広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 第1回久住高原国際マラソン&ウォーキング大会

第1回久住高原国際マラソン&ウォーキング大会 

仕事に行ったら、ゼッケンが用意されていた・・・(笑)「第1回久住高原国際マラソン&ウォーキング大会」
ラン10キロの部@久住マラソン.JPG
自転車でしか走ったことのなかった久住高原。スタート地点の標高は711m、折り返し地点は同942mで高低差231mの過酷なコース。登りはきつかったけど、折り返し地点からの下りは、ぽっかり浮かぶ阿蘇久住の草原と、阿蘇五岳を眺め、実に爽快なジョギングでした。

久住町で欧風料理宿オーベルジュコヤマを営むオーナーシェフ小山さんから構想を伺ったのは、昨年夏のことでした。小山さんは、国内外の多くのマラソンやトライアスロンレースに出場した経験から、、「久住高原アスリート構想」を掲げて、手作りのマラソン地図の制作や大会の実行委員会設立に尽力されました。
名誉会長の村山元首相と@久住マラソン
△実行委員会・名誉会長は元首相の村山富市さん。
来年は仮装部門も。大分大から手伝いにきたキャシー?
△来年も、仮装ランナー&ウォーカー歓迎だそうですよ。

大会実行委員の皆様、最高に素敵な時間をありがとう!
どうぞ、タイムにとらわれず、思い思いのスピードで、久住高原の”風”を堪能しにお越し下さい。
ススキの穂が開き始めた久住高原@久住ワイナリーより

■参考記事
自然満喫1000人が汗 第1回久住高原国際マラソン(西日本新聞)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/1239-bc7b27ec