広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 いずれアヤメかカキツバタか

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いずれアヤメかカキツバタか 

「いずれアヤメかカキツバタか」。どれも素晴らしく優劣は付け難い、見分けがつきがたい、物事の判断に苦しむときに使われる慣用句だが、この季節の花材や和菓子に使われる。
アヤメ類の見分け方
花びらの基のところに花菖蒲は黄色、カキツバタは白、アヤメは網目模様が、それぞれある。

アヤメ
陸生で、高さ30~50センチ、葉が細く、5月頃から紫色の花を開き、外花被片が大きく、もとのほうが黄色で網目模様があるのが特徴。陸生だから花壇に植える。

カキツバタ、杜若、燕子花
水湿地や池水に野生しているアヤメ科の多年草。庭の池辺にも栽培している。剣状をした広い線型の柔らかい葉を持ち、5月頃、濃紫色の美花を開く。昔は花弁の汁を衣にすりつけて染めたので、カキツケバナが転じたとされる。園芸用に白も。

ハナショウブ、花菖蒲
観賞用として水辺や水中に栽培するアヤメ科の多年草で純国産の園芸植物。花は6月に咲き、葉は長大な剣状で、中央に縦に走る強い中筋があるのが特徴。原種は野生のノハナショウブで、品種改良が進んでいる。
ハナショウブ
はなびらの垂れて静かや花菖蒲(高浜虚子)




●アヤメの分類
一初(いちはつ Iris tectorum)  : 乾いた土に生え、4月頃から咲く 
文目(あやめ Iris Sanguinea)  : 乾いた土に生え、5月頃咲く
杜若(かきつばた Iris Laevigata) : 水中に生え、5月頃咲く
黄菖蒲(きしょうぶ Iris pseudacorus): 湿地に生え、5月頃咲く 
花菖蒲(はなしょうぶ Iris ensata) : 湿地に生え、6月頃咲く

●菖蒲と花菖蒲
菖蒲(ショウブ)はサトイモ科、花菖蒲(ハナショウブ)はアヤメ科。葉が菖蒲に似て、花が奇麗なので、花菖蒲と呼ばれる。



■出典:吟行版季寄せ草木花・夏(上)
参考リンク:http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/izure.html

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/1097-4962b879

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。