広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 「地域からリーダーを育てる」久原正治

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地域からリーダーを育てる」久原正治 

BBIQのモーニングビジネススクールで、経営学博士・久原正治先生の講義「地域からリーダーを育てる」が聞けるのでご紹介します。

▼2011年02月17日 10:00
地域からリーダーを育てる(1)(経営学/久原正治)

地域が発展することは、そこでリーダーを生み出していくことにつきるのではないかと思いますが、まずリーダーの役割について考えましょう。

リーダーの役割は、周りに夢を与えて組織を引っ張り、それを通じて新しい文化を創造することです。ソニー、ホンダ、松下でも、創業者の文化は、強いリーダーシップの中から出てきました。

そこで、地域からリーダーを育てるということですが、地域も1つの組織であり、全体としてまとめ、夢を与えて引っ張っていく松下幸之助のような人が地域に出てくる必要があります。それにより地域の文化が体現されていくことになります。リーダーが組織の器を作る訳ですが、組織の器はリーダー以上には大きくならないので、
リーダーを育てることで組織、つまり地域や企業が育つことになります。

地域には、色々な段階のリーダーが考えられますが、中小の商店の経営者も自分の店のリーダーですし、商店街を全部まとめている人もいれば、NPOで町の行事をまとめている人もいます。中小企業の経営者もいます。
そういう各段階の複数のリーダーを育てることで、全体をまとめるリーダーもその中から出てきます。これを、周りで育てることが大事です。若い人でないと、これからのリーダーにはなれませんが、若い人は経験がないので、
経験がある人が若い人を育てるということになります。

リーダーには3つ必要なものがあります。
まず、組織のリーダーとして必要な知識とか理論は前提ですが、
2番目に、使命を語る志が大事です。
最後に感性が必要です。この3つがないとリーダーは育ちません。

ビジネススクールでは、従来経営理論を中心に教えていましたが、最近これを見直す動きがあり、理論だけではなく志と感性も教えようとしています。例えばハーバード大学のクラーナー教授は、研究を重視します。
研究が世の中に役に立つので、研究者が教育を変えていくと言っています。
マギル大学のミンツバーグ教授(Prof. Dr. Henry Mintzberg)は、経営では実践が何より重要だと唱えています。単なる教育では、実践は学べません。UCLAビジネススクールの女性学長で有名なオライアン教授は、理論と感性の両輪で教育することを重視し、カリキュラムをそのように変えています。このように、アメリカのビジネススクールは変わってきています。世のため人のため様々な問題を解決するために、ビジネススクールで学んだことを活用していくというようになってきています。

地域の若者をリーダーに育てるためには、環境、老人、健康、医療などの問題、あるいは世界の中で抑圧されている社会の改革といった問題を解決するという明確な志を持って、アントレプレナーシップ活動を実践することが必要です。最近ソーシャルビジネスという言葉がよく出てきますが、ソーシャルな問題に目を向けるとビジネスチャンスがみえてくるでしょう。そこで、若い人と経験の融合が非常に大事になってくるのですが、2月19日から3月5日まで久留米で、久留米大学主催のベンチャー育成講座を開催します。これは高齢化社会の中で高齢者と若い人がビジネスチャンスを求めて一緒に新しいものを作ることで地域を活性化させる
という目的です。私は2月23日に、高齢化社会における地域振興とベンチャーについての講座を担当します。

こういう企画が出てきた背景には、六ツ門商店街という久留米のさびれた商店街の活性化の問題があります。たとえば、そこで東大の都市工学の若い学生と先生が活性化に取り組まれているのですが、学生たちは色々な面白いことを考えて出してきました。卒業後も、東京の会社に勤めながらボランティアとして、商店街の空き部屋をルームシェアして若者同士が一緒に住んで、商店街の中に住んでいるお年寄りと協力して、何かを生み出すという活動を行っています。こういうことが、これからの地域の再生に必要なアントレプレナーシップの例になります。

MP3で聴けます→http://bbiq-mbs.jp/podcast/mbs110217.mp3

久原正治先生セミナー@BBC

▼2011年03月14日 10:00
地域からリーダーを育てる(2)

前回、組織はリーダー以上には育たないから、リーダーを育てることが大事だとお話しました。今日はリーダーシップと組織の関係で創業者の文化、つまり組織文化が企業にとり非常に重要だというお話しをします。

創業者の文化が、受け継がれていくと企業文化になるのですが、創業から中堅企業、大企業に育つとともに、当初の組織文化から変化していきます。企業が官僚化するなど成熟し過ぎると企業は駄目になりますから、企業には、創業者の文化を見直す、組織の革新みたいなことが必要になってくるでしょう。

そこで起業家リーダーの例として、若い創業したばかりのリーダーの話と、既に色々なことを成して九州のリーダーといわれる人の話を紹介して、リーダーシップと組織文化をご理解いただきたいと思います。

先日アカデミー賞の関係もあり、ソーシャル・ネットワークという映画が非常に評判になりました。19歳のザッカーバーグという人が、ハーバード大学の中からフェイスブック(Facebook)という会社を立ち上げました。映画で彼はオタク的に描かれていましたが、実は非常に長期的な志をもってフェイスブックを作り、あっという間に時価総額5兆円といわれる会社に育ちました。創業は2004年で、創業してわずか6~7年ですから、本当にすごいことです。

彼は世界が透明になればなるほど、より良い統治がなされ、より公正な社会ができるという志をもって、会社を立ち上げ、それを自分で成長させようとしました。その過程でその考え方に合わない人は友達であっても切っていく一方、非常に優れたメンターともいえる、経験豊富な年配者を周りにおいて、志を達成しようとしました。どんどん外に出て行かないと、そういう人と出会えないのですから、彼は決してオタクではありません。彼は会社の経営支配権を維持し、取締役5人の内3人を選んでいます。

まず1人は彼自身ですが、2人目はドン・グラハムという70歳位の有名なワシントンポストの創業者ファミリーで、未だにファミリー文化を継承してワシントンポストを優良な企業として経営し続けています。
もう1人は、ネットスケープ(Netscape)という会社を創業したマーク・アンドリーセン。シリコンバレーで何度も新しい企業を作った人です。まだ40前後なので日本的にいえば若いのですが、シリコンバレーではかなりの年季が入った経験者と言えます。

この3人で取締役会を主導的に運営し、それぞれの良さを引き出せる体制をとっています。つまり創業者ザッカーバーグの理想を、確固とした経験のある経営者陣で支えて企業を長期的に発展させています。株主は、短期的な思考になりがちですから、株式も公開せず、夢を実現するために当初のリーダーシップを創業文化と共に育てていこうという1つの例です。ザッカーバーグは創業した目的はお金ではないといっており、時価総額で1兆円位の自己資産を持っていますが、半分はニュージャージー州の教育システムに寄付すると言っています。

次に、経験者深いリーダーとして、これは福岡の人だったら皆さんご存知の四島司さんを取り上げてみます。四島さんは86歳ですが、2月に九大で200人の学生に講演をしていただきました。このとき、20歳つまり自分の4分の1くらいの年の学生に、自分の殻を破って新しいことに挑戦せよ、30歳位から育つ人は日本一になれるのだ と話しました。例えば福岡では、ロイヤル、ベスト電器、三井ハイテックのリーダーは皆30歳ごろから四島さんと一緒に育っていったのです。人が育つから会社も育ち日本一になったのだと学生に語りました。

他の米企業の例を見ましょう。例えば、グーグルも新陳代謝をうまくやっている企業で、日本では新しいベンチャー企業のように思われていますが、アメリカでは、すでに10年以上経った中年の企業なのです。創業者がシュミットという経験者をCEOとして雇っていましたが、従業員が24000人にもなり、大企業化する恐れがあるので、もう一度創業者がCEOに戻り、創業者の文化を再度入れることで、当初のアントレプレナーシップを取り戻そうとしています。

他に、アップルが有名ですが、70年代にスティーブ・ジョブズがマイクロソフトと一緒に、パソコンの世界で色々な新しいことをやりました。ところが途中でスティーブ・ジョブズがやり過ぎだと株主からクビにされ、色々な人が外部からCEOとして来たけどうまくいかないので、そこで彼が97年に戻ってきて、iPod(アイポッド)、iPhone(アイフォン)、iPad(アイパッド)を売り出し、アップルの業績は大幅に回復しました。これはリーダーシップと創業者の文化が、いかに大事かということを示しています。

podcastで聴けます→http://www.podcasts.jp/episodes/%E5%9C%B0%E5%9F%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%92%E8%82%B2%E3%81%A6%E3%82%8B-2-%EF%BC%88%E7%B5%8C%E5%96%B6%E5%AD%A6%EF%BC%8F%E4%B9%85%E5%8E%9F%E6%AD%A3%E6%B2%BB%EF%BC%89-14209235.html

(出典、BBIQモーニングビジネススクールより)

コメント

>リーダーには3つ必要なものがありま>す。まず、組織のリーダーとして必要>な知識とか理論は前提ですが、
>2番目に、使命を語る志が大事です。
>最後に感性が必要です。この3つがな>いとリーダーは育ちません。
もうちょっと経験を積まないと、断言できないのですが感性的な要素が一番大事な気がします。リーダーは実務者である必要は必ずしもありません。リーダーは未来性をもった言葉を持つ人というのが自分の定義であり、実務者として有能である必要は必ずしもないという見解であります。有能な実務者の部下の意見・見解にGO/NO GOの妥当な判断を下せるくらいの多少の知性とたっぷりの感性が大事かなと思います。

多少の知性とたっぷりの感性

** 若造さま **
若造さまに同意します。組織はリーダー以上に大きくはならない。故に、明確でイキイキとした未来像を語る、志を持ったリーダーは魅力的です。

OL時代、鬼上司(所属部長)の口癖が「仕事の感性を磨きなさい」でした。どれだけ、色んな社会の変革や業務の改善点に気付けるか、という意味だったのでしょうか。社員の旅費精算を担当していた私の実務に、事細かに改善点を指摘されたことがあり、こういう実務者レベルのことすら出来るのか!と驚いたことがありました。

言っている事は大変分かりますし、同意する所もありますが、
根本的な大きな問題に関して疑問に思う事があります。

自分は先日、「君の話は全て世の中がどうやったら平等になるか、が前提で哲学分析してるね」と指摘されたんですが、
まさしくこの部分を問いたいです。
自分がアメリカで実際に見ている経営サイドの育成を見る限り、最終的には
「自分がSocio-economically advantageousな立場に立つ」と言う事が前提です。
なので、necessary inequalityが発生します。
資本主義はもちろんそれを肯定したparadigmですから、
このinequalityは「equal of opportunity」を元に正当化されてます。
が、実際にみんなスタート地点はequalなのでしょうか??
先進国ー後進国、bourgeois-proletariat-pauper、貴族ー平民、haves-havenots、
今までの歴史の中でスタート地点が一緒だった事は一度もありません。
「スタートラインが一緒で、のちはその人の頑張り次第」という資本主義の競争擁護には矛盾がある事は、前々から指摘されてます。
結果、優劣がつきます。
まず、土台が優劣ありきのparadigmの上に、
「リーダー育成」は結局は優劣が更につく事になります。
それでいいと思うconservativeが主流のアメリカでは、未だに人種差別と職業差別で問題が山積みです。
「リーダー」の存在は、問題解決ではない気がするどころか、
結局は「優位な立場の人種(capitalists)のグループに入りたい」という倫理を植え込んでしまいます。
Leader(導く者)という考えが、今のcapitalismの暴走を生んでいます。
Socratesはこの点で、Elitismに対するskepticismを持っていたのです。
今の社会が言っているLeaderはelitismの育成から脱却出来ていません。

向上心と言う点では、重要な事ではありますが、
この向上心は「優位な立場のグループに立つ」「一番になる」為のpragmaticな向上ではなく、
精神的な向上であるべきであると思います。
それは、今過剰資本主義の中で行われている
practical survivalismの中ではほぼ不可能な事です。
急がば回れ。
人間は目に見える物に惑わされます。
そうすると、前しか見れなくなります。
humbleである事、他人と競争しない事、
アメリカはその点が欠けている為に、
今の様に一攫千金で利益をむさぼれるチャンスがあるのです。
それに日本も追従するのか?
国益、国際競争、個人の生活、
色々なものが天秤にかけられる中、
そういう根本的な部分でジレンマを感じます。
バランスがくずれていると感じます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/1200-27f8a559

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。