広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 問題解決力

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題解決力 

問題をそのまま放っておくな。
リーダーの資質は、そのリーダーが取り組む問題によって
測ることができる。

成功の目安は、処理すべき難題を抱えて
いるかどうかではなく、去年と同じ問題を
そのまま抱えているか
どうかである。

問題解決力(PROBLEM SOLVING)について、
ジョン・フォスター・ダレス(元アメリカ国務長官)の言葉。



日本は資源を持たない国であるがゆえに、
真の国際競争力を兼ね備えた人材を各国に供給する
人財国家として生き延びるべきある。

米国ハーバード大で友人が恩師から聞いた言葉。

コメント

問題設定と問題解決

こんにちは。

思想史研究者を目指していたころによく考えていたテーマで、コメントさせていただきます。

私個人としましては、問題解決自体はこれまで重視してきておらず(大して経験豊富なわけではありませんが)、本質的な課題設定ができたとたん、

「スルスルッと問題解決してしまう」

という経験をたくさんしています。

むしろ、力技で解決しなければならない場合や死ぬほど大変なケースというのは問題設定自体がすこしズレていることが多いような気がします。研究というシーンにおいては、仮説を検証するためにあまりにも膨大な作業が要求されるとか、アクロバティックな論理構成をしないと論証できないとか・・・です。

優れた課題設定・問題設定というものは、シンプルな解決策を導きます。
現在はビジネス・商売のフィールドにいますが同じだと思います。
なぜ売れるのか?また売れないのか?何が問題なのか?どこに本当の課題があるのか・・・まさにツボを見つけることが重要だと考えています。

優れた課題・問題設定

** 案内人様 **
今日は佐伯市で300年続く糀蔵での味噌作り。糀文化を普及継承する人たちとプロジェクト準備室を起ち上げました。個人商店が発売した手作りの糀調味料「塩糀」が話題になり、大手企業が研究調査にのりだしたことが発端です。(詳細は割愛しますが)


>なぜ売れるのか?売れないのか?何が問題なのか?どこに本当の課題があるのか・・・まさにツボを見つけることが重要だと考えています。

最初のポイントは、課題・問題の正確な認識、ということですね。最初のミーティングでガッチリ共有したいと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://heidihill.blog26.fc2.com/tb.php/1023-a54571e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。