広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 Ode to Joy (ベートーベン・第九)を歌う

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ode to Joy (ベートーベン・第九)を歌う 

Praising joy we raise our voices, joyful music fills the air,
Filled with joy he world rejoices as our song rings everywhere.
Joyful feelings bring together all that sadness pulls apart,
Every man will be our brother when true joy is in our hearts!


世界中で第九が鳴っている。
この町も連日、音楽会やクリスマス・パーティーで賑わっている。
Celebration of JOY concert

△音楽会で挨拶を述べる教諭。
左手に32人編成のオーケストラ、右手に児童ら約200名が並ぶ。

今日はマックニール・キャニオン小学校(McNeil)のクリスマスコンサートに足を運ぶ。

緊張した面持ちで、最初に5・6学年による管楽アンサンブルがステージに並ぶ。続いて、幼稚園児による歌と鍵盤楽器の演奏、2~6学年による歌とリコーダーの演奏で第九。独語の歌詞を習ったが、英語にすると、こんな内容(タイトル下)だと知った。
子供達は、カーネギーホールのウェール音楽院よりレイチェル・ソコロウ女史を指導に招き、リハーサルを重ねた。最後に32人編成のオーケストラと小学生全員による"A Simple Melody"の大合奏で、客席から拍手が湧き上がった。

この音楽会の素晴らしかったことは、
まず、写真にもあるステージの舞台セットに描かれたオーロラと星の絵。アラスカの子供達は、心にオーロラを持っている

次に、企画の素晴らしさだ。子供達に本物の演奏会形式、雰囲気を体験してもらうことだ。私が通った1学年5クラスの小学校と比べると、演奏技術は決して高くはない。しかし、黒と白のコンサートドレスに身を包み、オーケストラと一緒に演奏をする。特別に音楽教室に通っていない子供でも、本物の体験ができる、という訳だ。

オケの楽団員へのプレゼント

△演奏会後、オーケストラ団員へのお湯呑みプレゼント。もちろん子供達の手作りだ。この町には、たくさんの陶芸家がいるが、小学生おは思えぬこの作品達!お見事でした。

クリスマスデザートのポットラック

△この時期の音楽会には、つきもののクリスマス・デザート。
写真中央のジンジャー・ブレッドは、この季節ならではのケーキだ。
出演者がクリスマスのデザートを持ち寄り、時には演奏を楽しみながら、もしくは演奏会後に、パーティーが行われる。
ジンジャー・ハウス、あのお菓子の家も、この時期にはつきものだ。

▼私も週末から、キャロル巡業を始める。7人編成のアカペラグループで、町中のクリスマス・パーティで歌い、会場を盛り上げ、風のように去る、という待ちに待ったイベントだ。公演予定数18回。
クリスマスの歌は、数年前に「熟女ズ」のクリスマス・ライブで歌ったっきり。熟女ズ、なんて名前だけ聞くと、とても怪しいですが^^; 大分市の大御所ロックシンガー、ルーシー&ケイを中心としたグループです。大分にお住まいの皆様、2人の歌は絶対見逃せませんよ。

コメント

そうそう!クリスマスキャロル

Heidiさま、ふたたびこんばんは。

すいません

間違って送信ボタン、押してしまいました。すいません。

 こちらは氷点下24℃。もうカオとか手とか露出している部分がイタイです。

 ところでワタシもデラウェアにいた頃に通っていたバイブルスタディでゲリラ(?)キャロルの片棒を担いでおりました。スタディの主催者、Jimの手引きでその辺の近所の家の前でクリスマスソングを歌うのです。あのときも寒かったな~。でも今ほどじゃないけど。

 大分の大御所ロックシンガー、ルーシー&ケイ。残念ながら逃してしまいました~。それでは~

寒さ比べ モンタナvsアラスカ

>cooyou 様
氷点下24度とは殺人的・・・。きっと空気は乾燥してて、全てが凍り付いている。体感したことがないので想像がつきませんが、毎日温度計を見るのが楽しみ、でしょう?(笑)
アラスカもホーマーやコディアックやキナイ半島のように温暖な地域は、寒さ比べの対象外ですね。
ちなみに平均最低気温を調べてみました。
フェアバンクス;氷点下22度(平均日照時間06:19/Dec)
バロー;氷点下28度(平均日照時間02:37/Dec,00:00/Feb)

だからホーマー人は、フェアバンクスに行きたがりません。あの町を通過するだけで、車のタイミングベルトが切れるとか。バローで毎月3週間石油発掘会社のエンジニアをしているBobは、何事もエンジンを停止しない、と言っていました。モンタナもこんな感じですよね、きっと。ちなみに家は温かいのでしょうか?蒔き暖炉は使われていらっしゃるのでしょうか?

ゲリラキャロルは、外でもやるんですね!初回は金曜日のWellsfargoのパーティでした。ケイ先生にきたわれた甲斐あり、のびの~びと歌えましたが、歌詞を早く覚えねば。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/146-22e0a76b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。