広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 アラスカ北極保護区での石油掘削に関する論争

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラスカ北極保護区での石油掘削に関する論争 

1990年代、大統領ジョージ・H・W・ブッシュのエネルギー法案は北極野生生物保護区での石油掘削を認るものだったが、民主党上院議員が議事妨害をして投票を阻止した。1995年、共和党は巻き返しを図るが、大統領ビル・クリントンは予算案について拒否権を発動し、今後ANWRを開発することを許すいかなる法案にも拒否権を使うことを明言した。掘削賛成派はANWRには160億バレルの原油埋蔵量があると主張したが、これはアメリカ地質学研究所の調査の最も埋蔵量が多い場合のデータであり、技術的には5%しか掘削できないということが分かっている。反対派は30億バレルしかないと言っているが、調査の最小埋蔵量34億バレルより過少評価されている。

アメリカ地質学研究所の報告の要旨は、ANWRには以前に考えられていたほどの石油はなくしかもそのほとんどが州西部のカニング川近くのセクション1002地域に集中しているというものだった。アラスカ西海岸産の原油価格は1998年の1バレル12.54ドルから2000年9月には37.22ドルに跳ね上がったためクリントンは戦略備蓄石油を放出した。ゴア副大統領はカニング川沿いの採掘を拒んだが、石油ビジネスの経験者ジョージ・W・ブッシュとディック・チェイニーは1002地域での掘削を頑固に唱え続けた。2000年12月、沿岸警備隊はアリエスカ社がバルディーズ港で繰り返し安全基準違反を犯していたと告発し、原油の値段は再び跳ね上がった。同年半ば、下院は採掘を認める法案を可決したが、2002年4月上院によって否決された。2005年3月法案は再び下院に提出され可決された。上院は2006年度予算の一部として採掘のための基金を作る法案を2005年3月16日にすでに可決していた。2005年11月3日、上院はアラスカでの採掘を認めた。しかし、11月10日の採決で、下院は共和党穏健派の支持を失うことを恐れてANWRでの採掘を許可する条項を削除した。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




▼アラスカの石油開発について、こんなメールが届いています。
(ご参考までに)

<以下、メールからの転用―>
NRDCアクション基金サポーターの皆様、
ブッシュ政権と議会のリーダーたちは恥ずかしげも無くアークティック・レフュージを石油業界に引き渡す新たな口実に、ハリケーン・カトリーナの悲劇を利用しようとしています。メキシコ湾岸では(ハリケーンの影響で)いまだ膨大な量の石油漏れが多大な被害を及ぼしているというのに、わが国の政治家たちはわれわれのもっとも貴重な野生動物のサンクチュアリーを石油会社のロビーの手に渡そうと躍起になっているのですから、信じがたいことです。

アメリカのエネルギーの効率的な利用を進める―これこそわが国のエネルギー確保と石油供給不安を払拭する最短の方法なですが―かわりに企業による自然遺産の攻撃にまたも加担しようとしているのです。
この国家的悲劇を利用しようとしている事実は、皮肉にもほかのどんな事よりも明白にブッシュ政権の“汚染者”優遇のエネルギー政策(19世紀の石油富豪が作り出した)の破綻を示唆しています。
いままで5年間にわたり石油業界を優遇してきた結果は、ガソリン価格の高騰を招き、われわれを石油不足に対してさらに弱くしてしまいました。石油流出事故や大気汚染、国民所有地の略奪、そして危機的な温暖化は言うに及びません。
皆様と私は、アークティック・レフュージを大統領の失策の次の犠牲にしてはなりません。

この2,3週間のうちにも、議会はアークティック・レフュージの掘削を認めることになる修正予算案に白黒つける投票をすることになります。
皆様にはこの法案を否決するために全身全霊をつくしていただきたい。
もし既にあなたが5人の友人にこのこの努力の緊急性を伝えたのなら、さらに5人の方を動員してください。

http://www.nrdcactionfund.org/redfordarctic/tellafriend.asp

また、NRDCアクション基金が、鍵になる州の人々を動員するために新聞広告など出せるように寄付もお願いしたい。

https://www.nrdcactionfund.org/arcticad/donate.asp

そして皆様の地域を代表する議員に手書きの手紙を送ってください。

http://www.nrdcactionfund.org/redfordarctic/arcticvoters.asp

出来る限りのことをしてください。われわれが過去30年にわたってなんとか守ってきたあの美しき大自然は一日して失われてしまうかもしれないのですから。
われわれがこの戦いに勝利することは可能です。しかしそれにはわれわれ一人一人の力を合わせ、議会に圧倒的な圧力をかけなくてはなりません。それを可能にするために私と力を合わせてください。

心をこめて、

ロバート・レッドフォード
NRDCアクション基金

======================
以下、原文です。


Dear NRDC Action Fund Supporter,

The Bush Administration and Congressional leaders are shamelessly exploiting Hurricane Katrina as the latest excuse to hand over the Arctic National Wildlife Refuge to the oil industry.

Given the massive oil spills still devastating the Gulf Coast, it defies belief that our leaders are rushing headlong to hand over America's greatest wildlife sanctuary to the oil lobby.

Instead of making America more energy efficient -- the fastest way to meet our energy needs and avoid oil supply shocks -- they would sponsor yet another corporate raid on our natural heritage.

This cynical exploitation of a national tragedy has revealed, as nothing else could, the complete bankruptcy of President Bush's pro-polluter energy policies -- policies inspired by nineteenth-century oil barons.

Five years of coddling the oil industry has given us higher gas prices and left us more vulnerable than ever to oil shortages -- not to mention oil spills, air pollution, despoiled public lands, and catastrophic global warming.

You and I must not let the Arctic National Wildlife Refuge become the next preventable casualty of this president's failed policies.

Within the next few weeks, Congress will cast its make-or-break vote on a Budget Reconciliation Bill that would allow oil drilling in the Arctic Refuge.
I urge you to pour your heart and soul into defeating that bill.

If you've alerted five friends to the urgency of this effort, mobilize five more:

http://www.nrdcactionfund.org/redfordarctic/tellafriend.asp

Make a donation so that the NRDC Action Fund can run ads mobilizing the public in key Congressional districts:

https://www.nrdcactionfund.org/arcticad/donate.asp

Write a personal, hand-written letter to your Representative:

http://www.nrdcactionfund.org/redfordarctic/arcticvoters.asp


Please do what it takes to win. Because all the beauty and wildness we've worked so hard to protect over the past 30 years could be lost in a single day.

We can win this fight, but only if we build overwhelming public pressure on Congress one person at a time. Thank you for joining with me to make it happen.

Sincerely,

Robert Redford
NRDC Action Fund


==追記:2006年1月4日==
『米上院、アラスカ州油田解禁を阻止』
(2005.12.22 CNNニュースより)

ワシントン──米上院は21日、アラスカ州自然保護区(ANWR)の油田開発解禁条項を盛り込んだ国防予算案の審議打ち切り動議を採決したが、打ち切りに必要な60票に3票届かなかった。

ANWRは原油埋蔵量が100億バレルと見られており、開発はブッシュ政権のエネルギー政策の最優先事項に位置付けられている。しかし今回の採決結果は、油田開発が野生動物に悪影響を与えるとした環境保護活動家の主張を結果的に支持する形になった。

共和党のスティーブンス上院議員(アラスカ州)は、ハリケーン被災者への支援や国境警備の強化などを規定した予算案に、無関係の油田開発を盛り込むことを提案。これにより上院議員らは油田開発か、国防および人道支援への反対が及ぼす政治的影響を重視するかの選択を迫られた。

民主党議員と一部共和党議員は、提案が審議を遅らせたとしてスティーブンス議員に強く反発。審議で油田解禁反対派を主導した民主党のキャントウェル議員(ワシントン州)は、共和党の戦術に妨害されないことで民主党が合意していると強調していた。

採決結果を受けてフリスト上院議員(テネシー州)など共和党指導部やスティーブンス議員は、今後の対応の検討に入った。

アラスカ州の油田解禁を25年間求めているスティーブンス議員は、「この問題が審議されるたびに、少数派に議事を妨害されてきた」といらだちを表明した。

以上

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/125-7e42c68a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。