それも地域での個性があり、自ら値段付けが
でき、自ら販売、加工から、料理までができるような、主体的な
形がのぞましい。そうして地域のレストランや直売所、加工業者
と連携した、地域ならではの食作りを生み出したい。その基本に
テキストをワークショップがある。

来年度も大分県では、食育のアドバイザーの依頼の打診がある。
構想では、大分県全域にテキストを作りワークショップを広めて
いくこと。一方佐賀県でもテキスト作りを行う。この佐賀と大分
のメンバーを中心に交流をしてもらい、そのノウハウをお互いに
連携しながら、より強固なものにしたい。すでにその準備に入り、
これまでの経過を本にまとめることも決定した。これからが面白
い。


唐津市は市町村合併が行われ1市6町2村が一つとなり、呼子、
厳木、相知、肥前、七山、浜玉、鎮西、玄海などが加わり豊かな
風土とさらに美しい風景をもつこととなりました。

地域の食を、新たな料理家や専門家のコラボレーションも踏まえて、
現地の風景とともに全地域10箇所で楽しんでもらおうという
画期的な試みを行います。ふるってご参加ください。

「唐津玄海の食プロジェクト味覚ワークショップ」開催内容


●呼子
2月7日(水) "12時30分~14時30分"
内容:鯨や磯魚(アラカブ、メバル、オコゼ、呼子鯛など)を
使ったフランス料理と甘夏を使ったデザートを味わう
会場:"フランス料理店 「セゾンドール」
住所:唐津市呼子町殿の浦 
電話0955-82-3655
定員:20人 料金:5,000円


●和多田・唐房
2月14日(水) "11時30分~13時30分"
内容:牡蠣を使ったイタリア料理を味わう
会場:イタリア料理店「ワイズキッチン」
住所:唐津市和多田西山3-36 
電話0955-72-8716
定員:20人 料金:3,500円

●肥前
2月24日(土) 12時~14時
内容:魚介類を使ったブイヤベースを味わう
(参加者がシェフのアドバイスを受けながら作る)"
会場:晴気公民館
住所:唐津市肥前町入野
定員:30人 料金:3,000円
・料理人(中江義行シェフ)

●相知
2月25日(日) "11時30分~13時30分"
内容:しいたけの塩焼、しいたけご飯を味わう
しいたけの原木栽培体験つき
会場:相知交流文化センター"
住所:唐津市相知町中山3523-1
電話:0955-62-2011
定員:70~80人 料金:中学生以上は2,000円、
中学生以下は1,000円
・料理人(橋本裕充子さん)
・主催 相知町しいたけ研究会
・問合せ 相知町しいたけ狩り体験事務局
佐賀県唐津市相知町中山3523-1 佐賀松浦地区営農本部
電話0955-62-2011 FAX62-2200

●浜玉
2月28日(水) 14時~16時
内容:デコポンを使ったデザートとハーブティーを味わう
会場:鏡山「ぽんぽこ村」
住所:唐津市浜玉町浜崎2079-1
電話:0955-56-8580"
定員:30人 料金:1,500円
・料理人(中江義行シェフ)

●鎮西
3月2日(金) 12時~14時
内容:魚介類 "魚介類を使った鮨を味わう
(鮨屋の出前サービス方式)
・一口あわび・サザエ・緋扇貝・その他の雑魚
場所:茶苑「海月」
"住所:唐津市鎮西町大字名護屋
電話:0955-82-4384"
定員:20人 料金:5,000円
・鮨職人(つく田)

●厳木
3月3日(土) 12時~14時
内容:佐賀天川産コシヒカリ+漬物 "おにぎりを自分で握りを
味わう・漬物は「からぐろ」を使用"
場所:天川集会所
住所:唐津市厳木町天川
定員:30人 料金:1,000円

●玄海
3月6日(火) 10時~12時
内容:いちごを使った料理やデザートを作って味わう
場所:玄海町民会館
住所:佐賀県東松浦郡玄海町大字新田1809-22
電話:0955-52-6688"
30人 1,500円
・料理人(中江義行シェフ)

●七山
3月7日(水) 12時~14時
内容:わさび、鶏卵 葉わさび、鶏卵を使った料理を味わう
会場:農家レストラン「野の花」
住所:唐津市七山大字滝川1048-3
電話:0955-58-2057"
定員:30人 料金:1,500円
・料理人(橋本裕充子さん)       

●北波多
3月8日(木) 12時~14時(予定)
内容:自然薯、ムカゴ 自然薯とムカゴを使った料理を味わう
会場:東唐津 旅館「洋々閣」
  唐津市東唐津2-4-40 電話0955-72-7181
定員:20人 料金:2,000円
 
★申込・問合せは、相知を除いてすべてくらしの安全安心課
  になります。
    くらしの安全安心課食育担当(西、北村、内田)
    電 話 0952-25-7096
    FAX 0952-25-7327
    メール nishi-hirohito@pref.saga.lg.jp

★なお2月25日(日)は、唐津市中町での車を遮断しての
ファーマーズマーケットの開催も予定しております。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

すごいですねぇ~

地元の食材を約70%使った学校給食か・・・。夢のような話ですね。

アメリカに住んでいると、子供の食生活が本当に心配でなりません。学校給食のメニューが「ピザ」だったり「ハンバーガー&フライ」だったり「グリルチーズ」だったり「コーンドッグ」だったり・・・。最近ではさすがにこの学校給食を見直そうという動きも出てきてはいるみたいですけど。(アメリカの子供の糖尿病率や肥満率が半端じゃないので。)

そんな学校給食を出している学校があるなんてすばらしいことだと思います。アメリカにそんな日が来るのはいつのことになるかな~。その日をただ待つだけでなく、出来ることからはじめようと思い、夏の間は出来るだけファーマーズマーケットで地元で育ったオーガニックの野菜を買ったり、あとは出来るだけ自分達で野菜を育てて食べようと思っている私達です。

食べ物の調和

この前は、格好いい紹介文をありがとう。

沖縄もさすがに冬を迎えてちょっと寒くなってきましたが、自分たちの畑では今野菜が豊富にできて、買わなくても子供たち20人分すべて自前で賄えるくらいです。
トマトなんかも露地植えですが、次々できています。

今日ももぐってとってきた魚が食卓に並びました。こうして島のものでエネルギーをとっていると、体の中でそれぞれの食べ物が協力して僕の体を作ってくれているようで、島がお母さん、僕が島の子供という感じがします。
すごく不思議ですが、島で祈るときは島の食べ物をよく食べて、体がすっきりしていないと、祈りが通らないようです。

最近は、島に持ってきたヨットで毎日のように遊んでいます。体に脈々と流れる航海者の血が騒ぐようです。

食べる調和

** ふさふさ **
いつも書き込みありがとう☆「アラスカの風」設立ありがとう。楽しんでいきましょ~!

** ねーねー親分 **
そうなのです。アラスカの給食って、ヒドイのです。去年取材をしたレポ「米国学校給食の現状1-3」をBLOGに載せていますので、ご覧下さい。同じ米国内でも、常に新鮮な野菜や果物が手に入るベイエリアでは、さすがファーマーズマーケットも盛ん、ベジタリアンも多い地域とあって、学校での食育活動が盛んです。カリフォルニアでは学校の選択が多いので、より安全な給食のために、引っ越す親もいるのだとか。米国の現状はこれからも追っていきたい所です。また情報をお寄せ下さいね。


** ちゃりさん **
トマトができる1月に?!沖縄もさすがに冬ですね~ハハハ(笑)
それにしても、なんと美しい生活を送っているのでしょう。夢のよう…。島が母、自分が島の子供、こんな感覚を持って、ちゃりさん、あきさんと触れあった子供たちが大きくなっていくなんて、素晴らしいことです。自分の島、自分の地域を好きになることが、日本再生の第一歩、のような気がします。ちゃりさんを育み、抱く、偉大なる島の母上様によろしくね。いつかヨットに乗りにいくからね~!

食べ物の調和、今日はとってもよいお話を聞きました!ちゃりさんの言葉には、高い精神性があふれていて、私を豊にしてくれます。ありがとう☆

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/236-65814219

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。