広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 2012年02月

3・11以降のキーワード 

 集中、効率→分散(国土、エネルギー)
 集権    →分権(統治機構、自治、税財政制度)
 依存    →自立(国の財政も倒れそう)
 国ではなく地域の時代
 都市間競争、県都の再生
 経済成長一辺倒からの脱却

続きを読む

双美おばあちゃんの味噌づくり2 

糀を仕込んで6日目。
ふわふわの綿毛のような「米糀」(こめこうじ)が完成しました。
今年のお米は、祖母山麓の農家民宿・サリモスの後藤清幸さんが栽培した「合鴨米」です。
ふわふわの米糀


2月18日、竹田市志土知の農産加工所で味噌作りのワークショップを開きました(食育ネットなど主催)。参加したのは県内外から親子3世代、16人。毎年楽しみにしてくれているお父さんも。
ふっくら炊けた幻の小判大豆
ふっくら炊き上がった幻の「小判大豆」。岡藩から門外不出の品種で、種を持つのは市内数軒の農家のみ。河野ちよみさんが自然農法で栽培してくださったもの。

米糀と小判大豆、自然海塩をよく混ぜ合わせる
米糀を手でほぐし、小判大豆に自然海塩を加えてよく混ぜます
米糀と小判大豆、自然海塩を混ぜてすりつぶす作業
今年、加工所で新調したばかりという、かくはん器で、材料をペースト状にします。
味噌を丸めて、樽に詰める親子ら
ペースト状になった味噌を丸めて、空気が入らぬよう、樽に詰めます。

続きを読む

双美おばあちゃんの味噌づくり 

週末の味噌作りに向けて、糀の仕込み作業をしている佐藤双美さんの志土知農産加工所を訪ねた。
一晩、水に浸した米を蒸す
蒸気の立ち上る加工場。昨晩から水に浸した米を蒸しあげ、台に広げて熱を冷ます。
蒸した米の温度を下げながら、糀菌を混ぜる
手を入れると火傷をしそうな温度だ。
「ちぃと糀をふんわりさせるために、これをするといいのよね」と、”魔法水”と名づけた水を打った。

双美さんは、豊後高田市の農家に生まれた。会社員だった21歳、職場結婚して、竹田市志土知の農家に嫁いだ。「当時は、農家の嫁が小遣いや自分の時間を持つなんて考えられない時代やったんよ。家の前の道はガタガタ、穴もボッコリ。尋ねてきた友達に『こんな道を運転しよったら、流産しそうやね』と笑われたほど」と振り返る。

続きを読む

2/21オーベルジュ コヤマ 冬のフランス料理教室 

一度は泊まりたい100のホテルに選ばれた「オーベルジュコヤマ」(竹田市久住町)の小山夫妻が、2月21日午前11時から、大分市のカフェ「ぶらぼぅファーム」で料理教室を開きます。

続きを読む

A型 

一日中、風の冷たい街を歩いてフラフラに。

39.4℃

5年ぶりにひいた風邪は、
インフルエンザでした。

会いたかった方とのお約束、
取材のアポイントを数えながら
溜め息ひとつ。

睡眠不足で免疫力が下がったのかな、
ベットで反省します。

2/23プレスリリース講習会~パブリシティを地域づくりに生かす 

「イベントの告知をしたいけど、どうやって人を集めたらいいかな?」
「プレスリリースって、どうやるの?」「誰に連絡したらいいの?」

こんなお悩みはありませんか?情報は、必要としている人に、タイムリーに届いてこそ役に立ちます。「プレスリリース」とは、報道機関向けに発表する声明や資料のこと。「広告」ではなく、記事や番組としてメディアに報道されることを「パブリシティ」と呼びます。地域を元気にしたいと、様々な企画、活動に取り組んでいる皆さんが、的確に情報発信する技術を磨き、メディア関係者と連携した地域力の向上を目指しましょう。

日時 2012年2月23日(木)午後1時40分~4時40分
会場 竹田市役所3階 会議室(大分県竹田市会々)

続きを読む

2/5バカンス法導入を考える 

「年に一度は2週間、3年に一度は6週間の長期休暇をとらないといけない。日本庭園を眺めながら、日本語を勉強したいんだけど。滞在プランを提案してもらえないか」と、欧州最大のローファームで働く友人から相談を受けました。

続きを読む

2/27楽しく、おいしく、すすめるドイツワイン講座 

~姉妹都市バートクロツィンゲン産・友情のワインをもっと身近に~

竹田市の農村商社わかばが、今年度「岡藩城下町400年祭」を記念して、ワイン講座を開きます。ドイツの姉妹都市バートクロツィンゲン市から直輸入している友情のワインをさらに美味しく飲むコツを、ソムリエ松野浩氏と学びましょう。
ルビー色の赤ワイン
■日時:2012年2月27日(月)午後2時
■会場:カフェ&ギャラリー「大蔵清水湯」(登録有形文化財)
 竹田市竹田町、八幡川横丁 
 TEL:0974-63-3321
■主催:農村商社わかば
■対象:ホテル、旅館関係者、酒屋、飲食店、
ワインが好きな方、竹田ワインを広めたい方
■テーマ:ワインの歴史を学び、美味しく飲むコツを学ぼう
■内容:第一部 午後2時~5時 ワイン講座(無料)
 ・ドイツワインの基礎知識
 ・サービスの実技
 ・テイスティング(ドイツワイン4本と、フランスワイン白)
第二部 午後5時半~7時 ワインカフェ(有料)
 料理研究家 堀田貴子さんがレシピを披露

続きを読む

黒い棒 

実家に帰った。
「黒い棒に仕事の資料を入れているの」と母が言う。
「あの黒い棒、ちゃんと持って帰ったか」と父が尋ねる。

続きを読む

農家のこたつでほっこり「縁側カフェ」 

大分大経済学部の学生でつくる「田舎で輝き隊」竹田班(山浦陽一ゼミ、30人)が、祖母山麓に広がる神原地区一帯で、「縁側カフェ」を開きました。学生や住民ら約50人が、農家の縁側やこたつで自家製の漬物やお茶のおもてなしを受け、里山のゆったりとした時間を楽しみました。
農家の居間で自家製の漬物やお茶を味わう参加者@民宿清流

続きを読む