広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 双美おばあちゃんの味噌づくり2

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双美おばあちゃんの味噌づくり2 

糀を仕込んで6日目。
ふわふわの綿毛のような「米糀」(こめこうじ)が完成しました。
今年のお米は、祖母山麓の農家民宿・サリモスの後藤清幸さんが栽培した「合鴨米」です。
ふわふわの米糀


2月18日、竹田市志土知の農産加工所で味噌作りのワークショップを開きました(食育ネットなど主催)。参加したのは県内外から親子3世代、16人。毎年楽しみにしてくれているお父さんも。
ふっくら炊けた幻の小判大豆
ふっくら炊き上がった幻の「小判大豆」。岡藩から門外不出の品種で、種を持つのは市内数軒の農家のみ。河野ちよみさんが自然農法で栽培してくださったもの。

米糀と小判大豆、自然海塩をよく混ぜ合わせる
米糀を手でほぐし、小判大豆に自然海塩を加えてよく混ぜます
米糀と小判大豆、自然海塩を混ぜてすりつぶす作業
今年、加工所で新調したばかりという、かくはん器で、材料をペースト状にします。
味噌を丸めて、樽に詰める親子ら
ペースト状になった味噌を丸めて、空気が入らぬよう、樽に詰めます。

もちろん、この後は、佐藤家のこたつを囲む家庭料理大集合!
パワーある食材が集まりました。 

このワークショップも9回目。
以前は、大豆の由来や、味噌の作り方など、テキストを配布していたのですが、
近年は、常連参加者が新人に教える、という「口伝」スタイルになっています。
農業の実践者であり、台所を守るお母さんたち、
食や環境、農への意識の高い参加者の姿勢に、
私が学ばせて頂くことばかりです。


先週、双美ねぇさんと糀をねせながら、
「お味噌作りって、自分の幸せの価値観を、皆と共有できる時間のことね」
という話をしました。
だから私の味噌汁は、具沢山ばかりでなく、


大~好きな仲間との思い出がたくさん詰まってます。
本当に、ありがとう。 

120218味噌仕込み 

△「MY手前味噌」を前に、ハイ、ポーズ!待つのも、食べるのも、分けるのも、私たちの楽しみです。

コメント

インフルにかかるとは・・・らしくない。

でもこういうイベントに合わせて復調するとは、さすがはハイジ。
取りあえず、復調おめでとう(笑)

さてさて、我が家は昨今のブームに乗っかって「塩麹作り」が開始されました。

3・4日前に初チャレンジ。そして今日・・・今現在2回目の炊飯ジャーを占拠した甘酒作りをしております。

10時間近くかけて発酵させるので、炊飯ジャーは使えないから、今日の夕飯はレンジで「チン」かな。

今日のランチはリクエストに答えてくれた「塩麹パスタ」。
味はまだまだ商品化も紹介もできる味ではありませんでした(苦)


体調には充分注意しながら活動されてくださいな。

塩麹ブーム

** ヒロ兄さん **
双美ねぇさんの手料理を食べて、しっかり回復。初体験でしたが、病人の気持ちもわかるというもの。皆様の優しさがう~んと身にしみました。

ヒロ兄の台所も麹ブームですか♪
我が家でも塩を振る代わりに、塩麹。弟も塩麹レシピのワークショップを開くほどのハマリよう。

「塩麹パスタ」も、コクがあって美味しいに違いありません。佐伯の浅利妙峰さんが、オリーブ塩麹も発売してましたものね。チョコレートも塩麹を隠し味にすると、胸焼けしませんよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/1318-05ec93b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。