広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 鹿の臭いを染み付けて

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿の臭いを染み付けて 

今朝、ハンティングから戻りました。
滞在中は天気に恵まれ、強風、大雪、吹雪、冷たい雨もあり。野生動物たちとの最高のサファリ、森林ダイビングができました。風焼け(Wind Burn)で、またしても顔だけが真っ赤に焼けました。後半の積雪は50cm、ズボリズボリと雪山を歩いている自分、ここにいる自分が信じられない、最も美しい、豊かな地球を見てきました。

アラスカ・キャンプ、最高(*^▽^*)最高(>▽<)-☆

血の滴る40~50kgの鹿を10kmもの谷山を背負って歩く、アラスカ児のたくましさ。背負うだけでなく、鉄砲で打って、皮を剥がして、内臓に手を突っ込んで(勿論素手)、首を切り落として、頭の皮を削いで角をとって、ということができる彼を育てたその父親に、また感動。

私達がこの旅で連れて帰ったのは、オス4頭にメス2頭の鹿たち。
倉庫で10日間ほど風に当ててねかせます。肉の周りに、薄いカビがついたら、胴体を刻んで、ステーキなどに仕上げます。

雪の中にデジカメを何度か落としてしまい、キャンプからコディアックに戻る飛行機のラストショットを最後に、電源が入らなくなってしまいました(ToT)380枚の写真は、なんとか無事だったので、今週中に整理して狩の模様をUPする予定です。お楽しみに!

狩に出かける数日前、愛ちゃんが日本からわざわざ送ってくれたホッカイロ、助かりました(なんと送料1万2千円・◇・;)でした!この場を借りてお礼申し上げますm(_ _)m

ラインハート家の長女ベッキーが、ロッククライミングの教習中に落下。足首の骨が砕け、金曜日に手術したとのこと。帰るなりショックなニュースでした。

コメント

初めてのコメント

T.J Barのアシスタント、やぎです。いつもブログは拝見していましたが、初めてコメント致します。ハイジさんの素敵な体験記を読むたびに、まるで自分が体験したかのように私の中で映像として映し出されます。出来るなら、今すぐに飛んで行きたい気持ちをおさえつつ、T.J Barのマスターとブログを楽しみにしています。

T.J. SKY BAR

>やぎのユキちゃん
わ~、やぎちゃん I miss you! I love you!今朝こそT.J. SKY BARの話をしていたのですよ。私もいますぐ飛んでいって、ややの鼓動に耳をあててみたい(>▽<) 毎日森の中を歩きながら、お二人がここに来たらどんなに素敵だろうかと思いをめぐらせました。マスターは狩りに、私達はよちよち歩きのややを連れてブルーベリーや貝殻を拾って遊びましょうか。

ここに繋いで下さった皆様。私からは、なかなか皆さんのお姿が見えないのでコメントを下さると、今日も更新しよっかな♪、というヤル気が湧いてきます。
やぎのユキちゃん、ありがとう!

今、思う事

本当に、ややと一緒にアラスカの森を散歩できたら・・・こんな事を考えていると私の心はアラスカに飛んでいってしまいます。日本で育った私には考えられないようなハイジさんの生活、でも便利さだけを追求する今の日本の社会に対しての疑問は以前よりありました。特に今、主婦となり感じる事は「丁寧に生活する事の大切さ」です。「丁寧に生活する」と言うことは「丁寧に生きる」という事だと思うのです。今のハイジさんの生活はまさに「丁寧に生きる」だと感じました。これからも色々なことを教えてくださいね。そして、沢山語り合いたいですね。
最後にマスターからの伝言です。T.JSkyBarはメンテナンスを終え、更にパワーアップして天高く輝いております。皆様のお越しをお待ちしております。鹿バーガーもニューラインアップに入れたいな・・・

  • [2005/11/19 00:03]
  • URL |
  • やぎのユキちゃん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

命は頂きもの

>やぎのユキちゃん
なんと謙虚な言葉。ユキちゃんのコメントを読んで、弟からもらったメールを思い出しました。

<引用>―この秋、「まみあな」に住むおばあちゃんが>亡くなりました。孫である自分におばあちゃんが最後におしえてくれたこと、それは「命は頂きものだった」ということでした。自分が生きているということ。もらった命、日々生かされている命。これまではそれを空気のように当たり前にとらえていたけれど、今ようやく、そのありがたさ、よろこびを実感しはじめています。おばあちゃんに感謝、元気いっぱいに育ってくれたお米に感謝。お野菜>たちに感謝。つながるすべての命に、「ありがとう」の感謝をこめて、ここ「まみあな」で、ちいさな感謝祭をひらきます。―<引用終>

「丁寧に生活することは丁寧に生きること」ユキちゃんがそこにいるだけで、どれだけマスターの家族をはじめ、周りのみんなが喜び幸せに満たされているかと感じます。人や自然との出会いを大切にすること、思いやりの言葉や態度、生き生きとした言葉が出てくること。謙虚になる、ってごく当たり前の時間の中に、たくさんの愛や喜びを埋め込んでいくことなんだろうね。
”♪TJ SKY BROTHERS”アラスカ支部は、昨日も老人ホームの慰問ジャズ・セッションをしてきて、メキメキ上達していますよ。天高く輝くSKY BARで、天然酵母のパンで森のハンバーガーを作りましょう!!楽しみにしています。

生きる事

姉の狩り体験
涙が止まらない。
鹿の死から、人は生きている事。自然の循環
それぞれの地域に合った生き方を姉は体験している事が一人の人間、一人の日本人、姉としてとっても尊敬してる
僕もAlaskaに行って見たい。けど、
姉を富山に呼びたい。
いつも姉は、自分が体験している事を僕にも一緒に味あわせたいと言っていた。
そんな言葉を今は姉に返したい。
僕がまみあなで体験している事
自然農(草虫を敵とせず、土は耕さない)での米作り・野菜作り・季節の仕事

自然農

自然農は素晴らしいものだと知りました。
僕も体験してみたいと思ってます。

自然農

自然農は本当に良いですね。
本来は田んぼの中には沢山の虫が住んでいるはずなのに、現代農法の田には居ないのだと聞く。
人間の作業の手間を省く事で、ミミズ・カエル・ヒル・ホタル・ヘビなどを農薬で殺している。
自然農を実体験した事で、なぜ人間はこんな美しいものを省くのかなって、なんで共存出来ないのって疑問が生じて来た

確かにお婆ちゃんが心込めて作ってくれたお米は凄く美味しかった。

僕は24才で自然農という農業に出会うべくして出会った。もっと勉強していきたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/103-fa056bfd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。