広告
地球と遊ぼう、ハイジの丘協会 2007年05月

インディアン来る! 

ピース・ウォーカーたちとの交流会&トルヴェールライブ
わくわくバイキング付!

日 時:2007年5月22(火) 午後5時半から8時半まで 
(わくわくクッキングは2時から)
場 所:豊後大野市緒方町馬背畑「南部地区多目的集会所」 
地 図:南部地区館バス停前、へき地南部保育園横。
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=32.93254639&lon=131.48388361&ac=44212&az=85.50
   道路から大きなグランドが見えます。
持ち物:マイカップ、マイ箸、マイ皿
参加費:1500円(食材費、演奏者へのお礼として)、
    料理1品持ち寄りの方は500円
内 容:大分の食わくわくバイキング、アイスブレーキング、
    食育から地球温暖化防止へのメッセージ、
    トルヴェール演奏会、豪快な号外!のお知らせ 
※ノンアルコール、会場内は禁煙です。

続きを読む

「あなたに逢わなかったら」 

あなたに逢わなかったら
こんな苦しみを知ることはなかったのに。
あなたに逢わなかったら
こんな悲しみを知ることもなかったのに。

でも、あなたに逢えたおかげで
生きることの喜びを知った。

rainbow

続きを読む

The Daffodil Principle 

The Daffodil Principle

Several times my daughter had telephoned to say, "Mother, you must come
to see the daffodils before they are over."  I wanted to go, but it was a two-hour drive from Laguna to
Lake Arrowhead. "I will come next Tuesday," I promised a little reluctantly on her third call.

Next Tuesday dawned cold and rainy. Still, I had promised, and reluctantly I drove there. When I finally walked into Carolyn's house, I was welcomed by the joyful sounds of happy children. I delightedly hugged and greeted my grandchildren.

"Forget the daffodils, Carolyn! The road is invisible in these clouds and fog, and there is nothing in the world except you and these children that I want to see badly enough to drive another inch!"

My daughter smiled calmly and said, "We drive in this all the time, Mother."  "Well, you won't get me back on the road until it clears, and then I'm heading for home!" I assured her.

"But first we're going to see the daffodils. It's just a few blocks," Carolyn said. "I'll drive. I'm used to this."   

"Carolyn," I said sternly, "please turn around." "It's all right, Mother, I promise. You will never forgive yourself if you miss this experience."

After about twenty minutes, we turned onto a small gravel road and I saw a small church. On the far side of the church, I saw a hand lettered sign with an arrow that read, "
Daffodil Garden."  We got out of the car, each took a child's hand, and I followed Carolyn down the path. Then, as we turned a corner, I looked up and gasped. Before me lay the most glorious sight.

続きを読む

アフガニスタンで励まされたてんつくマン 

アフガニスタンに行った てんつくマンと、おじいちゃんの話。

てんつく: みなさん、どうか希望をもちつづけてください・・・。

おじいちゃん: 
  ありがとう。
  でも、日本人のみなさん 
  あなたたちが 希望をもちつづけてください。
  あなたたちには 力がある。
  私たちは、いつもソ連やアメリカの言いなりになってきて、
  自分たちの未来を、自分たちの意志で決めたことがありません。
  私達には、力がないのです。

  あなたたち先進国の人たちが、どうか、希望を失わず
  戦争をなくしてください。

  そうしたら、私たちは 救われるのです。

続きを読む

楽しむこと第一、ドロン・クレマーさん。途上国に図書館建設の寄付金を。 

「今度は、どの国に学校を建てようか」と次のチャリティーのプランを練るドロン・クレマー氏(29)。
英国出身の英語講師、ドロン・クレマー氏
英国・エセックス出身、10か国の言葉と料理を操る青年だ。

続きを読む

ジプシー黄金井脩さん、鍾乳洞で歌う 

胸をかきむしるギターの旋律、叫びに似た歌声が地下の大宮殿に響き渡る。
ラテンリズムのジプシー音楽で知られるギタリストで歌手の黄金井脩さんが、8日、臼杵市野津町泊の風蓮鍾乳洞(国指定天然記念物)で、コンサートを開きました。

会場は、入り口から500m奥の大広間、「龍宮城」。100本以上の大小石筍群の集団があり、天井、床、四壁すべて黄金色や純白色の鐘乳石で飾られた、美しい世界が広がっています。

続きを読む

水色の風になれ、国東の路 




農家の庭先に、桃や黄色の明かりをつけて
田んぼのあぜ道を、小さな小さな野の花たちが
白や薄紫や橙に染めてしまったのを
新緑の風が宙に舞い上げる

続きを読む

もし人生をもう一度やり直すことができるなら 

「もし人生をもう一度やり直すことができるなら、
次の時はもっと沢山失敗しよう。
もっとリラックスして、しなやかに生きよう。
この人生の旅よりも、もっとバカになろう。
もっといい加減に生きよう。
もっといっぱい山に登り、沢山の川で泳ごう。
もっとアイスクリームを食べ、豆類を減らそう。
おそらく、実際の災難にはもっと出会うだろうが、
起こりもしない災難を恐れるのは、もうやめよう。

おわかりのように、私は、いつも毎日、
まじめに健全に生きている人々の一人です。
もちろん、私も、自分自身になる瞬間があります。
もし人生をもう一度やり直せるならば、そうした瞬間をもっと多くしよう。
実のところ、それ以外のことは、何もしないように心がけよう。
何年もの間、毎日、先のことばかり考えて生きてきたけれど、
今度いつも、その瞬間、瞬間に生きよう。
私は、旅に出る時、体温計と魔法瓶とレインコートと
パラシュートを持たないと出かけられない類の人間だった。

もし、もう一度人生をやり直せるならば、今よりもっと身軽に旅に出よう。
もし、人生をもう一度やり直せるならば、春にはもっと早くから裸足になり、秋にはもっと遅くまで、裸足のままでいよう。
もっと踊りに出かけよう。もっと回転木馬に乗ろう。
もっとデイジーを摘むことにしよう」。


ナディン・ステアの詩
(『聖なる知恵の宝石箱』スーザン・ヘイワード編 PHP出版より)

もし、人生をもう一度やり直すことができるなら、

もっといっぱい一緒に遊ぼう!

時には、こんな風にもね!

八十八夜の今宵。
お日様の光をぴかぴかと浴びた茶畑で、
我こそはと、新茶の出番を待つ若葉。

続きを読む