広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 粋の構造

粋の構造 

1104陶芸家・佐藤珠幸さんのアトリエ椿窯にて
悲しいときに悲しくみえる。
楽しいときに楽しくみえる。
見る人の目によって、動くもの。
それが手づくりの良さであり、粋なもの。

自分の人生とともに、歳を重ねられるもの。
良い物を少しだけ持つ。
そいういう人生に、僕は憧れるね。

シンプルで潔く@椿窯のカレンダーにメモしてあった言葉

陶芸家・佐藤珠幸

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/1091-871de44b