広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 2007年味噌作り申込について =連絡事項=

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年味噌作り申込について =連絡事項= 

親愛なる皆様

今年も、私の味噌作りの師匠・ゆずり葉の大島京子さんから、お味噌の申し込み案内がきました。大豆の不作で、今年はまとまった量が手に入りませんので、米麹のみを例年と同じく、宇佐市の深見さんに<1口=3000円/5kg> で分けて頂きます。

米麹は、大分県北の宇佐平野で育った自然農米。
 深見さんご家族が汗水流して草刈をし、心をこめて作った、
 完全無農薬米を国東の麹屋で仕込んで頂きます。
 発酵どめに使用しているのは大分県米津産の自然海塩「なずなの塩」です。

是非今年も!と言われる方も、初めての方も、
下記の申し込み要領に従い、材料の申し込み手配をお願いします。

お味噌1口は10キロです。
私たちが毎年作る割合(目安)は、米麹:5キロ、大豆2キロ、塩1キロです。割合や材料は自由に変えて頂いても結構です。
申し訳ありませんが、米麹以外は各自手配下さい。
            

            記


1.材料の申し込み・・・1月10日(水)午後6時締切
=====================
   ①必要口数
   ②氏 名  
   ③連絡先携帯・メール
=====================
※一人暮らしの方は5キロ樽での仕込みが可能です。

2.材料費について
1口=6500円から7000円前後(会場費・材料送料込)になる見込みです。味噌作り当日までに、前払いでお願いします。支払いについては、大島さんより別途連絡。

<参考までに・・・2006年分の材料について>
材料(1口=10kg分)/麹5kg:3000円、無農薬大豆2kg:未定、後日連絡。(03年は900円)、長崎五島列島の自然海塩1kg:1200円 
ビニール袋60円、味噌樽400円は各自準備。レシピ20円(必要な方のみ)、会場使用料:実費 


3.味噌作りの日程
花冷えの季節までに仕込みを終わらせるとよいです。それ以降は雑菌が増えるので適しません。

各自・各グループで、お好き場所・日時でどうぞ。
お手伝いのほしい方、是非ハイジまで連絡下さい。
今年も、精一杯 味噌修行させて致します(^^)

初めての方は、2月下旬に、竹田市(志土知の農産加工所)・3月下旬に佐伯市(糀屋本店)でワークショップを行いますので都合があえばご参加下さい。
全国の味噌を集めた、味噌の味比べ・味覚講座も実施します。


4.味噌作りに、是非大切なお友達をお誘い下さい。
2006年は、江戸時代のインスタントスープ「味噌玉」が大流行。
お湯に溶かすだけで簡単味噌汁は、時代の最先端を行く優れもの!
大分から日本各地へ、そしてアメリカにも味噌玉が広がりました。

作る楽しみ、待つ楽しみ、食べる楽しみ、分ける楽しみのお味噌作り。是非、大切な人にもこの楽しみを分けてあげましょう☆
本メールの転送大歓迎。


5.不明な点があれば、本BLOGのメールでお問い合わせ下さい。
来年も合言葉は「お楽しみ様!」
以上、よろしくお願いいたします。

地球と遊ぼう、ハイジの丘協会
Heidi

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/227-06ed571a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。