広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 地獄温泉 すずめの湯

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄温泉 すずめの湯 

九州のへそ、熊本県南阿蘇村にある地獄温泉「清風荘」でプチ湯治を体験した。阿蘇五岳の一つ、烏帽子岳の中腹に湧く清風荘は、あらゆる温泉ランキングでも名を連ねる名湯・秘湯だ。
地獄温泉清風荘「すずめの湯」@南阿蘇村

施設には、200年前からある混浴露天風呂「すずめの湯」=写真=など5つの温泉がある。硫黄泉のにごり湯で、もちろん源泉かけ流し。温泉教授で知られる松田忠徳先生も「源泉となっている裏山の溶岩の裂け目から、もうもうと硫化水素ガスが噴き上げてさながら地獄さながらの光景を見せている(山と渓谷社/温泉・宿九州)」と紹介し、日本百名湯に挙げている。

すずめの湯は8区画に分かれていて、脱衣場にも内湯がある。温度が違うため、体調に合わせて選べる。関西から2泊3日で来た湯治の女性客は泥を集めてパックしていた。阿蘇のカルデラから吹き上げる高原の風が気持ちよい。

江戸、明治、昭和の趣を感じる建物。食事処「曲水の宴」では、その名の通り、地獄鍋の食材が水路の上を舟にのって流れてきて、驚いた。食事は地獄鍋や囲炉裏焼き、フレンチなどから選ぶことができ、連泊する楽しみも。宿泊施設はトレーラー(3150円~)や台所付の宿泊棟などもあり、日帰り入浴から、食事付き、1泊2日、長期滞在まで、幅広い滞在プランと予算から選べる点が魅力的だなぁ、と感じた。

温泉でフランス人の女性2人組や、滞在9日目の80歳代女性客らに会った。目的は湯治で「温泉が本物、食事が楽しい、九州人は親切!」と話していた。

まさに湯治文化再生のエンターテイメント施設だった。また行きたい。


■地獄温泉 清風荘
住所:〒869-1404 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽2327
電話:0967-67-0005
メール:jigoku-onsen.co.jp‎
ブログ:地獄ブログ 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/1175-aae49e39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。