広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 大地と音楽とお茶の集い~11月12日「地球芸術文化祭」のご案内~

大地と音楽とお茶の集い~11月12日「地球芸術文化祭」のご案内~ 

2006地球芸術文化祭
△フライヤー イメージ 落葉を踏んだらダンスにしよう

風と太陽の音楽奏者Baobabと、祖母山麓の神社にある樹齢600年のトチノキのおしゃべり。 深まりゆく秋の真中で、森の落葉を踏みながら、竹田の湧水が奏でるお茶のルーツをたびしましょう。

いつ? 2006年11月12日(日)     
午後1:30~4:30

どこ? 竹田市神原の健男霜凝日子神社(タケオシモコリヒコ)    境内のトチの樹下
雨の日は?神の里交流センター「緒環」(おだまき)    
竹田市神原1931番地 
TEL:0974-67-2288

いくら?
前売 大人2000円、小学生1000円、幼児無料(当日は200円高)

なになに? Baobab(バオバブ)コンサート---第1部1:30~、第2部3:20~東京出身。大分県杵築市山香町で自然農を営みながら、チェンバロなどの古典楽器の研究製作をしている兄・松本未来(ギター&ボーカル)、妹Maika(フィドル&ボーカル)の兄妹ユニット。 松本家ってこんなところ! ”カテリーナ古典楽器研究所”(「Vient」おおいたの風vol13号より)

◆“世界のお茶”のルーツを探る森林カフェ
----2:30~専門インストラクターによる、世界のお茶の味覚講座。心とからだが喜ぶ「森のおやつ」つき。

○「カフェ緒環」・・・地元で摘んだ薬草茶と、緒環食部会のみなさんによる“こびり”(おやつ) ○「甘味茶屋」・・・日本茶インストラクター・県産茶普及員の佐知志保さんが、お茶の歴史的背景やおいしい日本茶の入れ方を指導。“大分県にもこんなおいしいお茶があったのよ!”

○「Ouef cafe」・・・別府市でカフェ・紅茶教室を営む、フードコーディネーター・紅茶インストラクターの小島麻里子さんが、実際に現地を訪れ、セレクトした無農薬の“スリランカ”紅茶と、カフェの定番・木の実のおやつをご披露。

○「野だて」・・・ヨット乗りの柳典文さんがお手前を披露してくれます。先着20人。


◆ 木の実で笛作り
トチノキの実や、どんぐりを拾って、音を鳴らしてみよう。道具(キリ)はこちらで準備します。
◆ アイリッシュダンスのワークショップ
  -- 3:10~ Baobabを兄姉にもつ、松本家の次女・松本ミンナさんが落ち葉の上でアイリッシュダンスを披露。みんなで一緒に踊ろうか?

皆様のお越しを、スタッフ一同、心よりお待ちしております。
主催:地球と遊ぼうハイジの丘協会
共催:食育ネット
後援:NPO大分県芸術文化振興会議、大分合同新聞社
協力:緒環食部会、大分県食育コーディネーター

コメント

素晴らしい!!

俺も行きたいなあ。

心は参加します。

その日は素晴らしい日になります。

旧暦9月22日、明治天皇の誕生日。
(詳しくは俺の日記を見てね。)

来年のEarth Day Run待ってるよ!

じゃあね。

インラケチ!

エイサー

** Gariくん **
嬉しいなぁ!本当に。
Earth Run、お楽しみ様でした!結果は大学院試験が終わったら、またゆ~っくり聞かせもらいますわよ!

今月中旬、地元の神社で神楽を見て感動し、どんなお金をかけたイベントも、地域性や歴史にはちっとも叶わないなぁ~と思いました。このコンサートをする神原の神社は、なんだか神秘的…!チャリさん、あきちゃん、Gari吉君、きっと好きだろうなぁ、とニヤリ^.^ 日ごろからチェンバロを作ったり自然農をやっているBaobab、彼らのスタイルにぴったりなのです!

Gari吉さんのEarth Run報告を読んで、
神社の掃除は特に念入りにしようと思いました。それから那覇でエイサーを習っている小3の男の子が、つい10日前、国東半島の大田村で力強く雄壮なエイサーで、私たち大人を魅了しました。本当に素晴らしかったの。まるでGari吉君がprayしてくれた時のように、素晴らしい気持ちになりました。ここでもつながれていたことに感謝します。
沖縄県民のために、試験、がんばってちょ☆

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/217-13964005