広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 滝とジェラート

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝とジェラート 

汗ばむ五月晴れの午後のこと。
原尻の滝(豊後大野市緒方町)を背後に、ジェラートの写真を撮っていたら・・・。
酪農家、ジェラート屋ミルクファームフルショウが作る手作りの逸品@緒方町道の駅「原尻の滝」.
瞬く間に、ジェラートの滝ができた。

■ジェラート屋ミルクファーム フルショウ
〒879-6631大分県豊後大野市緒方町原尻933-2
TEL・FAX:0974-42-2224
HP: http://ww61.tiki.ne.jp/^furusho/

酪農家の古庄史老さんが、朝晩ホルスタイン6頭を搾乳し、低温殺菌した生乳が主原料。飼料の8割は地元で栽培した牧草イタリアン。自家採取のスモモや栗、カボス、柚子のほか、地元農家が栽培した新米や苺など、季節の農産物を加えた風味豊かなジェラートが味わえる。人工着色料や添加物は一切使っていない。全国発送可。

最近では、昔のクレープ「じり焼き」や、生乳とグラニュー糖だけを熱した「ミルクジャム」、かんしょ・甘太くんを使った芋飴や水ようかんなどを次々と考案。子供の心と体においしいおやつづくりに取り組んでいる。

コメント

「ジェラートの滝」とは上手い!!
ジェラートの滝・・・それはそれで旨いのではないでしょうか?
お後がよろしいようで(笑)

ジェラートの惨事

** ヒロさま **
この岩の上がどんな惨事になったか想像がつくであろうか……。急がないと溶けちゃう!!なんて子供以来の経験でしたw

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/1098-fac9bb69

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。