広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 2008年09月

心から心へ 

 心から心へ。

続きを読む

農家が作る自然食@サリモス 

サリモス パンフ表

今、企画中のツアーの舞台は、
竹田市中角にある森の宿泊レストラン「サリモス」。

奥豊後の隠れ里・・という言葉がピッタリな山里に、
素朴で心の温か~い夫婦が住んでいます。

後藤清幸さんは、大分県のどぶろく製造者1号。
奥さんの順子さんと、30年前に、ドイツの農村でエコビレッジに視察に行って以来、
農村に人が集まる、その豊かな光景が忘れられなかったそうです。

8年前から、農薬や化学肥料を使わない 農業にシフトし、
毎年春には、地元の園児とアイガモの放鳥をしています。
そして遂に、2005年春、くぬぎ林の丘に、ログハウスで
農家民宿 ”エコファーム自遊家族”を建設。
農業体験だけでは集客できないと、同12月、妻順子さんがレストランを開業しました。

続きを読む

星拾い 

乙女座の季節、また一つ星を拾いました。

小さな庭の、清々しいハーブの香りに包まれて、
朝の爽やかな風の中で、草花を摘む庭仕事。
モッコウバラの剪定をして、茂る竹笹を鎌で刈り、
ミミズやトカゲを見つけてはしゃぎ、
きれいな蜘蛛の巣をよけ、
土の臭いのする、大きく繁ったレモングラスの木陰で
見つけたの。


とっても清々しいこの感じ。

 大人になったら、こんなに好きなことができてビックリした。
 好きな仕事で食べて、
 魅力的な仲間と、常にわくわくして
 大好きな人と、いっぱい遊んで。
 そして、家族がより大切になった。

仕事も、恋愛も、地域活動も、全力投球の1年。
真剣勝負して、い~っぱい失敗、い~っぱい泣いた。
けれど振り返ってみたら、どんなに落ち込んでも、泥にまみれても、
好きなことしかやってなかった。


尊敬するお料理の先輩方に

続きを読む

JRで訪ねる「県境・祖母山麓の食と歴史と音を巡る森羅万象の旅」 

9月14日の神原の原生林とサリモスで遊ぶ旅。
JR豊後竹田駅・秦駅長のご協力で、大分駅発着のツアーを組むことになりました。
午前8時31分大分駅発、午後5時49分大分駅着です。
先着30人様限定!残席わずか、お急ぎ下さい。

ツアー代金に含まれるもの
 ・JR大分駅~豊後竹田駅までの往復乗車券
 ・竹田駅~神原地区までのバス代
 ・祖母山麓ガイド・三田井良雄さんが案内する「神原・いやしの森散策
  樹齢500年のトチノキ「健男霜凝日子神社
    2006大きなトチノキの下で演奏するBaobab

  大蛇伝説と恋愛成就・子宝祈願の洞窟探検「穴森神社
  神原渓谷大橋から眺める神原川
          神原渓谷大橋からの眺め

 ・昼食:後藤順子さんの自然食バイキング 十数品
      竹田の高級サフランを使った山の幸パエリアの実演
     たかちゃん&平田シェフ&農業指導者・前原さんの特別解説つき
 ・お楽しみナチュラル・スウィーツ
 ・農業青年たくじくんが美味しいお茶の入れ方や、栽培法、味わい方をレクチャーする「お茶カフェ」
 ・森羅万象を唄う民俗ポップバンド「じぶこん」のコンサート
                    森羅万象を唄う「じぶこん」
 ・保険代 など込みで、6900円 です

詳しい日程は、「森羅万象の旅 参加者募集」をクリック!

JRツアー参加のお申し込み、お問い合わせは、
JR九州 豊後竹田駅 
  TEL0974-62-2318
へ。

地球芸術文化祭Vol.3 「県境・祖母山麓の食と歴史と音を巡る森羅万象の旅」(詳細) 

森羅万象を唄うバンド「じぶこん」が9月、全国行脚の旅「音の惑星」ツアーで東京からやってきます。私の大好きな祖母山麓の里山を訪ねて、今年も面白い人・音・食・自然・アートをつなげます。
じぶこん

今回のキーワードは、結(ゆ)い。目に見えない様々なつながりに感謝して。おじいちゃん、おばあちゃんから、私たちへ、そして孫の世代に。大自然の中で、色んな環(わ)を感じあえたらいいな。壮大な緑のカーテンをバックに、神原の風や歴史や食をゆるりとお楽しみ下さい。

1.日時:2008年9月14日(日)祝日 午前10時半~午後3時半、雨天決行
2.会場:森の宿泊レストラン「サリモス」 竹田市中角 TEL:0974-67-2225 

3.日程:

8:31発→         9:41着、9:50発    →10:05 ~ 10:25→
JR大分駅~(普通列車)~豊後竹田駅~(バス)~河宇田湧水、明正井路六連橋
10:40~11:50
神原・癒やしの森散策(神の里交流センター緒環~ 健男霜凝日子神社、樹齢500年のトチノキ~穴森神社の洞窟で、恋愛・子宝祈願~神原渓谷大橋)
12:00~14:00 
森の宿泊レストラン「サリモス」の自然食バイキングと
竹田サフランを使った山の幸パエリア実演会(昼食)
~心と体に優しい料理やおやつ、もの作り体験、アート作品などが大集合~
Natural Food & Drink BARサリモスのどぶろく[300円~]、農業青年によるお茶の味覚講座・たくじのお茶カフェ[無料]、ナチュラル・スウィーツ、天然酵母ナン、有機コーヒーなどの販売。
Hand Made Workshop アジア結びのチョーカー作り[1500円]、kukumi's Natural工房のお香作り[500円]、象書家・豚星なつみの即興書き下ろしコーナーなど。
Gallery 平家窯・瀬川雅志、手織り工房ぱたんこ屋・高木康子、丸山千津子のリサイクルドール、藤本京子の小物、ラパロマ:中野伸哉・直美・マーク周作(国東市)のイラスト、粘土造形、ガラス工芸ほか、竹工芸、手作り石鹸などの展示販売。
Nature Walk アイガモ農法の田んぼや、クヌギ林に抜ける心地よい風をお楽しみ下さい。
14:00~15:30             16:00発 → 16:40発      17:49
「じぶこん」森羅万象コンサート ~ 豊後竹田駅 ~(普通列車)~大分駅
(途中ティータイムあり)



4.出演および内容

 
タ イ ト ル
料金、その他
出 演 者
NATURE HISTORY
神原 
癒やしの森 
散策
JRツアー参加者はバス・ガイド料含む。一般参加者は無料で、10:30緒環に集合、各自自家用車を使用。
緒環・三田井、竹田市役所・河野通友、JR豊後竹田駅長 秦
SLOW
FOOD
サリモスの自然食バイキング+スウィーツ
昼食バイキング1000円
※弁当箱に料理を詰め、屋内外好きな場所でランチを楽しむ。竹田サフランは全国シェア8割を占める高級品。要予約。
後藤順子
竹田サフランを使った山の幸パエリアの実演会
食 育
コーディネーター
堀田、平田、前原
Slow
Café
BARサリモス
どぶろくをカクテルグラスで蔵出
300円、赤400円
※パエリアとの相性良。持ち帰り可。
後藤清幸(百姓、どぶろく製造)、
佐藤淳一
たくじとなっちゃんのお茶カフェ
 
試飲無料。おいしいお茶の入れ方、味わい方指導。販売も。
千歳町の若手農業者 田中拓次、奈津子夫妻
SLOW
ART
秋の工芸・手仕事12人展
Gallery
平家窯:瀬川雅志(湯布院、陶芸)、手織り工房ぱたんこ屋:高木康子(竹田市、裂き織り)、丸山千津子(リサイクルドール)、藤本京子(小物)、ラパロマ:中野伸哉・直美・マーク周作(国東市・イラストレーター、粘土造形、ガラス工芸)
Hand Made
Workshop
象書家・豚星なつみ(大分市)
書き下ろし葉書[300円]、色紙[2000円]
おやつの店 ももの木
安澤玲美&恵介(竹田市)
竹工芸家・おやつ研究家によるナチュラルスウィーツ販売。薪ストーブで焼く天然酵母のナン150円、植物性100%のおやつ(ケーキ・タルト400円、ビスケット50円、プリン200円、ドーナツ100円)など
Cocoro
蒼井りんご(豊後大野市)
アジア結びのチョーカー作り体験1500円、国産小麦のシュークリーム販売、グラスリッツェン展示
kukumi's Natural工房
赤井田久美(日出町)
手作り石鹸の販売と、お香作り体験500円
SLOW MUSIC
じぶこん
森羅万象
コンサート
大学生以上2000円(当日2500円)
親子ペア券2500円
高校生以下500円、茶菓子付




5.料金:
      6900円 ツアー(先着30人、大分発着JR往復乗車券、バス、ランチ、ライブ、保険料込) 
      2000円 コンサート 前売り (大学生以上)おいしいお茶とお菓子つき
      2500円        当 日 
      2500円        親子ペア券

6.申し込み・問い合わせ
■ツアー:JR九州豊後竹田駅 TEL:0974-62-2318
      竹田駅発着のツアーも用意しました。残席わずか。お問い合わせ下さい。
■コンサート:サリモス 森の宿泊レストラン「サリモス」 
       TEL:0974-67-2225 
       FAX:67-2621(名前、人数、電話番号をご記入の上、FAX下さい)
緑に囲まれたサリモスのウッドデッキ 

7.交通情報
福岡県からお越しの皆様へ。この連休中、3日間4000円で高速乗り放題のETC周遊フリーパスが使えます。詳細は、らくらくドラ旅(JTB)へ

続きを読む

ヒッチハイク 

「ちょっとポーランドの人を拾ったから、電話に出てくれる?」

 昼すぎ、別大国道で、ヒッチハイクの若者3人を車に乗せた妹&母君からの電話。

「初めまして。阿蘇に行きたいそうですが、わさだ辺りでおろしてもいいかなぁ」と用件を伝える私。

彼女らが車に乗せたのは19、23、25歳の若者3人。
早稲田大を卒業し、祖国に帰る前の西日本一周ヒッチハイクの旅らしい。

 言葉は通じないけど、ドキドキしながら乗せることを決意したであろう妹。
 素性が分かってちょっと満足気味の母。
 身ぶり手ぶり、色んな親切をしたかったハズ。
 満点の笑顔で彼らを見送ったであろう母の姿が目に浮かぶ。

緒方のダリア

露地カボスが出そろい、みずみずしい栗の実が軒先に連なり、直売所には手のひらほどの大きな生シイタケが。9月の主人公たちも準備万端!

9月14日、「地球芸術文化祭vol.3」 じぶこんライブ@サリモス。
9月20日、可愛いお嫁さんをもらう弟。
10月22~28日、食育ツーリズム中間発表会での竹田の食レストランのコーディネート。
10月26日は、岡城会館で、くじゅう連山の夕暮れを背後に直入・久住のワインと贅を尽くした竹田の地料理のマリアージュを楽しむ「ワイン・フォーラム」・・・と、打ち合わせが続きます。