広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 ツェルマットの観光地図

ツェルマットの観光地図 

佐伯市観光協会の古田さん、大分県南部振興局の関さんと、シンポジウムの打ち合わせをした。東九州自動車道開通を前に、大分県佐伯市、豊後大野市、宮崎県延岡市の3つの地域が活性化策を練ろう、というもの。
シンポジウムで基調講演する観光カリスマの山田桂一郎さんが勤めるツェルマット観光局制作の観光地図を見せてもらった。

夏、冬のルートが両面に記されたカラー地図。
スイス、ツェルマット観光局が制作した地図、裏表に季節事のルートが記されている

そして、地図を閉じると・・・

スイス、ツェルマット観光局が制<br />作した観光地図は名刺大
名刺サイズにおさまる優れもの。機能的なデザインだ。
昔、ツェルマットに視察に訪れた古田さんが大事に持ち歩いているのだという。


ヨーロッパ諸国は50年前から、少子高齢化や福祉医療問題を抱えてきた。「日本が成熟した国になれるかどうかは、私たち国民が豊かさとは何かを考え、それを前提に、産業構造としては観光と他の産業を上手く連携させて総合産業化を図ること」だと山田さんは述べている。
(つづく)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/1136-e9e25bcd