広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 河井寛次郎記念館

河井寛次郎記念館 

登窯・河井寛次郎記念館
「此世は 自分をさがしに来たところ
此世は 自分を見に来たところ」 by 河井寛次郎

「人高天高」河井寛次郎記念館
9月とはいえ、残暑の残る京都。鍵善の「くずきり」で涼んだ後、大正から昭和の時代に活躍した陶芸作家・河井寛次郎(1890-1966)の自宅兼工房跡である記念館(京都市東山区五条坂鐘鋳町)を訪ねた。
一番マッチしたのは、お尻にピタリとフィットする重厚な木彫り椅子。
力強い造形と書、時に釉薬のとろけるような優しい色づかいが印象的だった。


■参考リンク
京都MUSEUM紀行。第二回【河井寛次郎記念館】

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/1242-5695380c